日本の漫画『攻殻機動隊』が原作の映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」。公開中のこの映画では、ほぼ全身を機械化(義体化)したサイボーグの主人公が「自分は何者か」を自問する。

最近、「AIが人間を超える」といった主張やシンギュラリティーが声高に叫ばれるようになった。Siriやチャットボットなどと接するにつけ、AIを人間らしく感じることはないだろうか。そこで「人間とAIの違いは何か」、さらには「AIは意識を持てるのか」という疑問が頭をもたげ、ついには「人間はどうあるべきか」「人間とは一体何か」という根源的な命題に行き着く。

AIはフィンテックをはじめあらゆる分野で研究・活用が進んでおり、技術者でなくともその理解は欠かせない。最近、『文系人間のための「AI」論』(小学館新書)を上梓した早稲田大学の高橋透教授は、サイボーグの研究者であり哲学者だ。高橋教授に刊行の狙いと映画をどう見たかをうかがった。(聞き手=濱田 優 ZUU online編集長)(文中敬称略)

AI,人工知能,映画,アニメ
(写真=濱田 優)

高橋透(たかはし・とおる)
1963年東京生まれ。早稲田大学文化構想学部教授。ニーチェ、デリダなどの現代西洋哲学研究をへて、サイボーグ技術、ロボット工学といった先端テクノロジーと人間存在とのかかわりをめぐる哲学研究にも取り組む。著書に『サイボーグ・エシックス』『サイボーグ・フィロソフィー』などがある。

映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」
1989年に士郎正宗氏が発表した日本の漫画『攻殻機動隊』が原作の映画(ルパート・サンダース監督)。「攻殻機動隊」の舞台は21世紀の日本。脳の神経回路に素子(デバイス)を直接接続する「電脳」技術や、手足にロボット技術を加え人間をサイボーグ化する「義体化」が普及した社会が舞台。そんな近未来社会でサイバー犯罪などと戦う内務省直属の公安警察組織「公安9課」(攻殻機動隊)の活躍を描く。1995年に劇場版アニメ映画「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」(押井守監督)、2002年にテレビアニメ「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」(神山健治監督)が公開。2013−14年には「攻殻機動隊 ARISE」(黄瀬和哉総監督)が公開されている。

なぜ哲学専攻でサイボーグを研究するのか/「AI彼女」に対する学生の反応は?

——今春、書籍『文系人間のための「AI」論』を出版されましたが、その狙いは?

僕自身はサイボーグを研究してきてAIのことは知っていましたが、いわゆる第二世代までのAIはまだまだで、哲学を専攻する者として「人間とは何か」を研究するとき、少し前まではAIよりもサイボーグのほうが適していたんです。

ただ最近、AIやディープラーニングについての記事がWebや新聞、雑誌で目につくようになりました。そこで特に強調されているのは常に、「人間が仕事を奪われる」というような話、AlphaGoの話から始まって「既にAIが人間をしのいでる」という点ばかりです。

そうした論壇やジャーナリズムの動きも見るうち、またディープラーニングの成果があがってきている中で、これはサイボーグとの関連で論じていくべきだと考えだしたんです。

——執筆で大変だったところは?

イメージはあったんですがなかなか考えがまとまらなかったことですね。ポストヒューマンの問題も書かざるをえないとなったとき、そこのところは整理できていなかったので。

乗り越えられたのは、脳の可塑性、プラスティシティー(plasticity)っていう問題意識で貫こうと決めたからですね。脳の可塑性とは、環境や状況の変化に応じて、脳内のニューロンの配線を変えて柔軟に対応することができるという、人間の脳に備わった能力のことです。これは特に人間の脳の特徴を表しています。こうした可塑性があることで、人間は新しい局面に対応し、自分自身を新しいものへと変えることが起こりえると。つまり、畢竟、人間は自分自身を変容させて、ポストヒューマンに発展する可能性を宿しているということです。こうした議論のために、本書では脳の可塑性という考え方をDNAレベルにまで拡張して論じているのですが。

——AIというとフィンテックや金融工学など、数学とか理系の話のように感じます。そもそも文学学術院にいらっしゃる先生がサイボーグの研究を?

イギリスのレディング大学にサイバネティックス研究者のケビン・ウォリックという教授がいます。彼は1998年に左手に改造手術をしてシリコンチップ(RFIDタグ)を埋め込み、センサーを神経につなぐ実験をした人で、「自分自身がプロトタイプのサイボーグだ」と言っているんです。彼は2000年くらいに出した本で、「人間はそのうちAIに抜かされるかもしれないから、人間をサイボーグ化すべきである」というようなことを言ってますね。

当時私が読んだときは、「まだ今のAIでは無理では?」と思いましたが、このところのAIの進化は急速で、サイボーグとAIの両方を考えないといけないと思うに至りました。

そもそも私はドイツ文学専攻の出身で、ニーチェの研究なんかをしていたんです。それで大学に職を得たころに『メディア人間——コミュニケーション革命の構造』(中野収著、勁草書房、1997年)という本を読んだんですが、そこには「最近の若い世代はソニーのウォークマンなどのデジタル機器で武装している」というようなことが書かれていた。

そのとき、デジタル世代がそれまでの世代とはまったく違う生き方をするのだろうなと想像して、人間はどうなるのだろうかといった考えが浮かんだわけです。そこで初めて、テクノロジーを身にまとう人間像というものを分析したいと考えました。それを突き進めた先にサイボーグが当然あるわけです。

哲学の一つ大きな問題として、「人間とは何か」ということがあります。たとえば以前は、機械と人間は違う、動物と人間は違うというような形で論じてくることができましたが、今は人間が機械と融合するとか、あるいはDNAレベルで動物とも融合する可能性についても考えなきゃいけなくなっている。そういったことも含めて「人間とは何なのか」「私たちはどこへ行こうとしているのか」を哲学者として問わなければいけないだろうと。

ある意味時代の必然として、自分がやってきた哲学の専門を拡張しただけなんです。

——本書でも紹介されている映画「her/世界でひとつの彼女」「エクス・マキナ」も観まして、AIと恋愛、より正確にいうとAGI(汎用人工知能)と恋愛できるかということについて考えました。もし子どもを作らないなら、恋愛相手が人間である必要はないのかもしれませんね。AGIとの恋愛という話を先生が学生にした場合、学生の反応はどうですか?

大きく分けると、学生にはいわゆる“リア充”の子とそうでない子がいますから、そこで反応は別れます。今僕のゼミの学生たちはリア充系の子が多いので、AGIと恋愛という話をすると、「なんで?」って顔をする。以前はゼミや授業でアニメやサブカルを取り上げていたんですが、その学生は、別に違和感は覚えてない感じでした。「普通じゃん」って。

——二次元と付き合うとか「俺の嫁」みたいなことですね。

そうです。ゼミ論というのを、ゼミを2年やった後に書かせるんですが、ある学生が美少女キャラとデートするということをやったんですね。たとえばクリスマスにキャラの写真を持って横浜・みなとみらいの観覧車に一緒に乗ってみたり、自分もキャラになってコスプレしたり、下宿から大学まで来たりして人の反応を観察、研究した学生もいました。

ちょうどその頃「ラブプラス」(コナミデジタルエンタテインメントの恋愛シミュレーションゲーム。それまでの同タイプのゲームが『彼女になるまで』を楽しむものだったが、本作は『彼女になってから』を楽しむことが特徴)がはやった頃で、ある大学の大学院生がキャラクターと結婚式まで挙げちゃったって話もありました。だからそういったことを受け入れる余地があることは予想がついていたので、僕自身さほど不思議じゃありませんでした。

『マル激トーク・オン・ディマンド』というネット番組で映画「her」をめぐってジャーナリストの神保哲生氏と社会学者の宮台真司氏が論じていますが、AIだともっと繊細に自分に向き合って、付き合ってくれるような可能性も出てくるでしょう。単なる二次元キャラをもっと超えて、場合によってはAIのほうがより人間らしく感じるようなことだってあるかもしれない。

AIには実体がありませんが、ペッパーのようなロボットも生まれていて、一昔前ですとソニーのAIBOのお葬式の様子なんかを見ていると、もう機械に感情移入しても別におかしくない。それがAI搭載になりさらに精度が上がり、見た目も人間や動物に近づいてくれば、こうした傾向の拍車はかかるでしょう。

荒巻のセリフを聞いて「これはこれまでの攻殻とは違う」と感じた

(C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.
(C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.

——機械の犬なら充電が続く限り死にませんから、喪失の悲しみはないですね。ところで先生は授業で「攻殻機動隊」についても取り上げているそうですが、4月公開の映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」(ルパート・サンダース監督)はどうご覧になりましたか。

ちょっと複雑な気分になりましたね。あくまでも映画館で観ただけの僕の記憶に基づいた話ですが、今回の実写は、個人がどうやってゴーストとか魂とか呼ばれているものを、個人として、個として確立するのかという点にベクトルは向いています。

今まで日本で作られたいくつかの攻殻では、むしろそれは融合していく、全体では個同士の区別はなくなっていくというほうを向いていました。

たとえば原作の士郎正宗は2.0(攻殻機動隊2.0)の最後のところで、宇宙と融合するみたいな話まで行ってしまう。押井さんもそういうところありますね。

今回の実写は、融合はせず、機械を抱え込みつつも個としては切り離された存在でい続けようとしている。ある種二重人格、多重人格のような格好ですが、そのなかで自分というものを維持するにはどうしたらいいのか、という解釈をしようとしている。

——日本人的な感覚かもしれませんが、「ひとつになっていく」というのは非常に分かるんですが、どうしてなんでしょう。宗教的な背景、人間に対する定義や理解の違いがそういうところに表れてきているのでしょうか。

やっぱりそう考えるべきだと思いますよね。たとえば押井の場合は、ネットの世界を八百万の神との類比で描写していると思うんですね。要するに偏在しているから、いろんなところに七変化的に表れてOKだと。そういう意味で、変容していく関係性みたいなものに彼は眼差しを向けている。

それに対して今回の実写のような、個人という存在、一人ひとりに重みがあるというがあるのは、やはり近代人の個の確立以降の考え方が影響していますよね。究極的には機械と人間が入り混じる、あるいは人格が多重人格化してしまうということと、どう折り合いをつけたらいいのかっていうのがたぶん、今回の作品のテーマにもなっている。

——今回の作品で、そういう考えが表れているシーンや設定で、ここが押井さんのGITSをはじめとする日本生まれの攻殻との違いを象徴していると思われた場面や設定がありますか。

最初にビートたけしが演じた荒巻が、個として存在することが美徳とか美しいとかっていうセリフを発します。その台詞聞いて、これは全然違う攻殻の解釈だなって思いましたね。

——個性が美徳とされてはじめて安らぎを得るとかっていうセリフですよね。私も映画館の暗闇の中で「個性が美徳」とメモしました(笑)。

それをもう少し詳しくしたようなことを、終わり際に少佐が言っていたと思います。

彼女は元・草薙素子なわけです。自分の素性が分かって素子の墓に行き、母親ともう一回再会する。あのシーンでは、「もうここに来ることはないだろう」「私は草薙素子だったという事実を記憶のなかには留めるかもしれないけれども固執しない」という意思が感じられました。

この映画では、人間は何をするかによって価値が決まるというセリフが出てきます。そこには、未来に向かって変容しながら生きていくんだという明確な意志が感じられます。

クゼ(映画に登場するキャラクター)がネットの、集団のなかに行こうとするのに対して、少佐=素子は誘いを断って人間側に留まります。これは字幕訳が正しければですが、素子→彼女は「今はまだ行けない」というような、そういう言い方をしていたと思います。「まだ行けない」。完全に行くつもりがないと言ってるんじゃなくて、将来ひょっとしたら行くのかもしれないというニュアンスは感じましたね。

いずれにしても人間のレベルに、此岸に留まるんだと。共同体というか社会というか、この現実の社会にとどまるという感覚は、ネットに融合しようとする押井攻殻よりも神山攻殻のほうに近いなと感じましたね。

ただ神山健治も、先のところではみんなが融合してるという像がある。そこでどうやって全体と個を折り合いをつけていくのかということが特徴だったと思います。

今回の実写はそこともまた違って、個のなかでどうやって多重性、あるいは機械との融合みたいなのを解消するのかという話だったかと思いますね。

AIとサイボーグの関係とは/既に「人形使い」の研究は行われている

——解釈は解釈としてエンターテイメント作品としてどうご覧になりましたか。

サイボーグの技術については著作でも紹介してますが、それを踏まえていうと、本作に描かれていることは決して単なる作り物のSFの話じゃないなと思いましたね。

今回の作品で少佐=素子が「私みたいな人間がこれから増えていくんだ」というような話をしてますが、サイボーグ化はこれから人間のトレンドになると訴えている。おそらくこの問題はみんなが直面することになるでしょう。

私たち人間はみんな生物性を抱えた個体として存在して、それを前提に社会や制度がすべて成立しているわけですね。だけどそれがいきなり違うということになれば、「私って何?」「存在意義は何なの」ということになる。

たとえ人間が機械と融合するようになっても、悩み続ける問題だろうなと。サイボーグ化の途中で、必ず私たちが直面する問題を、その過程を描いているのかなっていうのが僕なりの推理です。

——生物性というのは死んでしまうということも含めてですか?

含めてです。死ぬからこそ限界があるし、死ぬときは一人で死ぬ。その意味では現行の人間は個体として存在しています。

とにかく私たちはそういう生物デザインになっている。サイボーグ化とはそれを根底から揺さぶって、ほかのところに連れていこうとしているということなんです。

——サイボーグ化する、生物性を失っていくということは、ユニークネス、ほかとの違いがなくなってくるということですか?

要するにつながっちゃうわけですから。つながってしまえば、どこまでが自分なのかと。

——全体であり、個でもあると。

そうです。それが士郎にせよ、押井にせよ神山にせよ、どこかには必ず抱え込んで、それをある程度前面に出そうとしてたと思うんです。

ただ今回の実写はその側面から見ると、それをもっと個体からはみださせず、なんとかしてそれを個体のなかで解消しようとしている。そんなイメージがあります。

——神山さんのTVシリーズ「STAND ALONE COMPLEX」ではゴーストダビングというものが出ます。私はゴーストの存在こそが個を識別するものと考えていましたが、ゴーストがダビングできるとなると、自分が自分であるということが、証明ができなくなるのではという疑問がありました。

ゴーストが全体に広がっていくのではなく、個人個人がゴーストを持っているという考え方は、ある意味非常に近代人的です。個人主義というのか、いろんな呼び方あると思いますが。

最近あらためて押井版を観たんですね。それで僕は数年前まで「人形使い」(原作の攻殻機動隊に登場する。他人の電脳をゴーストハックして人形のように操るためこう呼ばれる、国際手配中のすご腕ハッカー。実際は自身を「生命体」と自称するプログラム)について「単なるSF」と思っていた。学生にも「AIがAIとして生まれてそれが生命体になるなんてことは、これはちょっとまだまだ、少なくとも今のレベルじゃ考えられないんじゃないの?」って話をしていたんです。

でも今ではAIをアーティフィシャル ライフ(人工生命)と結びつけた研究が既になされています。これって要するに「人形使い」の話なわけです。人形使いは素子に「私たちは人間の鏡である」というふうに言いますが、サイボーグとAIもまさに合わせ鏡のような関係。なぜならサイボーグは人間が機械を取り込み、機械と融合していくベクトル。これに対しAIは機械による人間の知性の真似から出発しているため、機械が人間を取り込むというベクトルだからです。

「AI」は意識を持てるのか?

takahashi002

——数年で大きく状況は変わっていますね。人間の脳の機能の一部をシミュレートする現行のAIと、人間の脳機能全般のシミュレートを目指すAGI(汎用AI)は似たようで大きく違っています。ただSFだと思っていたことが本当になるのか、まだ信じきれない部分があります。

僕の本のスタンスは技術予測ではなく、人間があらゆる面倒くさいことをやる理由を「欲望」という切り口で考えてみようということです。

「いつ実現するのか」という問題設定だけでは、たぶんずっとそれの繰り返しなんです。たとえば100年たっても同じ問いをずっと発することになる。技術予測は非常に重要なので、決して軽んじるつもりはないですが、なぜそんなことを私たちはしたがるのかということを問題にしたほうが、もやもやしている部分を解決することに貢献できると思うんですね。

——ずっと先について考えたとき、AIが人間を超え、支配されるというネガティブな見方がある一方で、最終的には人間とは違ってできないこともあるから、役割を分けてやっていけるという考え方があります。

将来の話だと思いますが、AIが自分を自己再生できるようになったら——AGIはそれを目指してるわけですが——そういうことになると、完全にひとり歩きするでしょう。

そうするとどうなるか分からないことが多すぎます。その意味でも、私たちと機械の関係を構築、維持するのかという問題は今後真剣に考えなければいけません。

——「人形使い」のようにAIが意識を持つようになることはあるのでしょうか?

個が個であるためには自己反省が必要です。哲学的には反照といいます。自分が自分であるということを考えられなきゃいけない。

デカルトは「我思うゆえに我あり」と言いましたが、それはまさに自分が自分を対象化して、反省して眺めてみることができるというのが、意識の大きい特徴のひとつです。

——反照や反省はコンピュータにはできないっていうことでしょうか。

それができると言っているのがレイ・カーツワイルですね。正直なところ、めぐりめぐってまだよく分からない。僕のなかでもまだ課題です。なんとかできるようになるんだろうと漠然と思ってはいますが。

——投資や経済、ビジネスの分野でのAI活用はどうでしょうか。

ヘッジファンドなどが昔からやっている高速取引なんかはもう人間のトレーダーはかなわないわけです。さらにAIは膨大な過去のデータを処理するのは得意なわけで、相場を読めるようにもなるでしょう。少なくとも人間よりもうまくいくのではないでしょうか。

経済という点からいうと、本書ではサイボーグエコノミーと名づけている、サイボーグ時代の経済について論じています。脳内物質やドーパミンがどこまで正確に測れるかまだまだ分からないですが、そういったものに着目して神経経済学で研究が進んでいます。

たとえば商品やサービスを提供するとき、今のところはまだ「モノ」を媒介して値段を表示したり、自分がどれだけ欲しいかを伝えたりしているわけです。

実際の自分の精神的、身体的な満足度が計測できるようになれば、そっちが経済や交流の基盤になるかもしれません。今までみたいに、製造業に依拠してた経済のあり方から、もっとバーチャルな世界に経済の基盤が移っていくのではないかなと思います。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)