ホテルと言えば、旅行や出張で宿泊する、というケースを頭に思い浮かべる人がほとんどだろう。ただし、富裕層やエグゼクティブの中では、「平日の高級ホテル使い」が特別なものではなくなっているそうだ。彼らは一体、どのようにホテルを使うのだろうか。

富裕層,高級ホテル,平日
(画像= robinimages2013/ shutterstock.com)

「高級ホテルならではのサービス」とは?

その理由を探る前に、あまり知られていない「高級ホテルならではのサービス」について確認しよう。代表的なものを2つ紹介したい。

1. スパ&フィットネス

富裕層やエグゼクティブは、自身の健康に人一倍気を配っているため、ジム通いは、もはや日常の一部といえよう。高級ホテルのスパ&フィットネスは、通常のジムとは異なり、利用者が少なく、快適に使うことができる。安倍晋三首相のスケジュールを報じる首相動静を確認しても、時折、六本木ヒルズに隣接している「グランドハイアット東京」のスパ&フィットネスを訪れているようだ。

2. 会員制のラウンジ

たとえば朝食会場は、通常のメインレストランとは別に、会員専用のラウンジでも摂ることができる。団体客が入ってくることもなく、リラックスして食事ができる。また、基本的には回りの客も富裕層やエグゼクティブばかりなので、こういった場で交流が生まれることも多いようだ。

なぜ富裕層は「平日に高級ホテルに泊まる」のか

富裕層やエグゼクティブは、近くに住居を構えているにもかかわらず、なんでもない平日でも、高級ホテルに宿泊することがある。一体なぜなのだろうか。主に3つの理由が浮かびあがってきた。

1. 完全に思考を切り替えるため

家が日常的な空間であるならば、ホテルは非日常的な空間である。しかも、高級ホテルであれば、食事や家事など「仕事以外の考え事」をする手間が省けるのだ。こういった環境に自分を置くことで、いつもとは違う思考回路を働かせ、日々時間に追われている中ではなかなかできない、ゆっくりとした思考作業を行うことが出来るのである。

2. ホテルのサービスを熟知しているから

ホテルのサービスは、レストランと宿泊室だけではない。他にもスパやプールなど、高級ホテルには様々なサービスが付随していることが多い。そういうサービスを使うことで、心身ともにリフレッシュを行い、活力を養うこともできる。富裕層やエグゼクティブは、時間がない代わりに、リラックスの集中度を上げることで、活力を養っているといえるだろう。

3. 富裕層やエグゼクティブ同士の交流が生まれるから

いわゆる高級ホテルは、都内には10か所程度しかない。しかも、そのホテルには、海外の富裕層やエグゼクティブも宿泊している。彼ら同士が、ホテル内で交流することもある。こういったところで人脈を作り、活かしていくのも富裕層やエグゼクティブの特徴といってよいだろう。

都内の「おすすめ平日ステイ高級ホテル」は?

最後に、都内の「おすすめ平日ステイ高級ホテル」を2つ紹介しよう。高級ホテルの平日ステイは、1日単位から行うこともできる。たまには、特別なサービスを体験してみるのも良いかもしれない。

1. グランドハイアット東京

前述のグランドハイアット東京には「グランド クラブ ラウンジ」と呼ばれるラウンジがある。「グランド クラブ フロア」もしくは「スイート」に宿泊した人だけが利用を許されているラウンジだ。

グランド クラブ ラウンジ 画像=グランドハイアット東京.jpg
(グランド クラブ ラウンジ 画像=グランドハイアット東京)

グランド クラブ ラウンジでは、朝食や夕食時のカクテルを頂けるほか、簡単なミーティングルームもあり、ゲストを呼んで簡単なミーティングを行うことも可能だ。また、安倍首相も通っているNagomi というプール&フィットネス施設も使うことができる。

Nagomi 画像=グランドハイアット東京.jpg
(Nagomi 画像=グランドハイアット東京)

2. シャングリラホテル東京

東京駅のほどなく近くにある「シャングリラホテル」も平日ステイとしてはおすすめだ。こちらにも、「ホライゾンクラブ」というフロアがあり、「ホライゾンクラブフロア」か「スイート」に宿泊した人だけが利用できるラウンジがある。ラウンジでは、グランドハイアット同様に様々なサービスを受けることができる。

ホライゾンクラブ 画像=シャングリラホテル東京.jpg
(ホライゾンクラブ 画像=シャングリラホテル東京)

また、同ホテル29階にあるヘルスクラブというスパも自由に使うことができ、晴れた日には富士山や皇居を眺めながらスイムができるそうだ。(ZUU online 編集部)

ヘルスクラブ 画像=シャングリラホテル東京.jpg
(ヘルスクラブ 画像=シャングリラホテル東京)