特集「財務諸表」の読み方 特集「保険」 広告特集「M&A/事業承継」 特集「本を読む。」 DC特集
中国・韓国
Written by 佐々木和義 40記事

日韓交渉は停滞気味だったが

不平等な条件も受け入れ、各国とのFTAを推し進める韓国

東京で第12回日中韓自由貿易協定(FTA)交渉会合が開催され、物品貿易、サービス貿易、投資などの分野について議論が行われた。

貿易への依存度が高い韓国は、2004年に発効した南米チリとのFTAを皮切りに、シンガポール、ASEAN各国、EUなどとFTAを締結。2016年時点で54か国との間でFTAが発効または締結し、15カ国と交渉を進めるなど、各国・各地域との提携交渉に積極的に取り組んでいる。

不平等な条件も受け入れる韓国

FTA,日韓関係
(写真=PIXTA)

2017年4月10日にはユーラシア経済連合(EAEU)とFTA交渉を始める合意に達した。EAEUはロシア、カザフスタン、ベラルーシ、アルメニア、キルギスの5カ国で構成されている関税同盟である。

FTAの締結を優先させる韓国は不平等な条件も受け入れている。2012年3月に発効した米国とのFTAでは、乗用車は関税を撤廃する4年後まで米国は2.5%の関税を維持するが、韓国は発効と同時に8%から4%に引き下げて4年後に撤廃。

貨物自動車は、米国は発効後の7年間は25%の関税を維持してから段階的に引き下げ、10年後に撤廃するが、韓国は発効後に即時撤廃する。保険公団が決めた薬価を安いと判断した製薬会社は薬価検討委員会に異議の申し立てができるなど米国企業を優遇するISDが盛り込まれている。

医療分野だけで開始から半年の間に8件の申し立てがあったという。韓国が米国より優位な市場開放を第三国と締結すると米韓FTAにも同じく適用される最恵国待遇もある。

見直しを迫るアメリカ

米通商代表部(USTR)は2017年3月30日の「2017年国別貿易障壁報告書」で、米韓自由FTAは、自動車など米国の輸出業者に新たな機会を創出し、両国関係が拡大・強化される契機になったと肯定的な評価を下したが、2017年4月18日、ソウルを訪問したベンス米副大統領は米国商工会議所で「トランプ米政権は再検討か改定を推進するだろう」と語った。

米国と韓国の商品・サービス貿易は、2011年の1265億ドルから2015年には1468億ドルに増えた。米国のサービスの対韓輸出額は23.1%増加し、サービス分野の貿易黒字は2011年の109億ドルから2016年には141億ドルに拡大したが、製品分野の2016年の対韓貿易赤字は推定276億ドルで、2011年の132億ドルの2倍以上に広がっている。

停滞気味だった日韓FTA交渉

日本と韓国のFTA交渉は2003年12月にはじまったが、2004年11月の第6回日韓FTA締結交渉会合を最後に中断した。2008年2月、経済連携協定(EPA)の締結交渉再開を検討することで合意し、同年6月から「EPA交渉再開に向けた検討および環境造成のための実務協議」を開催。2010年9月と2011年5月には局長級協議、2012年には課長級実務協議が行われている。

2013年に交渉を開始した日中韓FTAは、各国の自由化水準の隔たりで停滞気味だったが、米国や欧州で保護主義の動きが広がり、アジアでも日中韓を含む16カ国が参加するRCEP(東アジア地域包括的経済連携)の交渉が本格化するなど自由貿易の重要度が高まっている。第13回日中韓FTA交渉会合は、2017年夏頃に開催される予定である。(佐々木和義、韓国在住CFP)

【編集部のオススメ記事】
アパート経営の9割は会社員!?サラリーマンが最強な理由とは?(PR)
佐川急便、親会社が上場申請 3000億円以上の大型案件に
いいM&Aアドバイザーの見分け方 会社の成長を加速させるには?(PR)
100万円で79万円儲かる?「究極の」資産運用術とは
株初心者はどこで口座開設してる?ネット証券ランキング(PR)

不平等な条件も受け入れ、各国とのFTAを推し進める韓国
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 窮地の「サムスン」業績好調 追い込まれたかに見えたが、なぜ?
NEXT 中国「2四半期連続の回復」リーマン対策の後遺症を克服か?