アメリカの大手格付け機関・スタンダード&プアーズが2015年に行った「グローバル・ファイナンシャル・リテラシー調査」によると、日本人の金融リテラシーは世界144カ国中、38位という結果になったということである。

先進国の中ではかなり下位に甘んじているが、別に驚くには当たらない。なぜなら、これまで日本の公的教育機関では、ほとんど金融についての知識を教えてこなかったからだ。さらに言えば、多くの方にとっては学ぶ必要もない良い時代が続いた。

投資で重要なのは、経済知識よりも「マネーリテラシー」

投資,お金持ち
(写真=PIXTA)

教えられてもいないもので「上位を目指せ」というのもムリがあるが、それはともかく、我々は生きている以上、お金と無縁ではいられないことは事実だろう。よく、「これからは自己責任の時代だ」と言われるが、以後は年金も社会保障も、ますます削られることになるのは火を見るよりも明らかだ。

目下、サラリーマンの年収はジリジリと下降する傾向にある。こうした状況の中で、人々の目が「投資」へと向かうのは、ある意味、当然のことだと言える。もし、これから「投資を始めたい」と思った人は、最初に何をすべきだろうか?

投資と聞くと、「投資とは経済知識がないとできないのではないか?」と考える人がいるかもしれない。確かに、経済知識がないよりは、あるに越したことはないだろう。しかしそれより大切なのは、冒頭で申し上げた「金融(マネー)リテラシー」の方である。

まずは「リスク」と「リターン」の関係を理解する

マネーリテラシーとは、「お金についての知識を理解し、それを活用できる力」のことを言う。もちろん、これまでまったく知識がなかった人が、それをいきなりカバーできるようになるのは難しいに違いない。でもだからこそ、今後はぜひ意識してそれを身につけることをオススメする。まずは、リスクとリターンの関係性について理解するところから始めるといいだろう。

せっかくなので簡単に説明しておくと、「リターン」とは、投資をすることによって得られる収益のことを言う。対する「リスク」とは、もともとは不確実性のことを言うが、投資の場合は、投資に失敗し、損失を被る可能性のことを指す。一般に、リスクとリターンは相関関係にある。リスクが高ければ、その分だけリターンも高くなり、リスクが低ければ、当然リターンも低くなる。

それは、リスクの低い商品であれば、高いリターンを出さずとも出資金が集まりやすいからであり、リスクの高い商品では、リターンを高くしないとお金がなかなか集まらないからである。基本的に、投資にローリスクハイリターンの商品はない。あるとしても、直ぐに埋まるか、一般には流通しない。

投資には2つのリスクがある

もともと投資には、大きく分けると以下の2パターンで考えることができる。

(1)資金を何らかの形で運用し、そこで上げた利益の中から投資家に配当金が支払われる方法(インカムゲイン)
(2)安く買ったものを高く売り、差益を手にする方法(キャピタルゲイン)

投資を始める際に最低限、知っておきたいのは「運用リスク」と「信用リスク」と呼ばれる2つのリスクだ。

運用リスクとは、別名「事業リスク」とも言う。運用者は投資金を募り、それを元手に事業を遂行し、利益を出すことを目指している。しかし「事業が必ず成功する」という保証はないため、運用リスクがゼロになることはない。

もう一つの信用リスクとは、「事業としての実態があるのかどうか?」ということを指す。つまり「嘘がないかどうか」ということである。どういうことなのかを、以下で説明しよう。

我々は日常生活の中で、普段は「お金を払えば、その分の価値を得られる」のを当たり前と思って生活している。一般的な買い物であれば、その場で商品と交換するか、もしくはシステムや銀行などを通じて販売者とやりとりするため、相手も不正がしにくい構造となっている。商売は継続が前提となっており、販売者がウソをつくことは少ない。

しかし、投資の場合はその限りではない。投資とは、基本的に見ず知らずの第三者に自分のお金を託すことを意味する。一般に、投資は預ける期間が長く、その間、自分のお金がどうなっているのか見えにくいことも多い。

人は自分のお金を自分がいないところで出しっぱなしにすることはないだろうが、投資とは、いわばそれを他人の目の前で行うような行為である。

これが投資が「自己責任」と言われる所以である。自分のお金を他人に差し出す以上、覚悟を持って臨まなければならない。恥ずかしながら、私自身も騙された痛い経験がある。

リターンとは、リスクを取ってこそ「得られる果実」

投資を始めるにあたっては、「ものを買うこととは違う」ということを知るのが第一歩である。投資とは、お金を払い、リスクと引き換えにリターンを得ようとする行為である。リスクを取るには勇気がいるが、代わりにリターンというご褒美を得ることができる。

結局のところ、お金の運用を委託することはできても、それを誰に託すのかは、自分で決めなければならない。そのためにもマネーリテラシーを高め、最終的な判断は自分で下すことができるようになる必要があるのである。

俣野成敏(またの なるとし)
1993年、シチズン時計株式会社入社。31歳でメーカー直販在庫処分店を社内起業。年商14億円企業に育てる。33歳でグループ約130社の現役最年少の役員に抜擢され、40歳で本社召還、史上最年少の上級顧問に就任。『プロフェッショナルサラリーマン』(プレジデント社)や『一流の人はなぜそこまで◯◯にこだわるのか?』(クロスメディア・パブリッシング)のシリーズが共に10万部超のベストセラーに。2012 年に独立。複数の事業経営や投資活動の傍ら、「お金・時間・場所」に自由なサラリーマンの育成にも力を注ぐ。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)