覚醒作用のあるカフェインを多量に含む眠気防止薬や清涼飲料水を服用したことで急性中毒を起こし救急搬送された人が2011年度からの5年間に少なくとも101人にのぼり、7人が心停止、3人が死亡したことが報じられ、話題となっている。

カフェインが含まれるコーヒーやエナジードリンクは仕事中や運転中に飲むことで眠気を覚まし集中力を高めてくれるだけに、愛用するビジネスマンは多い。どれくらい飲めば致死量になるか不安な人も多いと思うので、きっちり結論を出しておこう。

5年で100人カフェイン中毒搬送の衝撃

カフェイン中毒
(写真=PIXTA ※画像はイメージです)

先述のような調査を公表したのは植物や魚などを摂取した際に起きる事故などを研究する日本中毒学会。調査は2015年12月、深夜帯勤務でエナジードリンクと眠気防止薬を長期間にわたって飲み続けた20代男性がカフェイン中毒で死亡していたことを受けて行われた。

2017年6月13日の日経新聞電子版によると、カフェイン中毒で救急搬送された人は2013年度から急増しており、眠気防止薬を服用した人は、コーヒーやエナジードリンクを同時に飲んだ人も含めて97人いた。また、エナジードリンクだけを飲んで中毒になった人は4人いたという。このほか、心停止に至った7人はいずれも6グラム以上取っており、中には53グラムを摂取したケースもあることや、自殺目的の場合もあったが、看護師などの深夜勤務の人が服用する例も多かったことなどが報告された。

同記事によると、カフェインの摂取許容量は定められていないが、海外での目安は成人で1日当たり0.4グラム(マグカップのコーヒー3杯分)程度で、エナジードリンクは数本を一気に飲まない限り問題ないという。

年代別、体重別カフェイン許容量

もう少し、厳密に見ていこう。EUの専門機関で食品の安全性を調査する「欧州食品安全機関」(EFSA)が設定したカフェインの1日の最大摂取量は、成人の場合、体重1キロあたり5.7ミリグラム、小児・青年は同3ミリグラム、妊婦・授乳婦は体重は関係なく0.2グラムまでとなっている。

そこで、厚生労働省のデータから、男女別、年代別の平均体重とカフェイン摂取許容量を以下の表にまとめてみた。

男性

女性

ここに挙げた数値に当てはまらない体重の人もいるはずなので成人の体重別でも整理した。

成人の体重別

飲料に含まれるカフェイン量、玉露に注意

全日本コーヒー協会のまとめによると、飲料100ミリリットルに含まれるカフェイン量の目安(㎎)は以下のようになっている。また、代表的なエナジードリンクもメーカーの成分表から整理した。

カフェイン量

これらの飲料を年代別、体重別に許容量を計算すると、以下のようになる。自身の属する年代や、体重によって許容される飲料の量やエナジードリンクの量を確認しておこう。

年代や、体重によって許容される分量1

年代や、体重によって許容される分量2

いかがだろうか。これを見ると、やはり常識はずれた飲み方をしなければ、基本は大丈夫である。注意したいのは玉露のカフェイン含有量の多さだ。夏場に冷やしてゴクゴク飲むということをやってしまうと、結構危険だ。特に、子供の場合はかなり注意が必要と言えよう。エナジードリンクを飲ませるよりもはるかに気を払う必要がある。

また、煎茶でも、10歳以下の子供には500ミリリットルのペットボトル1本で許容量を超えていることも見落とせない。中高生でも2本でアウトだ。夏場は熱中症予防のために多量の水分を摂取する人が増える。何をどれだけ飲むのがいいか、この際、改めて確認しておいた方がよいだろう。(フリーライター 飛鳥一咲)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)