プロテイン,筋トレ,サラリーマン
(写真= Stocked House Studio / Shutterstock.com)

プロテインと言えば「アスリート」「ボディビルダー」のものと思っている人もいるかもしれない。筋トレ時に粉状のプロテインをシェイカーに入れて水などで溶いて飲む姿が思い浮かぶ。

しかしプロテインとはタンパク質のこと。何も専門的なトレーニングを日常的に行う機会が少ない、一般的なビジネスパーソンがプロテインを摂取する必要がないかというとそうではない。仕事ができる一流のビジネスパーソンほど、日ごろからプロテインを効率的に摂取しているのだという。

なぜ一流のビジネスパーソンはプロテインを摂取するのだろうか(本稿の「プロテイン」はパウダーなどのいわゆるプロテインを指す)。

日本国内におけるプロテイン市場の動向

国内でここ数年、プロテイン市場は伸びつつある。2014年の国内におけるプロテイン市場(スポーツニュートリション用途)は一定の伸長を続け、その前年と比べると2ケタ増の260億円(推計)に成長したという。

プロテインは世界的にも市場が拡大しており、プロテインの主要メーカーや原料サプライヤーは生産ラインを増やしながら生産体制を整えることを急務としている。

売上が伸びている国内プロテイン市場だが、主要メーカーや原料サプライヤーは、「世界的な規模の市場の中で日本市場を見ると、規模としてはまだまだ大きいとは言えない」と冷静に分析している。

世界のプロテイン市場を見ると、特にプロテインのユーザー数が多いアメリカでは、スポーツ用途におけるプロテイン含有食品の市場規模が、2012年の時点で3464億円とされており、日本はその10分の1 にも満たないことになる。

とは言うものの、日本国内におけるプロテイン市場が伸びていることは事実であり、国内主要メーカーや原料サプライヤーは「手軽さ」をコンセプトとして商品開発を続け、ユーザーが主力のパウダー商品へ移行するような仕組みづくりを進めている。

手軽に誰でも摂取できるよう開発が進むプロテインは、今やアスリートやボディビルダーのような専門家だけのアイテムとは言えないのだ。

ビジネスパーソンがプロテインを摂取することで得られる効果

日ごろハードワークをこなすビジネスパーソンの悩みの1つが、体が疲れやすいことだろう。朝早く満員電車で出勤し、休む間もなく会議やデスクワーク・外回りや顧客対応などをこなし、それこそ昼食をとる暇もないほど忙しい人もいるだろう。

忙しくなってくると、コンビニのおにぎりやパンや麺類、ジャンクフードで簡単に食事を済ませてしまいがち。実はこの食事を簡単に済ませてしまうことにこそ、「体の疲れやすさ」が出てしまう原因が関係している。

簡単な食事は栄養に偏りが出やすい。体を動かし元気を維持するための栄養が不足してしまうと、エネルギー不足に陥ってしまう。それでもハードワークの手を休めるわけにはいかず、慢性的な疲労感が溜まってしまうのだ。

そこで登場するのがプロテイン。プロテインはタンパク質やビタミン・ミネラルなど、簡単な食事だけだと不足しがちな栄養素を手軽に効率的に摂取することができる。

体に必要な栄養を補うことができれば疲れにくくなり、さらに回復力も増してくる。仕事のスピードアップやクオリティの向上に効果的だと言える。

摂取の仕方で気をつけておきたいこと

一般的に食事を1日3回行うのであれば、その3回すべてでバランス良く栄養を摂取したいところ。プロテインを構成する代表的な栄養素はタンパク質なので、例えば肉や魚、卵などの食事からタンパク質を摂取することとほぼ同じだとも言えるだろう。

どうしても食事の中でタンパク質が摂取できそうにないのであれば、朝食や夕食などのタイミングで他の食材と一緒にプロテインを摂取すると効率的だ。

特に朝食は朝の忙しさなどから食事自体を抜いてしまうこともあるだろう。そんな時は、わずかな時間でタンパク質を摂取できるプロテインを、野菜ジュースやフルーツなどと一緒に素早く飲むことをおすすめしたい。

ここで1つ気をつけておきたいのが、食事内容を「プロテインだけ」にしてしまわないようにすること。プロテインは万能サプリメントだと言えるが、あくまで通常の食事を「補助」するための食品だ。

肉や魚・米、豆類や野菜など自然の食材から摂取する栄養素は、人間の体を維持・成長させるうえでとても大切なものであることを常に意識しておきたい。

プロテインの活用で仕事の成果をマネジメントする

食は人間の基本だ。食べないでいると、いざ頭で考えなければならないときや体を動かさなければならないときに、最善の思考や行動を起こすことが難しくなる場合がある。

一流のビジネスパーソンは仕事の成果を最適にマネジメントしなければならない。健康面に関しても、プロテインなどを活用することで栄養のバランスや摂取タイミングをコントロールすることが望ましい。(藤瀬雄介、スポーツ・ヘルスケアライター)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)