インド,紙幣,停止,モディ,モディノミクス,金融政策
(写真=Thinkstock/Getty Images)

インドのモディ首相は11月8日夜、テレビ演説の中で高額紙幣の1000ルピー(約1600円)札と500ルピー(約800円)札を約4時間後から無効にすると発表した。11月10日から12月30日までに2種類の高額紙幣を銀行か郵便局の口座に預け入れない限り「無価値の紙くずになる」という。

背景にあるのは、偽造紙幣や不正蓄財といった根絶だが、廃止した紙幣は発行紙幣価値の86%を占めるといい、この不意打ち政策には、不正資金を抱える者達に準備期間を与えないで根絶しようとする政権の強い意志感じ取れる。

新紙幣は2000ルピー札と500ルピー札の2種

インドでは7種類の紙幣が流通している(1000、500、100、50、20、10、5)。新紙幣は2000ルピー札と500ルピー札の2種類発行となり、1000ルピーと500ルピーは市場から回収される事になる。

当面は旧紙幣の交換は4000ルピー(約6400円)、預金引き出しは1週間に2万ルピー(約3200円)までといった上限が設けられるようだ。今後は使用不能になる高額紙幣を銀行に預ける市民が殺到しそうだ。

モディ首相のテレビ演説では、偽造紙幣市場に出回りそれがテロの資金源になりインフレの原因にもなっているという。そして国民には一時的に困難はあるが忍耐を求めている。一方、中央銀行でも「最初の15~20日は混乱が予想される」としている。

汚職・偽造の不正マネー対策といった防止が狙い

インドでは主に現金決済がまだ主流とされていて、現金のみを所有し納税しない人による地下経済がGDPの約50%に及ぶとされている。

それが低所得者ばかりか富裕層らの脱税にもなっていることから、今後はそうした富裕層らに対し、現金の銀行口座への入金を迫りながら隠し資産をあぶり出す狙いもあるようだ。加えて犯罪など絡む闇資金対策にも踏み切る覚悟の表れでもあり、現金決済が依然として多いインド経済の世直しが始まることになる。

2種類の高額紙幣を市場から回収することで汚職や紙幣偽造のまん延を防ぐばかりか、闇経済にとどまる現金を表の経済に移動させることにより、反政府武装勢力にとっても打撃となるとの計算もある。インドにとっては「偽造紙幣と汚職は貧困撲滅にとって最大の障害」だったのである。

カーネギー国際平和基金のシニアアソシエート、ミラン・バイシュナブ氏も、モディ首相の行為は「政府のブラックマネー対策は実態を伴っていないという国民の意見」を変えようとしているものと見ているし、エコノミストらは金融システム上の流動性が増すとし成長率やインフレには長期的な影響は無いと見ている。

欧州中央銀行でも同様に高額紙幣の発行停止方針

実は欧州中央銀行(ECB)も同様の措置をした経緯がある。500ユーロ(約6万1500円)紙幣の「不正行為」での使用を食い止めるため、印刷と発行を2018年末までに停止する方針を発表している。

ここれもやはり「不法行為を促進する恐れを考慮」した為としている。インドと違うところは現在流通している分については今後も合法的に流通を認めていることと、ユーロ圏各国の中央銀行では無期限で500ユーロ札の交換を行うことにしていることだ。

口座利用や貯蓄の拡大が見込める?

今回の紙幣廃止政策により、長期的には経済にいい効果をもたらすと期待する声は多い。

インドの約13億の人口のうち、クレジットカードの保有者は2%弱にすぎず、また約5割の人が銀行口座を持っていないとされている。銀行利用を強いることになり、口座利用や貯蓄の拡大が見込めるのだ。納税者は全人口の約2%程度にすぎないとの試算もあることから、銀行を通じてお金の流れを把握できるというメリットも期待されているようだ。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)