2016年10月13日にPlayStation VRが発売され、2017年2月19日時点で累計販売実績は91万5000台に達し、VR機器の中でも特に勢いがある。VR機器はいくつか種類があるが、それぞれ違った特徴を持っている。

IT専門調査会社のIDC Japanによると、2021年に出荷されるAR/VRヘッドセットの合計は9940万台に達すると予測され、2016年の1010万台のほぼ10倍という。

VR機器とは——仮想現実を実現するHMDのこと

VR,AR
(写真=PIXTA)

VRとはバーチャルリアリティの略、つまり「仮想現実」のことを意味し、VR機器とはそれを実現させるための装置のことを指す。この装置のことをHMD(ヘッドマウントディスプレー)と呼び、VR機器とはHMDのことを指している。

VRと混同しやすいものには「3D(スリーディー)映像」があるが、両者は全くの別物である。3D映像の場合はモニターやディスプレーに映し出された映像に、奥行きが生じて立体的に見える映像技術のことだ。一方でVRは自分を起点として360度全方向に景色や映像が映し出されるのだ。

簡単に表現すれば、VRの場合は映画の一登場人物として、その世界観に存在することができるイメージだろう。3D映像の場合はあくまで受動的であり、VRであれば能動的に活動できる点に違いがあると言える。

こうしたVRの世界に導いてくれる機械こそVR機器、すなわちHMDである。HMDとは視界を覆い隠せるようになったヘッドセットであり、パソコンやスマートフォン、ゲーム機などからの情報を映し出すことができる。これによりはじめてVRの世界を満喫することが可能になるのだ。

主要4社が提供するVR機器  選ぶ4つのポイント

VR機器自体は、実は数多くのメーカーから販売されている。ただ実際に売れ行きが上々の製品はごく一部に限られ、日本で販売されているのもわずか。日本で人気を集めているVR機器は「Oculus Rift」「HTC Vive」「Galaxy Gear VR」「PlayStation VR」だ。

hyou
(筆者調べ)

一見すればVR機器はどれも同じような製品に見えるだろうが、それぞれの性能や特徴が異なる。そこでVR機器を購入するにあたって、決め手となる5つのポイントを確認しておく。

1つ目に「プラットフォーム」である。これはVRの動作システムのことだ。手軽なもので遊びたいのであれば、スマホに対応しているHMDを選べばいいし、高性能な装置で遊びたいのであれば、それに対応したHMDを入手することをおすすめする。とにかくどのプラットフォームで遊びたいのかを決め、それに対応したVR機器を購入することが重要だ。

2つ目に「ハードウェア」があり、これはHMDにVRを映し出すための機器だと理解すればいい。例えばゲーム機やパソコンなどが該当して、ここからHMDのディスプレーに映像が表示されることになっている。ハードウェアの処理性能が低いと快適なVR環境を実現できないので、場合によっては高性能なPCを用意する必要もあるだろう。

3つ目に「タイトル」だ。ハードウェアであるプラットフォームとともに重要になるものこそ、このタイトルである。タイトルとはソフトウェアのことであり、コンテンツのことを指す。ソフトウェアメーカーはハードごとにコンテンツを提供しており、特定のハードでしかVRを楽しめないことも多い。翻って言うと、このソフト次第でプラットフォームを決めるという流れになることも珍しくないのだ。

4つ目に「ディスプレー」をあげる。ディスプレーはHMDに映し出される映像のことである。VR機器の性能の違いを表すのであれば、ディスプレーに集約できる。このディスプレーは画質(解像度)、滑らかさ(リフレッシュレート)、範囲(視野角)で違いが出る。結論を言えれば、これらの性能は高いほど良いに違いはない。性能が高いほどVR世界を楽しめる可能性も高まる。もしHMDに選択肢があるのであれば、性能は高い方が良いだろう。

最後に「価格」だろう。どんなに優れた製品でも切り離すことができないのが、この値段である。性能が優れている製品であるほど、もちろん価格は高くなる。HDMだけでも数万円するが、もしプラットフォームからそろえるのであれば10万円以上かかることも珍しくはないだろう。どれだけ遊ぶか分からないだけに、簡単には財布のひもを緩められないこともあるかもしれない。

日本ではPlayStation VRがダントツだが今後は?

冒頭で説明したとおり、2月19日時点でのPlayStation VRの販売数は91.5万台となっている。同社のプラットフォームであるPlayStation4は全世界で5,340万台以上発売されているので、今後はもっと普及していくと考えられる。

そのほかにもVR機器市場が賑わい始めれば、他のITメーカーやソフト会社も参入し盛り上がりを見せるだろう。VR機器はより高性能なものから、手軽に遊べるものまで幅広く提供されている。今まで体験することができなかった未知の世界を、VR機器を通して楽しむのもいいのかもしれない。(吉田昌弘、フリーライター)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)