ソロスとの出会い

ソロス,バフェット・クラブの金言
(画像=Getty Images)

直接指導を受けたという意味でバフェット氏以上に影響を受けたのは、ジョージ・ソロス氏です。ソロス氏との出会いがなければ今の私はありません。出会ったのは、プラザ合意で為替が大きく円高ドル安に動いた1985年の12月。私が31歳の時でした。野村證券を辞めて、ニューヨークに資産運用会社「アベ・キャピタル・リサーチ」を設立した頃のことです。

手前味噌ですが、その頃、私は野村證券の営業マンとしてフィデリティ投信のピーター・リンチ氏などアメリカの大手機関投資家をお客さんとして必死にアメリカ中、飛び回り、成績をあげていました。独立しようとすると、周囲の人たちからは「ウォール・ストリートを甘く見るな。失敗して野垂れ死にしたやつがごろごろいるぞ」と猛反対されました。私も成功する確信があった訳ではありませんが、生来の楽観的に考える性格で、「何とかなるよ」と考えていました。

手持ち資金はほとんどなく、今考えると無謀だったかもしれません。しかし、私は飛び出して新しい事に挑戦したいという湧き上がる衝動に素直に従いました。

さっそく考えていた投資アイデアを、「TAKE OVER OPPORTUNITIES IN JAPAN(日本における企業買収の機会)」と題した投資戦略のリポートにまとめました。日本の土地を保有する不動産・電鉄会社の株式に集中投資する戦略について説明したものです。

このリポートを10人ほどの投資家に送付したのですが、そこで真っ先に連絡をくれたのがソロス氏です。今と比べれば、ソロス氏はまだそれほど有名ではありませんでした。しかし、それが幸いしたのかもしれません。また、ちょうどその時期、ソロス氏のところで日本株を担当していた方の契約が終わったという偶然も重なりました。こうした時期にリポートが送れたことが、直接会って話を聞いてもらう機会につながったのでしょう。

オフィスを訪ねると、セーター姿のソロス氏があらわれました。私はソロス氏を前に、2時間以上かけてリポートの説明をしました。「プラザ合意の後、日本では円高に伴い資産価格が上昇している」「不動産価格の上昇は激しく、土地を大量に保有している不動産会社や電鉄会社の資産に含み益が大きく出ている」「株価が割安に放置されている」など、今が日本株へ投資するチャンスである理由を説明しました。

話を聞き終えたソロス氏は、「君の話に、私はスパーク(閃き)を感じたよ。早速、君に1億ドル(約200億円)を預けよう。明日から運用してくれ」と言ったのです。こうして私は、ソロス氏のもとで働くことになりました。

余談ですが、この「スパーク」という言葉が忘れられず、会社の社名を「スパークス」にしてしまったほどです。

毎日聞かれた“What do you think?”

私はソロス氏に雇われ、日本株を運用するファンドマネージャーとして働くことになりました。電話を受けたらすぐにソロス氏のオフィスへ飛んでいきます。夜中にソロス氏と話しながら、トレードをしていたことを今でも鮮明に覚えています。銀行株を空売りしようとしたら、日本の大手証券会社からは売買をストップしたいという通知を受け、しかたなく、外資系証券会社でトレードしました。明確な理由なく貸し株がままならないという、今では考えられない話です。

ソロス氏はいつも「What do you think?(あなたはどう思いますか)」と聞く人でした。「なんとなくです」などの意味のない答えは許されません。意味のない、ポイント外れの答えを言っているとクビになります。

そういえば、こんなこともありました。日本で不動産鑑定士と共に企業が保有する不動産を調べていた時のことです。不動産の含み益についてまとめ、ロンドンに滞在中だったソロス氏に報告にいったところ、調査が不十分ということで日本にとんぼ返りしたのです。

そんな厳しい環境でのソロス氏との議論が私自身を大きく成長させてくれたと考えています。約3年の歳月を経て最終的には私もお役御免となってしまうわけですが、ソロス氏は、「次の就職先を紹介しようか」など、随分と紳士的な別れを演出してくれたのを今でもよく思い出します。

私としても、どんな時でも謙虚かつ素直に正直に学ぶ姿勢だけは忘れないようにしていました。それが、少しでも氏に伝わっていたのかなあと別れ際に思ったものです。

自分の考えと知性(インテリジェンス)を相手に伝えることは、ビジネス上、非常に重要なことです。また、その言葉に「意味がある」ことはもちろん、相手にちゃんと伝わるように「話す力を培う」ことも重要です。ソロス氏と過ごした時間は、自分の考えをまとめ、発表するかけがえのない訓練期間でもありました。

「自分で考える」ということの重要性

相場の世界では、誰かに教えてもらうということは適切ではないでしょう。正解がない世界ですので、一人一人が考えることに意味があります。どんなに優れた人がいたとしても、その人が話すことがすべて正しいとは言えないのです。見えている世界は誰にとっても平等です。誰もが同じ世界を見ているからこそ、自分で考えることが大切になってきます。

迷信や当てずっぽうではなく、科学的、体系的な思考プロセスを確立するには、自ら考え説明することが求められるのです。

脈々と受け継がれる“What do you think?”の精神

スパークスで開催している勉強会「バフェットクラブ」では、ソロス氏がよく口にしていた“What do you think?”の思想を今でも大切にしています。いくつかあるルールのなかに、発言に関するものがあるので紹介しましょう。

バフェットクラブでは、私が参加者に同じ問いを投げかけ、「あなたはどう考えますか?」と次々に聞いていきます。ここでは、「前の人と同じです」といった単純な返答は禁止しています。何かを教えるのではなく、参加者が考えを発表する場所という役割があるからです。自分の意見を持ち、発表しなくてはなりません。次は自分が質問されるという緊張感で、聞き手が納得できる説明を考えておく訓練をしてほしいからです。

スパークスでは、約30年前の創業時からバフェットクラブを続けてきました。この勉強会にこそ、スパークスが日本のバブル崩壊やリーマンショックなどの金融危機を克服して、成長を続けてきた原動力があります。

そして、スパークスは今、投資家という立場から、20年以上に及ぶデフレに委縮した後、今度は物価高に怯える日本の人たちに伝えられることがあると考えています。良い経営者を見つけ投資先を選ぶことは、投資先と投資家だけに益するものではなく、広く社会全体の幸福に資することができると確信しているからです。

“What do you think?“ この言葉と共に、投資の未来、社会全体の未来について考えていきましょう。

※こちらは2018年6月8日に掲載されたものです

>> スパークス「バフェット・クラブの金言」はこちら