キャッシュレス化が進む近年、子どもへのお金の大切さの教え方も徐々に変化しつつあるようだ。米国では親が管理できる子ども用デビットカードも発行されている。

「記録に残るデジタルの方がお金の管理をしやすい」との意見も一理あるが、「子どもは実際にお金を手に取り、目で見ながら学んだ方がより深い理解を示す」という専門家も多い。

未来のクリスマス・プレゼントやお年玉はビットコイン?

キャッシュレス,金融リテラシー,お金
(写真=Thinkstock/Getty Images)

ピュー研究所が米国の成人4787人を対象に実施した調査 では、2015年12月の時点ですでに24%が「平日は現金で買い物をしない」、39%が「財布に現金が入っていなくても(カードがあれば)いい」と答えていた。

キャッシュレス化はさらに加速し、2017年4月にING銀行が行った調査 では、米国を含む15カ国の成人1000人のうち20%が「出来るだけ現金の利用を避けている」と回答。米国人の38%がキャッシュレス社会への移行を望んでいる ことなどが分かった。

こうした需要の変化を受け、「現金の大切さ」を教える従来の金融リテラシーにも、デジタルバンキングや決済の知識を追加することが必須となりそうだ。

実際、遠方に住んでいる祖父母や親戚などから、お小遣いやお年玉を銀行間送金やPayPalに代表されるデジタル送金で受け取る子どもも増えている。「クリスマス・プレゼントはビットコイン」という未来もそう遠くはないかも知れない。

金融リテラシーサービスを提供する「子どもの金融ネットワーク」 を設立したニール・ゴッドフレイ氏は、「未来の子どもは現金を遺跡と見なすだろう」と予言している(USA TODAY より)。

デジタルなやり取りでは達成感やありがたみが半減?

しかしこうしたデジタル化は、子どもへの金融リテラシーに理想的ではないとの指摘もある。デジタル化はお金の管理には便利でも、実際に自分の手に受け取り、そのありがたみを実感するという点では現金にかなわないという。

子どもは「お金を稼ぐために働き、働いたお金を大切に使う」ことを学ぶ必要がある。子どもの頃、家の手伝いやテストで100点をとったという理由でもらえた「ご褒美」を、大切に握りしめて使い道をあれこれ空想した記憶は誰にでもあるだろう。

ところがこれがPayPalやギフトカードだと、同じレベルの達成感やありがたみを味わえないとの議論が持ち上がっている。喜びは感じても、一つのことを成し遂げたという感情には温度差があるかも知れない。

真相はさておき、ゴッドフレイ氏は「子どもにお金の大切さについて教え続けることが最も重要」だという。親が言葉や歯の磨き方、マナーを教えるのと同じように、日常的にお金について教えていくことで、子どもも自然とお金の知識や経験が身につく。

デジタル金融リテラシーに関しては、米国では「Greenlight」という子ども用デビットカード が手に入る。見た目は大人用のカードと変わらないが、子どもが購入する商品・サービスを親が設定するほか、購入後には明細が親に通知が届く仕組みになっている。子どもはあくまで大人の監視下で、「カードで買い物をする」という感覚を覚えていくことができる。

子どもと親のデジタル金融リテラシーを支援するこうしたツールが今後普及していけば、キャッシュレスと現金のギャップに子どもが苦しむ懸念も減るだろう。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)