6月2日、 世界最大の旅行クチコミサイト「トリップアドバイザー」が、投稿された世界中の旅行者のクチコミ評価をもとに、旅行で訪れた際に必ず行くランドマーク(歴史的建造物や遺跡などの観光名所)の2015年版ランキングが発表された。その「トラベラーズチョイス アジアの人気観光スポット2015ランドマーク編」を紹介する。日本人にも大人気のアジアだが、最近は欧米人にもとても人気が高まっている。どんな場所が観光客を引きつけているのだろうか。


25位 ゲハルト修道院(アルメニア)

25-ThinkstockPhotos-469924570_Fotor
(写真=Thinkstock/Getty Images)

アルメニアにある渓谷の険しい絶壁にひっそりとたたずむ13世紀の修道院で、洞窟教会や洞窟墓地は石灰岩を掘って建造された。2000年に世界遺産に登録、近年観光客が急増している。


24位 タクツァン僧院(ブータン)

24-the-tigers-nest-171377_1280_Fotor

「幸せの国」として日本でも話題となったブータンで一番有名なスポット。ここを見にブータンを訪れる人も多いという。標高3,000mの山肌に張り付くように立つその姿は荘厳だ。現在も僧侶が修行している。


23位 クトゥブ・ミナール(インド)

23-imasia_11719094_S_Fotor
(写真=PIXTA)

歴史遺産が多いデリーでも特に魅力的だと評判なのがインド最古のイスラム遺跡群にある塔。インドで最も高い赤い尖塔の壁にはコーランやアラベスクがぎっしりと刻まれ、神秘的な威厳を漂わせている。


22位 アクシャルダム寺院(インド)

22-ThinkstockPhotos-474989010_Fotor
(写真=Thinkstock/Getty Images)

デリーにある2005年建造の新しいヒンズー教の寺院。大理石で造られた美しいデザインが特徴的で観光要素も強く、とにかく巨大。撮影が禁止されているのもクチコミが多い理由だろうか。


21位 メヘラーンガル砦(インド)

21-imasia_12202308_S_Fotor
(写真=PIXTA)

まさにそびえ立つという言葉がふさわしい高台にある城塞。ブルーシティで有名なジョドプールの街並みが眼下に広がる。日本人観光客も多いスポットだ。

おすすめ記事: 海外旅行の外貨両替手数料を99%オフにする方法とは?