大胆な円形のアップル新社屋内に設けられた1000人収容の「スティーブ・ジョブズ劇場」で行われる新世代のiPhone発表会がいよいよ、9月12日(火)に迫ってきた。

今のところiPhone 8ともiPhone EditionともiPhone Xとも呼ばれるこの新機種は、ホームボタン廃止、顔認証ログイン、デュアルカメラレンズ、ベゼルなしのスクリーン、精細な有機ELディスプレイ採用、今までにないガラス製のボディー、ワイヤレス充電など、iPhone発売10周年記念にふさわしい機能を備えた、完成度の高いものになると予想されている。

米国ではそれなりの期待感が漂う一方、以前の機種と比べても盛り上がりはイマイチで、「ストレージが最小のモデルでも、価格がiPhone 7より300ドルも高く、1000ドルを超える」との否定的なうわさがソーシャルメディアで拡散される始末だ。

翻って、「オマハの賢人」ことウォーレン・バフェット氏をはじめ、多くの投資家たちはiPhone 8が売れると見込み、アップルの株価は極めて順調に上げている。消費者目線と投資家目線は一見、食い違っているのだが、どちらが正しいのか。追ってみた。

ワクワク感を失ったiPhone

(写真=pio3/Shutterstock.com)
(写真=pio3/Shutterstock.com)

米投資銀パイパー・ジャフリーのアナリスト、マイケル・オルソン氏は9月5日付の投資家向け分析で、400人の米国内iPhoneユーザーから回答を得たアンケート調査をもとに、「昨年9月に発表されたiPhone 7から今年のモデルであるiPhone 8へアップグレードすると回答したのは16%に過ぎず、24%が『するかも』としており、消費者がワクワクしていないことが見て取れる」と指摘。

翻って、カナダの金融大手RBCキャピタルマーケッツが1138人の米国内iPhoneユーザーに対して行った調査では、iPhone 8の大きな「ウリ」であるベゼルなしスクリーンが最も魅力的な特徴だとした回答者は全体の6%に過ぎなかった。これに対し、35%が「ワイヤレス充電が最も魅力的だ」と答え、消費者とアップルの開発陣の求めるもののベクトルが乖離を始めている印象さえ受ける。

さらに、機種変更に800ドル以上を費やすと答えたのは、全体の22%しかおらず、ここでも「価格」がネックになっていることがわかる。

世界のスマートフォン市場が飽和状態にあるなか、製品レビューサイトやソーシャルメディアには、「過剰な機能は要らない」「誰がスマホごときに1000ドルも1200ドルも払うか」などの声があふれている。

米『フォーチュン』誌のテクノロジー評論コラムニスト、アダム・ラシンスキー氏は、「1000ドル以上だって?アップルは、行き過ぎだ。いろいろ機能があるらしいが、そんなものに(最大ストレージ容量で)1200ドルの価値はない!もう、アップルの栄光の日々は終わったんだ。それより、お願いだから、現世代のiPhoneで問題のバッテリーの持ちをもっとよくしてくれ」と語っている。

また、顔認証ログインについても、「今までのスマホの顔認証は完成度が低く、写真でログインできるものもあった。本当に大丈夫か」という懸念と、「アップルは完璧主義だから、期待できる」との楽観論が交差している。

バフェット氏は全幅の信頼

このように、発売前の、情報が足りない状態でのiPhone 8の評判はよいとは言えない。だが、投資家たちは全く別の見方をしている。パイパー・ジャフリーのオルソン氏は、「前評判が芳しくないのは、iPhone 8の新機能が(発表前なので)、あまりよく浸透していないからかもしれない」として、発表後に風向きが大きく変わる可能性があると示唆した。

RBCキャピタルマーケッツも、消費者調査で否定的な回答が多かったにもかかわらず、アップル株の「買い」を推奨している。直近の株価は165ドル前後だが、RBCでは目標株価を5ドル近く上げて180ドルとした。

iPhone 8が発表されれば、魅力的な機能が浸透し、消費者の否定的な見方が変わることに賭けているのだ。1000ドルを超える価格についても、現在のポピュラーな支払い形態である「2年縛り」を「2年半縛り」に延長すれば、ユーザーはあまり気にしないとの読みがある。さらに、発表前に「高い」と思わせておいて、実際の価格を若干安くすれば、消費者に「おトク感」も広がる。

すでに年初以来、「iPhone 8の高価格は、売り上げに大きな影響を及ぼさない」との認識で、アナリストたちは一致してきた。これが、株価の順調な上昇の一因である。

バフェット氏がアップルを高く評価する理由

「投資の神様」と呼ばれ崇められる米著名投資家のウォーレン・バフェット氏は2月27日、米経済専門局CNBCの番組に出演し、「アップルは利用者がとても離れがたい製品を持っているという点で、私の心に訴える」と語っている。消費者に長く愛される商品を見抜く目にかけてはずば抜けているバフェット氏が、iPhoneを高く評価しているのである。

またバフェット氏は、現在8200億ドル(約89兆円)近いアップルの時価総額が、iPhone 8発売後に1兆ドル(約109兆円)に達するとさえ予測している。iPhone 8が実際に高価格で、利幅が大きければ、なおさらだ。

2016年にアップルの業績が悪化し、カール・アイカーン氏、デイビッド・アインホーン氏、レイ・ダリオ氏、デビッド・テッパー氏など著名な投資家率いるファンドが軒並みアップル株を全株売却するなか、流れに逆らって逆張りの決断をしたバフェット氏。その狙いは見事に当たり、当時からアップル株は70%も上げた。

バフェット氏はその後も買い増しを続け、1億3000万株、210億ドル相当と、発行済みのアップル株の2.5%を保有するに至った。これまでの総利益は70億ドルに上ると見られている。8月のインタビューでバフェット氏は「1株も手放す気はないね」と述べ、アップル株に満足の意を示している。

バフェット氏は見抜いている。「なんだかんだと文句を言いつつも、iPhoneユーザーはアップル愛にあふれており、簡単には離れない」と。ここに、一見乖離しているように見える消費者目線と投資家目線が、再び一体化している。

長期的な投資眼を持つバフェット氏は、iPhone 8に対する消費者の期待が否定的なものから、肯定的なものに変わることを見抜いている。iPhone 8は、ヒットしそうだ。(在米ジャーナリスト 岩田太郎)

【編集部のオススメ記事】
最前線で活躍する大人のスキンケアの心得とは(PR)
ZUU online8月記事ランキング 丸井は百貨店ではない、300万円超えのスーパーマリオ……
デキるビジネスパーソンは脂を身体に乗せず、仕事に乗せる。(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
NISA口座おすすめランキング、銀行と証券どっちがおすすめ?(PR)