(写真=Thinkstock/Getty Images)
(写真=Thinkstock/Getty Images)

日銀は5日、12月のマネタリーベース(資金供給量)を発表した。世の中に出回るお金の量は12月末の残高356兆1336億円となり、2カ月ぶりに前月を上回るとともに、過去最高を更新した。

12月の平均残高は前年同月比29.5%増の346兆3793億円だった。内訳は日銀当座預金が 42.6%増の246兆1375億円。紙幣の発行残高は6.1%増の95兆5628億円。貨幣(硬貨)の流通高は0.8%増の4兆6790億円だった。

日銀は2014年10月にマネタリーベースを増やす方針を決めている。長期国債などを買い入れる大規模な金融緩和を実施しており、資金供給量の増加が続いている。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)