残業時間の上限を月100時間未満に規制する議論で、安倍首相が3月13日、繁忙期でもこれを受け入れるよう経団連の榊原定征会長と連合の神津里季生会長に要請した。政府が旗振りしている働き方改革の一環だが、労働者のストレス軽減に直結するかというとそうでもなさそうだ。

総合求人・転職支援サイト「エン転職」が行った調査によると、仕事でストレスを感じる要因として「労働時間の長さ」を挙げたのは28%。最も回答の多かった「上司との関係」(51%)や「同僚との関係」(32%)といった人間関係の方が、より多くの人にとってストレスとなっていることが分かる。

人間関係のストレスといえば考えの合わない相手とのやりとりを思い浮かぶが、実は、年度の変わり目であるこの時期は、人事異動や退職、新人の入社など人が大きく入れ替わるため、良好な人間関係でもストレスが生じやすい。

異動などで新たな環境に身を置く本人はもちろん、同じ職場に残っている人も同様である。本来ストレスとは、心身に負荷のかかった状態を指す。特に不快なものでなくても、慣れ親しんだ日常が変化するだけで十分ストレスになるのだ。

雰囲気の変化の正体

異動,ストレス
(写真=PIXTA)

新天地に移る人は普段以上にリフレッシュを取り入れ、ストレスケアをしながら環境になじむしかない。しかし同じ職場に残り新たな仲間を受け入れる側は、人が入れ替わってもこれまでの心地よい職場の雰囲気を保つことで、変化に伴うストレスは減らすことができる。

とはいえ、雰囲気というと抽象的で分かりづらい。そこで雰囲気を具体化するために、心理学でよく用いられる「自我状態」という概念をご紹介したい。

交流分析理論の中核概念である自我状態とは、簡単に言えば性格を構成する5要素のことだ。

  • 規則や信念の強さを指すCP
  • 優しさや寛容さを指すNP
  • 客観性・合理性のA
  • 自分の感情への素直さを表すFC
  • 従順さや協調性のAC

の5つからなり、どの要素が出やすいか、出づらいかで性格を見ていくことができる。イメージしやすいよう、漫画『ドラゴンボール』のキャラクターで例えてみると、誇り高く自己主張の強いベジータはCP、仲間思いで気配り上手なクリリンがNP、冷静な判断ができるピッコロはAが高いと言える。主人公である孫悟空はFCの塊で、天津飯の不本意ながらも師匠や兄弟子に従う姿はACの表れだ。

ベジータ……規則や信念の強さを指すCP
クリリン……優しさや寛容さを指すNP
ピッコロ……客観性・合理性のA
孫悟空……自分の感情への素直さを表すFC
天津飯……従順さや協調性のAC
このことを頭に置いた上で、職場から去る人を考えてみよう。その人は、自我状態の要素のうち、どれが高いだろうか。同様に、新しい仲間についても考えてほしい。誰しも、5つのうち1つか2つは目立つ要素があるものだ。

人の入れ替わりは、5つの要素の入れ替わりでもある。例えばFCの高い人が去りCPの高い人が加われば、職場の業績は上がるだろうが、反面殺伐とした雰囲気になり職場から活気が失われていく、という具合だ。

失う要素をみんなで補う

人が入れ替わっても職場の雰囲気をなるべく同じに保つには、異動に伴い失った自我状態の要素を、残った全員で意識的に補うのが効果的である。

目安として、各要素を失った際に生じやすい影響を挙げておこう。

CPを失った場合はルールや目標達成意識が薄れる、NPを失えば気配りや助け合いが疎かになり、Aの場合は多角的な視点がなくなる。FCを失えば職場から活気が、ACの場合は協調性が薄れていく。あらかじめ失う要素を把握しておき、例えばNPを失うなら、各自毎日1度は「調子はどう?」と同僚に声をかけるようにするなど、残るメンバーで対処を話し合って置くとスムーズだろう。

新たな仲間の性格をすぐに見極めるのは難しいが、いなくなる人の要素を補填しておけば、雰囲気の変化は最小限に抑えられる。

一般的に人が心地よく仕事に取り組めるのは、NP、A、FCが高く、CPとACは程々な環境と言われるので、これまで職場の雰囲気が悪かった場合は、この機会に自我状態の要素のバランスを改善するのも良いだろう。

性格を数値化しておこう

人は組織の中でただ仕事をこなしているだけでなく、目には見えない性格的役割も果たしている。この春職場からいなくなる人が、その性格で自分たちにどんな恩恵をもたらしていたか振り返り、この目には見えない役割もしっかりと引き継ぐことが、良い職場環境を保つ上では非常に重要だ。

自我状態のバランスは、「エゴグラム」という性格診断検査で数値化することもできる。「ストレスケア・コム」というサイトで無料検査が受けられるので、まずは自分のバランスを知ってみてはいかがだろうか。

参照:ストレスケア・コム「 エゴグラム性格診断テスト

(藤田大介 DF心理相談所 代表心理カウンセラー)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)