ABCラジオ【笑ってトクするマネークリニック】 特集「保険」 専門家たちの金言 広告特集「ライツ・オファリング」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 特集AI 人口知能がもたらす禍福 特集「本を読む。」 DC特集

浮世絵界のスーパースター

葛飾北斎の傑作を堪能!「すみだ北斎美術館」レポート

すみだ北斎美術館,葛飾北斎
(写真=プレミアムジャパン)

北斎の故郷に誕生した美術館

浮世絵界のスーパースター・葛飾北斎の作品や資料などを集めた美術館「すみだ北斎美術館」が先月、東京都墨田区・両国にオープンしました。

場所はJR両国駅から歩いて約10分。江戸の下町文化が漂うエリアで公園の敷地内に立つ、メタリックな外観の美術館です。

北斎が1790年に誕生し、およそ90年にわたる生涯の大半を過ごした墨田区。この美術館では約1800点近くのコレクションを所蔵しており、北斎の名作を鑑賞しながら、当時の江戸の暮らしを身近に感じることができます。

(上の写真)大胆な切込みが入った美術館の入り口(写真=プレミアムジャパン)
(上の写真)大胆な切込みが入った美術館の入り口(写真=プレミアムジャパン)
(上の写真)3階の館内風景。ホワイエの窓からはスカイツリーが見えます。(写真=プレミアムジャパン)
(上の写真)3階の館内風景。ホワイエの窓からはスカイツリーが見えます。(写真=プレミアムジャパン)

建物は4階建てで、2つの企画展示室と常設展示室、講座室、図書室、ミュージアムショップがあります。設計は世界的な評価を受けている妹島和世さん。「金沢21世紀美術館」や、フランスのルーヴル美術館分館の「ルーヴル=ランス」など多くの公共施設を設計した気鋭の建築家です。

(上の写真)「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」所蔵:すみだ北斎美術館
(上の写真)「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」所蔵:すみだ北斎美術館
(上の写真)冨嶽三十六景 凱風快晴:所蔵:すみだ北斎美術館
(上の写真)冨嶽三十六景 凱風快晴:所蔵:すみだ北斎美術館
(上の写真)北斎漫画 四編より 所蔵:すみだ北斎美術館
(上の写真)北斎漫画 四編より 所蔵:すみだ北斎美術館

北斎の画業と人生をたどる常設展示室

4階の常設展示室には、北斎の名作「冨嶽三十六景」が展示されているほか、庶民の暮らしを描いた「北斎漫画」などを高精細レプリカで見ることができます。
北斎の絵師としての道のりと、その生涯を楽しみながら知ることができ、見どころ満載です。

(写真=プレミアムジャパン)
(写真=プレミアムジャパン)

上の写真はオープン初日の常設展示室の様子。外国からの観光客がたくさん。さすが世界の北斎!

(写真=プレミアムジャパン)
(写真=プレミアムジャパン)

北斎が84歳のころに、娘の阿栄と暮らしていたアトリエを再現したジオラマの展示もあります。門人の露木為一が描いた絵を元に、とてもリアルに再現されていて思わず見入ってしまいます。

(写真=プレミアムジャパン)
(写真=プレミアムジャパン)

作品説明のタッチパネルは、英語・中国語・韓国語にも対応。海外の北斎ファンの期待に応えた設備が整っています。

(写真=プレミアムジャパン)
(写真=プレミアムジャパン)

100年ぶりの公開!企画展示室の長さ約7メートルの絵巻は必見

2017年1月15日まで開催中の開館記念展「北斎の帰還-幻の絵巻と名品コレクション-」では、「隅田川両岸景色図巻」が公開中です。

これは100年以上行方不明だったもので、幻の絵巻ともいえる作品です。海外で発見され里帰りし、全巻一挙初公開されました。その長さ、なんと7メートル強。これは必見です。

上の写真:隅田川両岸景色図巻(部分:両国橋付近)所蔵:すみだ北斎美術館
上の写真:隅田川両岸景色図巻(部分:両国橋付近)所蔵:すみだ北斎美術館
上の写真:隅田川両岸景色図巻(部分:吉原室内)所蔵:すみだ北斎美術館
上の写真:隅田川両岸景色図巻(部分:吉原室内)所蔵:すみだ北斎美術館

上は江戸時代に隅田川の景色を描いた肉筆画。現在の両国のあたりから遊郭があった吉原までの名所が人々の様子とともに描かれていて、当時の粋な暮らしに思いを馳せずにはいられません。

さらにもう一つの「100年ぶり」の作品として話題なのがこちら。北斎晩年最大級の傑作といわれた大絵馬「須佐之男命厄神退治之図」の推定復元図です。

(写真=プレミアムジャパン)
(写真=プレミアムジャパン)

北斎が数えで86歳のときに描き、地元の牛嶋神社に奉納された絵馬ですが、関東大震災で焼失し、白黒写真しか残っていない作品。その写真をもとに、伝統技術と最新技術によって100年ぶりの復活をとげた幻の作品なのです。

浮世絵界のスーパースター・北斎が過ごしたゆかりの地で、名作を堪能できる「すみだ北斎美術館」。皆さまもぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

<展覧会情報>

・開館記念展「北斎の帰還-幻の絵巻と名品コレクション-」
会期:2016年11月22日(火) – 2017年1月15日(日)
開館時間:9時30分~17時30分(入館は17時まで)
休館日:月曜(祝・休日の場合は開館し翌平日休館)、年末年始(2016年12月29日~2017年1月1日)
※一部展示替えあり

・開館記念展Ⅱ「すみだ北斎美術館を支えるコレクター-ピーター・モースと楢﨑宗重 二大コレクション-」
会期:2017年2月4日(土) – 2017年3月26日(日)
開館時間:9時30分~17時30分(入館は17時まで)
休館日:月曜(祝・休日の場合は開館し翌平日休館)
※(前期:2月4日~2月26日、後期:2月28日~3月26日)一部展示替えあり

■お問い合わせ
すみだ北斎美術館
住所:東京都墨田区亀沢2-7-2
電話:03-5777-8600(ハローダイヤル)
http://hokusai-museum.jp/

取材・文/児玉晶子

(提供:プレミアムジャパン)

【編集部のオススメ プレミアムジャパン記事】
お互いのことが大好きな、柴犬と猫がかわいすぎる!!
冬の贅沢、絶景の雪見露天風呂があるプレミアム宿 5選
「BABYMETAL」レッチリ、メタリカ、ガンズも惚れこむ…
おしゃれな茶器で、抹茶や日本茶をカジュアルに楽しもう!
伝統工芸の後継者を育てる「京都職人工房」の取り組み

葛飾北斎の傑作を堪能!「すみだ北斎美術館」レポート
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 女性が結婚相手に求める年収は○百万円?マイホームの購入希望...
NEXT 日本の植物の香りが癒す「tokotowa organics(トコトワオーガ...