テクノロジー分野で大成功をおさめた「テック・セレブリティー」の食生活は、ビジネスほどの大成功を収めていないようだ。

昼食の定番メニューはビッグマックとダイエット・コークというビル・ゲイツ氏、朝の食卓にマーズバーとコーヒーを並べてしまうイーロン・マスク氏。そしてシリコンバレーのエリート間では、極端に糖質を制限し高脂質の食生活に切り替える「ケトン食療法」が、大流行中だという。

ダイエット・コークなしでは生きれない?ゲイツ氏とマスク氏

ダイエット,食生活,健康,米国
(写真=Thinkstock/Getty Images)

Microsoftの創設者であり、世界一の大富豪でもあるビル・ゲイツ氏だが、「会議中にもビッグマックを食べ、宿泊先のホテルにはダイエットコークを常備しておくよう要求する」ことが、ビル&メリンダ・ゲイツ財団のマネージング・ダイレクター、ジョー・セレル氏の証言 から明らかになっている。

どうやら家では夫人に大好きなマックを禁じられているため、「ランチを共にするたびにハンバーガーを食べている」そうだ。

テスラ、スペースXという二大巨大企業を築きあげたイーロン・マスク氏 も、ダイエット・コークなしでは生きられない一人だ。朝食のマーズバー(チョコバー)とコーヒーに罪悪感を感じつつ、ついつい脂っこくて栄養素の低い食べ物に手をだしてしまう(labshape.com情報)。

ジョブス氏は単品ダイエット アインシュタイン博士は高たんぱく質療法