ドナルド・トランプ氏のもっとも有名な言葉のひとつに「Think Big」がある。「大きく考えろ」ということだ。「でっかく考えろ」と意訳したほうがイメージ的にぴったりかもしれない。

でっかく考えた結果、トランプ氏はビルだけでなく自分の名前をつけたホテルやゴルフ場等の大きな不動産を所有している。まさに不動産王という資産規模だが、実は不動産投資の世界では数千万円の物件も億単位の物件も、投資するためにやる作業はあまりかわらない。

数千万の物件も数十億の物件も、物件情報やオファーを得て、デューデリジェンスという評価作業を行って、資金調達して、購入するまでの流れは数千万円の物件も億単位の物件もほぼ同じだ。

仮に、事業計画として資産規模を100億円にしたい計画の場合、
1億円の物件を購入していくと、100回の不動産取引を行う必要がある。しかし、100億の物件なら1回の取引だけでそれが可能になる。やることが同じなら、大きい方が良いという考え方は、そういう意味でも効率的だ。

「Think Big」な投資家が取引でトクする理由

不動産投資,トランプ
(写真=PIXTA)

もう一点、大切な事だが、不動産取引は原則同じ物件は存在しない一点モノだということだ。よい物件は当然競合が現れて奪い合いになる。しかし、金額というハードルが上がると、購入できる人が自然淘汰され、競合が少なくなる大きなメリットがある。

場合によっては、Think Bigな投資家にはその投資金額規模から、
水面下で最初に良いオファーがくることもある。多くの人が集まる価格帯から抜け出ることができれば、競合が少ない限られた世界に入って、良い話を得やすくなるということだ。

そして、不動産の取引金額が大きくなれば、関係者全員にとって案件としての重要度も当然大きくなる。関係者の利益も不動産取引金額に比例して大きくなり、関係者全員の目が$$マークになってしまう程の重要案件になるということだ。

たとえば、購入資を融資する銀行はどうだろう? 1億円の案件より数十億、数百億の案件は、その取引を成功させることができるかどうかでその年の業績に影響を及ぼしてしまう案件となってしまうのだ。この取引を成功させたいと関係者全員が考えて協力してくれるのは当然なのだ。

「心理的な金額の壁」という見えないゴーストを払拭する

では、なぜトランプ氏は「Think Big」をわざわざ強調しているのか? もう少し一般的に考えてみよう。それは、そう考えることができない人が大勢いるからだ。

不動産投資は個人法人にかぎらず最終判断は人が行う。人が行うことの裏には必ず心理や感情が影響する。

私は、講演会等で「心理的な金額の壁」と名付けて説明しているが、10億円の投資ができる余力を持つ人が億単位の心理的壁というゴーストにおびえてしまって、その手前の金額で自らにブレーキをかけてしまうことが多々ある。そのゴーストは自らが頭の中で作り出したゴーストなのにそれには気がつかず感情が先行してしまう。

ゴーストを消し去り、でっかく考えるほうが、簡単にうまくいくケースがある。だから、「Think Big」とトランプ氏は言っているのだ。

さて、もう一点、同じ不動産投資家として不動産を売却する場合はどうだろうか? ここでも「Think Big」は当てはまる。同じ利益率なら金額が大きいほうが儲かるという結果になるからだ。

単純計算すると一番わかりやすい。もし、1億の物件と100億の物件同じ10%の利益で売却した場合、10億円の物件の利益は1億円、100億の場合は10億円儲かったことになる。

損した時の影響も大きい

最後にThink Bigのネガティブ要素を考えてみよう。

Think Bigで行動した場合のネガティブ要素は状況がポジティブではなく、ネガティブに振れた場合、マイナス幅もBigになるということだ。1億の物件と100億の物件同じ10%のマイナスで売却した場合、
10億は1億円、100億の場合は10億円損したことになる。そして、この損は、銀行を含めた関係者全員で共有することになる。その関係者の数もやはりBigなのだ。

アメリカと日本ではビジネスを取り巻く社会状況少し違うがもし、ネガティブに振れたら、そこから学んで再チャレンジをすることがしやすいのはアメリカだ。実際にトランプ氏はそれを実行している。

黒木陽斗(くろきはると)
投資家。米国大学卒後、一部上場大手企業を経て、シリコンバレーのベンチャー企業へ転職。ヘッドハントで6社以上の会社を渡り歩き、起業家など多くのビジネスエリートたちと接する中で、共通する考え方や習慣に気付く。それを不動産投資に応用して成功させる。現在は、一棟マンション、区分不動産、駐車場を複数所有するに至る。著書に『金持ちリタイア・貧乏リタイア〜社長より稼ぐサラリーマン大家の不動産投資術〜(ぱる出版)』、『シリコンバレーのビジネスエリートたちが実践する 使っても減らない5つのお金のルール(扶桑社)』がある。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)