失業保険,手続き
(写真=Thinkstock/GettyImages)

就業中の給与は銀行口座に自動的に振り込まれても、失業保険(失業給付)の給付は自動的に振り込まれるものではない。手続きを滞りなく行い、必要に応じてハローワークに行くことで、決まった時期に失業保険の給付を受け取ることができるのだ。失業保険の手続きの流れと必要書類、手続きを進めていく際の注意点について解説する。

失業保険の手続きの流れ

失業保険の手続きは、失業する前、つまり、就業しているときから始まる。

1.雇用保険被保険者証をハローワークで確認

在職中に、自分が雇用保険の被保険者になっているかどうかをハローワークで確認する。手続きは簡単だ。

ハローワークで「雇用保険被保険者資格取得届出確認照会票」の用紙を受け取り、氏名と生年月日、事業所名を記入し、本人確認ができる運転免許証などを提示するだけで確認することができる。

2.離職証明書に記名・押印

離職する旨を会社に伝えると、後日、離職理由などが記された「離職証明書」に記名・押印するように指示される。記名する前に離職理由や雇用期間が正しいか確認しよう。

例えば、会社の一方的な理由による離職であるにもかかわらず離職者個人の都合と記載されていると、失業保険の受給期間が短くなってしまうことがある。

3.ハローワークで求職申し込み

離職後、会社から郵送される「雇用保険被保険者離職票」と本人確認できる書類、正面上半身が写った縦3センチ×横2.5センチの写真2枚(3カ月以内に撮影したもの)、印鑑、本人名義の普通預金通帳をハローワークに持っていき、求職の申し込みを行う。

なお、雇用保険被保険者離職票は、郵送されず会社に取りに行かねばならないこともある。

4.雇用保険受給者初回説明会に参加

指定された日に印鑑と筆記具、求職申し込み時に渡された雇用保険受給資格者のしおりを持って「雇用保険受給者初回説明会」に参加する。

その場で、次回以降の失業保険申請に必要な「雇用保険受給資格者証」と「失業認定申告書」が渡されるので、なくさないように保管しよう。また、1回目の失業認定日がいつなのかもこのとき教えてもらえる。

5.4週間に1回、ハローワークで確認

原則として4週間に1回はハローワークで失業の認定を受ける。指定された日にハローワークに行き、雇用保険受給者初回説明会で渡された失業認定申告書に求職活動の状況などを記入して、雇用保険受給資格者証と合わせて提出する。

失業保険の手続きにおいて必要な書類

失業保険の申請には、在職していた会社から受け取る「雇用保険被保険者離職票」が必要になる。この書類は、会社を離職後10日ほどで郵送される。

「雇用保険被保険者離職票‐1」と「雇用保険被保険者離職票‐2」の2枚組になっており、2枚どちらもハローワークの受付に提出しなくてはならない。

なお、類似する書類として「雇用保険被保険者離職証明書(離職証明書)」があるが、これは会社がハローワークに提出するものなので、離職者がハローワークに持っていく必要はない。

待機期間と給付期間に注意

雇用保険被保険者離職票の提出と求職の申し込みを行った日から通算7日間は、「待機期間」として失業保険の給付を受けることはできない。

また、自分の都合で離職した場合や重大な過失で会社から解雇された場合は、待機期間終了後さらに3カ月間は「給付制限」として給付されない。

ハローワークからの仕事紹介や職業訓練などを正当な理由なく拒否した場合も1カ月間の「給付制限」が発生する。

失業保険の給付期間は、年齢や雇用保険の被保険者であった年数、離職の理由によって、90日~360日までの間で決定される。

いつから受け取れるのか、自分の給付期間がどのくらいなのかわからないときは、ハローワークでたずねることができる。

失業保険の手続きにおいて気を付けること

必要な書類を確認して忘れずにハローワークに行くこと、指定された日に雇用保険受給者初回説明会に必ず参加すること、4週に1回のハローワーク訪問時に雇用保険受給資格者証と失業認定申告書を忘れずに持っていくことが大切である。

もちろん、失業保険の手続きを滞りなく実行することも大切であるが、再就職に向けた活動を積極的に行うことも大切といえるだろう。また、失業保険を受け取れない間の生活をどうするか考えてから離職を決意するようにしたい。