米国のベビーブーマー世代(71歳から53歳くらい)間で「自分の家が大き過ぎて売れない」という不安感が広がっているという。

現在市場に出回っている大型住宅の件数は昨年から2%増えているが、問い合わせ件数は手頃なサイズの物件よりも12〜45%少なく、買い手がつくまでの期間も平均50日長い。

逆に小さい家は飛ぶように売れているそうで、より低コストな小さめの家に買い替えたい高齢者あるいは定年退職を目前に控えた世代にとって、苦難の時期となりそうだ。

80〜90年代にかけて購入した物件は「時代遅れ」?

ベビーブーマー,家,買い替え
(写真=Thinkstock/Getty Images)

不動産サイト「realtor.com」のデータによると、約269〜371平方メートル規模の大きなファミリー向け物件へのアクセス件数や売却までの期間は、今年に入り急激に低迷している。

家が大きくなればなるほど、設備が多くなれば多くなるほど価格は上がる。購入後の維持費も高額だ。そこまで経済的に余裕がある買い手は限られている。

ベビーブーマー世代が退職期を迎えた米国では、新たな購入層であるミレニアル世代や初めてのマイホームを購入する若い家族は、価格もサイズも手頃な物件を選ぶ傾向が強い。ごく自然の成り行きだろう。

ニュージャージーの不動産仲介業者RE/MAXホーム・タウン・リアルティで高級不動産の販売を担当しているメリッサ・ルビンスタイン氏は、「定年退職を目前に控えたベビーブーマー世代が80〜90年代にかけて購入した物件は、今の市場では非常に売れにくい」と語っている。

これらの物件は価格以外にも、時代の需要に見合っていないという難点がある。1階に寝室やバスルームを設備していない物件が多く、高齢化など近年の風潮を考慮すると「完全に時代遅れのデザイン」ということになる。

小さな家は大きな家より2倍売れている

大都市圏で飛ぶように売れているのは小さな家だ。金融情報サイト「nerdwallet.com」が前出「realtor.com」の2013〜2016年のデータを分析した結果 、最も成長率の中央値(8.7%)が高かった。

このデータはサンフランシスコやボストン、ワシントンなど米国17都市圏の住宅売買動向を、4つの家の規模に分けて比較したもの。

都市によって若干動きは異なるが、例えばアトランタで最も小さいな家の販売成長率は9.8%だったのに対し、最も大きな家は4.2%に留まった。ダラスでは10.8%と5.3%、マイアミでは19.5%と5.1%など、大差がついている。

唯一最も大きな家の成長率が上回った都市は商工業都市として栄えるセントルイスで、0.8%と6.7%だった。

しかし「若い世代の買い手が維持費や手間のかからない小さいな家を好む」という傾向は、10年ほど前からすでに始まっていたと指摘する専門家もいる。

南アトランタの敷地面積520平方メートル 、プール付きの豪邸で暮らす51歳の男性は、芝生の手入れや保険、税金だけで年間1.8万ドルを払っているという。退職後は現在の家を売ってほかの土地への移転を望んでいるが、少なくとも当分の間はハードルが高そうだ。売り値を30%下げても、なかなか買い手がつかない物件も少なくはない。

「大きな家に投資をしておけば老後は安泰」というベビーブーマー世代の確信が、世代交代と共に幻想に終わりそうだ。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)