ThinkstockPhotos-497215077
(写真=Thinkstock/GettyImages)


3社以上の証券会社が目標株価を引き上げた銘柄は

3月期決算企業の本決算発表も終わりましたが、決算を受けて目標株価を引き上げる動きも少なからずみられます。

こうしたなか22日の投資のヒントでは決算発表の第3週目(5月7日と8日)に決算を発表した銘柄で複数の証券会社から目標株価の引き上げがあったものを取り上げましたが、今回は決算発表最終週の前半(5月11日と12日)に決算を発表した銘柄で、決算後に3社以上の証券会社から目標株価の引き上げがあったもの(足元の株価を上回るもののみ対象)をピックアップしてみました。

そのなかで特に目標株価の引き上げが目立つのが三井不動産 <8801> で、2015年3月期に7期ぶりに最高益更新となるなか6社が目標株価を引き上げています。また、三井不動産に次いで引き上げが目立ったのが塩野義製薬 <4507> とダイキン工業 <6367> で、5社が目標株価を引き上げています。さらにJXホールディングス <5020> と日本精工 <6471> では4社が目標株価を引き上げています。

hint5-29

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

【関連リンク】
日本株 10連騰 堅調さの背景
経済指標の発表を見極める展開
ハンセン指数、ファンドの規制緩和で買い先行か 小売関連の企業決算に注目
米国の耐久財受注、第1四半期GDP(改定値)、日本の消費者物価指数(CPI)の発表に要注目
ほっと、一安心。