トヨタ自動車 <7203> が米テスラ・モーターズの株式を2016年3月期の間にすべて売却していたと複数報道機関が報じた。2010年から始まった資本・業務提携であるが、EVの共同開発では、企業文化の違いにより成果を上げる事が出来ていなかったようである。

テスラから電池供給を受けたEVも不発

EV,環境問題,電気自動車,テスラ
トヨタの電気自動車(左から)eQとi-ROAD(画像=TOYOTA Webサイトより)

トヨタは2010年にテスラへ5000万ドル(約45億円)の出資を行った。出資比率は約3%である。両社のトップが共同記者会見を行う等、世界的自動車メーカーと新進気鋭のベンチャー企業の提携は大きな話題を呼び、EV開発での成果が期待された。それから約7年、自動車業界の話題を集めた提携は、EV開発では大きな成果を残せないまま、ひっそりと終了する事となった。

両社の提携はテスラへの生産拠点の提供から始まった。テスラはカリフォルニア州にあるトヨタと米ゼネラル・モーターズの旧合弁工場をEV生産拠点として2010年に購入している。同工場は現在もテスラの重要な生産拠点となっている。

その後、テスラからの電池供給を受け、トヨタは2012年に米国でSUVベースのEVである「RAV4 EV」を発売した。しかし、販売台数の伸び悩みにより、2014年に同車種は生産終了となっている。これ以降、両者の協業はほとんど無く、2014年にトヨタは保有するテスラ株の一部売却を行っている。トヨタは残していたテスラの1%超にあたる234万株を2016年3月期中に処分しており、これにより、両者の提携は完全に解消された。

期待外れに終わった提携だが、両社にメリットも

自動車業界注目の提携が成果を残せずに解消となった原因は企業文化の違いにあったようである。新しい物を追い求めるテスラの技術者と伝統を重んじるトヨタの技術者の間に埋められない溝があったと見られる。

市場の期待に応える事は出来なかったが、両社ともこの提携で得たものある。テスラにとってみれば、トヨタはスタートアップ期の援助をしてくれた恩人である。単なる出資だけでは無く、工場まで用意してもらっている。更に、大手自動車メーカーであるトヨタとの提携はテスラの知名度を押し上げた。2010年6月の上場を前に大きなPRとなった。

一方でトヨタもEV開発ではうまくいかなかったが、テスラ株の上昇で大きな利益を得たと見られる。上場時のテスラ株は19ドル程度であるが、2016年のテスラ株は200ドル前後で推移している。テスラ株の売却額や利益額は公表されていないが、1000億円近くの利益を得たと見る声もある。業務提携としては、期待外れとなったが、純粋な株式投資としては文句のない成果である。

自動車メーカーの間ではEV開発競争が激化している。HVや燃料自動車では強みを持つトヨタであるが、EV開発では追う立場となる。昨年12月にはEVの開発組織を新設する等、今後のEV開発では自前主義を鮮明にし、追い上げを図る。かつての提携先テスラ・モーターズも今後は大きなライバルとなる。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)