資産6億円のIPOリッチが悩む3億円マイホームの資金調達手段
aijiro/stock.adobe.com、ZUU online

筆者は富裕層向けの独立系ファイナンシャル・プランナーとして活動している。富裕層限定としているわけではないが、筆者のスキルセットや発信内容が富裕層向けであるため、結果的に資産規模が大きい方からご相談をいただくことが多い。

ほとんどの富裕層はお金に関する悩みを抱えているものだが、一般論として、それを表に出す方は少ない。あまりにオープンに話してしまうと、彼らを食い物にしようする“搾取者”を呼び寄せてしまうためだ。そのため、富裕層が実際にどのようなことに悩んでいて、どのような解決策を取るかは、意外と知られていないように思う。

そこで本連載では、筆者の元に届いた富裕層の資産運用相談の実例を紹介していきたい。この連載を通じて「富裕層がどのような悩みを抱えており、どのような解決法があるのか」の参考になれば幸いだ。なお、守秘義務の関係から、諸条件は多少修正していること、脚色を加えていることをご容赦いただきたい。

菅野陽平
菅野 陽平(かんの ようへい)
富裕層の資産管理に詳しいファイナンシャル・プランナー 兼 マネーライター。幼少期より学習院で育ち、学習院大学卒業後、2012年に新卒で野村證券に入社。多くの富裕層の資産管理を担当する。2016年、株式会社ZUUに入社し、日本最大級の金融・経済情報メディア「ZUU online」の編集長を務める。プライベートバンカー資格、AFP保有。編集著書に『富裕層・経営者営業大全』(一般社団法人金融財政事情研究会、2020年7月31日発売)。

IPOで6億円を得たストックオプションリッチAさん

それではまずは、今回の相談者の概要を見ていこう。この相談者をAさんと呼ぶことにする。

<Aさんのプロフィール>
・40歳前後の男性サラリーマン。家族は専業主婦と子ども1人
・東証グロースに上場するベンチャー企業の創業メンバー(現在も該当企業に勤務中)
・ストックオプションによって保有株式価値が約6億円に上昇(IPO時は10億円だったが株安により減少)
・自社株式は無配であり、インカムゲインは発生していない
・経営陣ではないが、部長職に相当する役職に就いており、年収は1,700万円ほど

<相談事項>
そろそろマイホーム(約3億円の中古マンション)を買いたいと思っている。自社株を活かしつつ、どのように資金調達するのがよいか。頭金を入れる予定はなく、フルローンで買いたい。

Aさんは新規上場でちょっとした財を成した「ストックオプションリッチ」「IPOリッチ」と呼ばれるタイプの富裕層だ。近年、IPO企業数の増加とともに、急激に増えている属性だが、IPOするまでは“普通のサラリーマン”であったケースが多く、億単位の資産管理に慣れていない人が多い。