ドラマ,嫌われる勇気,アドラー
原作『嫌われる勇気』(岸見一郎、古賀史健、ダイヤモンド社)

きょう1月12日(木)からフジテレビ系でドラマ「嫌われる勇気」(毎週木曜午後10時~)がスタートする。

公式サイトによると、アドラー心理学を体現する女刑事を香里奈さんが、女刑事とコンビを組む優柔不断な刑事をアイドルグループNEWSの加藤シゲアキさんが演じる刑事ドラマのようだが、原案は大ベストセラーとなっている自己啓発本『嫌われる勇気』(岸見一郎、古賀史健共著、ダイヤモンド社)。アドラー心理学の教えを、小難しく理論を並べるのではなく、哲学者と悩み多き青年との対話形式で分かりやすく説明している一冊だ。

私は、心理カウンセラーとして特別アドラーに傾倒している訳ではないが、アドラー心理学は面白く、また実用的な理論だと思う。今回は、「勇気の心理学」と呼ばれるその思想の魅力と、他の心理学との違いについて紹介したい。

アドラー心理学の特徴

アドラー心理学は、20世紀初め頃、オーストリア出身の心理学者アルフレッド・アドラーが唱えた思想を指し、その後の心理学はもちろん、世界的名著『人を動かす』のデール・カーネギーや『7つの習慣』のスティーブン・R・コヴィーといった自己啓発の大家にも影響を与えたと言われている。

その思想の大きな特徴は、「目的論」にある。目的論とは、あらゆる行動には何かしらの目的があるという、有名な心理学者であるフロイトなどの「原因論」の真逆の考え方だ。最近、2017年は、年間16日ある国民の祝日のうち4日が土曜日と重なり休みが減るため、「今年は頑張れない」といった嘆きの声が聞かれることが話題となったが、これを原因論と目的論で例えてみよう。

まず原因論で考えると、「休みの少ないこの先1年を考えただけで気が滅入ったから、仕事を頑張る気力も失せた」となる。やる気が無くなったのはつまらない仕事や嫌な上司、居心地の悪い職場環境等であり、自分は悪くない。これまでストレスで心が傷ついてきたのに、今年は例年以上に嫌な思いをするのだから、やる気が無くなるのは当然、という見方だ。

一方、目的論ではまず、「働きたくない」「周りから同情されたい」といった目的がある。それを叶える為に、「休日が減るのは辛い」という口実を用意したといったと考え、働くことで直面するだろう、自分の能力不足の露呈や嫌な上司との密なコミュニケーションなどの回避したい課題に目を向けることになる。

言い換えれば、「あなたは、幸せになるためにこれらの課題克服に取り組むくらいなら、多少不幸せでも変わらないでいた方が楽と考えている」と捉えるのだ。アドラー心理学がしばしば「厳しい」と言われるのは、こういった側面故だろう。

「勇気の心理学」と言われる理由

さて、問題点が違えば、当然問題を乗り越えるプロセスも違う。アドラー心理学では、能力不足の露呈や上司とのコミュニケーションも含め、全ての悩みは他人からの承認を求めるからこそ生じると考える。相手にどう思われるかは相手の問題。他人の評価を気にせず、嫌われることを怖れず、自分の好きなように生きるべきと説く。自分次第で幸せになれるという点が、アドラー心理学の大きな魅力の1つと言える。ただ、実際にこうした生き方をするのは、理屈ほど簡単ではない。勇気を振り絞って行動を変えても、すぐに他人の評価を気にする自分に戻るもの。それでも繰り返し勇気を振り絞り行動を変え続けるうちに、新しい生き方に馴染んでいく。当然、馴染むまでは痛みも労力も伴う。

しかし、優しく思える原因論も、実は変化の過程において痛みを伴う。辛い思いをしてきた「心の傷」に焦点を当て癒していくのだが、想像してほしい。それは同時に、蓋をしておきたい程辛い体験を何度も振り返り、思い出したくもない感情を何度も味わうことになるのだ。

実際私は、このプロセスは、これまでお会いしてきたクライエントの誰もが、「重い」「辛い」と涙を流すのを目の当たりにしてきた。それでも勇気を持ってこの過程を繰り返すことで、皆さん癒され、本来の自分を取り戻していく。

目指すものは同じ

目的論も原因論も勇気が必要なのは共通しているが、実は、目指すところも同じだと私は思う。対照的な2つの考えだが、どちらも最終的な目標は、「ありのままの自分で生きる」ことにある。心の傷が癒えることで得られるもの、それは素直な自分の感情に気づき、それを自分で受け入れる力だ。これにより、辛い時に辛いと言えるようにもなるのだが、それはアドラー心理学で目指すものでもある。

心理学を学ぶことは、より幸せに生きるヒントを得ることでもある。アドラー心理学でも、そうでなくても、自分がしっくりとくる理論に出会えることが大切だろう。そのためにも、1つのきっかけとして、このドラマ「嫌われる勇気」を観て、アドラーの考えに触れてみてはいかがだろうか。

藤田 大介 DF心理相談所 代表心理カウンセラー この筆者の記事一覧

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)