第5位 JPモルガン

世界屈指の名門投資銀行であり、投資銀行業務、プライベートバンクサービス、証券業務などありとあらゆる金融事業を展開している。日本でも一流投資銀行として知られ、就活生の間でも高い人気を誇る。従業員のモチベーションの高さや人材育成面で高い評価を得た。一方、仕事の要求水準の高さによるプレッシャーなど一流投資銀行らしい悩みも指摘された。

第4位 エバーコア

1995年に設立されたブティック型の投資銀行で、投資銀行業務に加えて資産管理サービスなども手掛ける。カルチャー面で高い評価を得たが、昇進が厳しいことなどがマイナス要素となった。

第3位 センタービュー・パートナーズ

2006年に設立され、M&Aアドバイザリーと企業再編に注力するブティック型投資銀行である。高額な報酬や優秀な人材が多いと評価する声が聞こえる一方、激務でワークライフバランスを考慮しない企業カルチャーを問題視する声もあった。

第2位 モルガン・スタンレー

ゴールドマン・サックス、JPモルガンと肩を並べる米三大投資銀行の1つであり、優秀な人材が数多く集まる。リーグテーブルでは常に上位に位置する名門投資銀行である。JPモルガンと同様に高いプレッシャーとストレスに晒される点が指摘されたが、一流の顧客や同僚と一緒に仕事ができる環境の良さが魅力だと思われているようだ。

第1位 ゴールドマン・サックス

世界最強の投資銀行といわれ、その報酬の高さで日本でも有名な一流投資銀行である。昨年はブラックストーンにおさえられ2位となったが、今年は1位に返り咲きとなった。社内政治などの問題点もあるが、業界トップクラスの人材が集まることや先進的なカルチャーで高い評価を得て、堂々の第1位となった。(アナリスト 樟葉空)

【合わせて読みたい「富裕層」シリーズ】
富裕層ってどんな人? 1億円の壁の向こう側
富裕層になるには?富裕層マインドを身につけるには?
大富豪に学ぶ「時間との付き合い方」
成功し財を得るための5つのマナー