特集「本を読む。」 特集AI 人口知能がもたらす禍福 専門家たちの金言 広告特集「太陽光投資」 特集「不動産投資のはじめ方」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 DC特集
教育
エン・ジャパン
Written by ZUU online編集部 4,289記事

無料のインターネット授業「MOOCs」で「お金・経済」を学ぼう

パソコン勉強
(写真=PIXTA)

 インターネットを利用して米国を中心とした世界の有名大学の講義を、世界中の誰もが学ぶことができるというMOOCsが近年大幅に普及している。

日々広がるMOOC 大学レベルの講義も受けられる

 MOOCとはMassive Open Online Coursesの頭文字で、「巨大でオープンなオンラインの授業」という意味だ。北米系のCoursera(コーセラ)、Udacity(ユーダシティ)の出現によって、アメリカ以外にも普及し、現在では、さまざまな企業や大学が全世界へ向けて開講している。

 コーセラとユーダシティは大学レベルのオンライン講義をMOOCsとして公開する教育ベンチャー企業。コーセラは大学レベルの学習コースを公開しており、学習コースは英語だけでなく多言語提供している。近い将来、日本語の対応をすることも発表されている。ユーダシティは個人の教員がコースを持っている。

日本でも活用されるMOOC

 日本の大学では、東京大学が2013年2月22日、世界13カ国、29大学とともにコーセラへの参加を表明。これが日本の大学としては最初のMOOCプラットフォームへの参加となった。この発表は国内主要マスメディアで取り上げられ、それまで国内ではあまり注目されていなかったMOOCへの関心を集めるきっかけとなった。

 同年、日本オープンオンライン教育推進協議会(JMOOC)が日本全体の大学・企業の連合による組織として設立された。JMOOC公認の教育コンテンツ配信プラットフォームには、gacco、OpenLearning, OUJ MOOCなどがある。

次のページ>>MOOCで「お金」について学ぼう TAC、立教や上智などが開講

12
page 1 of 2
無料のインターネット授業「MOOCs」で「お金・経済」を学ぼう
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 「留学費用が安い都市」ランキング、大阪が世界6位 トップは...
NEXT 「理想の学生都市ランキング」東京3位、ソウル10位、首位は4...