Happy mature couple gardening together outside in the garden
(写真=PIXTA)


退職後にしたいこと 日本人の1位は?

定年退職後、自由な時間ができたら、日本人は何をしたいと考えているのだろうか。2015年1月に東京海上日動あんしん生命(てんき予報編集部)が行ったアンケートによると、定年退職後にやりたいこと1位は「旅行」、2位「働き続ける」、3位「芸術」、4位「料理」、5位「スポーツ」という結果になった。

まとまった時間ができ、子供が巣立ち、出費も減り、退職金などによって経済的にゆとりができたことにより、今まで行くことができなかった場所へ旅行に行きたいと考えている人が多いことがわかる。国内旅行や近場のアジア圏内だけではなく、南米ボリビアのウユニ塩湖や、フランスのモンサンミッシェルなど、日本から遠い国々への旅行を希望する人もいる。

2位の「働き続ける」は、60代、70代でも体が健康な人が多く、雇用契約を延長して働き続ける人が増えていることを示している。働き方をフルタイムからパートタイマーへシフトしている人も多い。そして3〜5位はいずれも趣味に時間を使うという結果になった。絵画や陶芸、音楽や書道、カメラなどの芸術系やヨガやゴルフなどのスポーツは人気が高い。特に男性は今まで妻に任せきりとなっていた料理や、家の掃除などの家事全般について新たにチャレンジしようと考えている人もいるようだ。


日本と少し違う 米国人の暮らし方

米国の大手情報サイトU.S News & World Reportに掲載された「退職後にすべき25のこと」によると、アメリカも日本同様、旅行や働き続けること、そして趣味に時間を充てたいと考えている人が多数だ。

一方、日本人にはあまり挙げられなかった「地域でのボランティア活動」や「自分の知識や経験を大学やコミュニティセンターなどで教える講師活動」にも人気がある。さらに、若者と1対1のペアになり、直接相談に乗ってアドバイスをするというメンター制度を行っている人も多い。日本に比べ、ボランティア活動が盛んなアメリカでは、自分の老後の時間を地域社会の貢献に使いたいと考えていることが分かる。