◆ココがポイント!

・投資の利益には税金がかかる。
・投資商品によっては、確定申告が不要なものと必要なものがある。
・税金は、原則として20・315%と覚えておくとわかりやすい。

投資,税金
(出所=『必ず知っておきたいお金の貯め方・使い方オールカラー』)

株取引をするための口座には、特定口座と一般口座があり、「源泉徴収なしの特定口座」と「一般口座」は、確定申告が必要になる。

投資の利益には税金がかかる

投資で得た利益には、税金がかかることを覚えておきましょう。投資で得られる利益には、大きく分けて2つあります。ひとつが、株式や投資信託の売買で得られる譲渡益(売却益)です。

もうひとつが、株式などを保持していることにより企業が利益の一部を株主に還元する配当金や、投資信託で得られる分配金です。

譲渡益(売却益)や配当金・分配金には、20・315%(所得税15・315%、住民税5%)の税金がかかります。確定申告が必要な場合と、不要な場合とがあります

◆知っ得!情報

扶ふ養よう家族が資産運用する際の注意点とは?
所得税や社会保険などの面で優遇を受けており、世帯主の扶養から外れては困る家族(専業主婦など)が資産運用をするときは「源泉分離課税」が使える投資を選ぶのがコツだ。

投資,税金
(出所=『必ず知っておきたいお金の貯め方・使い方オールカラー』)

◆損失が出た場合も確定申告をすれば節税になる

株式投資や投資信託などで、1年間を通じて損失が出た場合には、確定申告をすることで最大3年間の損失の繰越をすることができる。つまり、翌年以降3年間は、利益が出ても繰り越した損失分を引くことによって、課税対象額が減り、支払う税額を減らすことができる。これを「損失の繰越控除」という。

◆KeyWord

スワップポイント
外貨預金の利息のこと。FXは低金利の通貨を売り、高金利の通貨を買うことで、その利息を受けることができる。逆に、高金利の通貨を売って低金利の通貨を買うと支払いが生じる。

(※本記事は『 必ず知っておきたいお金の貯め方・使い方オールカラー 』(2016年10月20日発行/岡崎充輝監修/西東社)より抜粋して制作しています)

(画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)
(クリックするとAmazon.co.jpのページに飛びます)

【編集部のオススメ記事】 ・2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)

【あわせて読みたい 「資産運用」記事】
FJネクスト資産運用型マンションに特化、経営の効率性や優位性をさらに高める
消費者の35%「資産運用を考えたことがない」
退職金の運用方法って何があるのか?
おすすめの資産運用法とは?初心者が押さえたい資産運用のメリットデメリット
NISAで考えよう〜20代から始める資産運用その3〜 10年で500万!100万円の枠を使った資産形成