中国の各地方紙が新華社による大学生の起業を分析する記事を掲載した。それは次のように始まる。「近年、大学生の起業に関する論議が絶えない。麦可思研究院の発表した『2017年中国大学生就業報告』(以下報告)によると、ここ3年就業した大学生うちが自ら起業した者は3%に近い。今年の創業大学生数は20万人を超えている」--。以下詳しく見ていこう。

OFOと餓了麼の大成功

中国経済,起業,
(画像=ofo Webサイトより)

大学生が創業して、市場価値10億ドル以上となったモンスター企業は不断に出現している。シェアサイクルの「Ofo」、フードデリバリーサービスの「餓了麼」(ele.me)などである。

2017年3月、社会の関心を一身に集める北京のシェアサイクル最大手Ofoは、31億元(約500億円)の融資をまとめたと発表した。このとき同社はまだ設立後やっと3年たったばかりである。このような成長速度は世界にも例を見ない。さらに信じがたいのは、同社の創業者が2013年北京大学を卒業したばかりの90后だったことである。

一方北京から1000キロ以上離れたもう一つの巨大都市・上海では、上海交通大学の卒業生が、数年の時間をかけて数百万の中国人の飲食習慣を変えることにに成功していた。2009年創業のフードデリバリーサービス「餓了麼」である。こちらもテンセント、アリババ、滴滴出行など錚々たるメンバーから巨額融資を引き出している。

90后の創業大学生たち

報告によれば、ここ6年で大学卒業即起業というパターンは、2011年の1.6%から上昇を続け、2017年は3.0%になっている。これは795万の卒業生のうち20万人以上が起業したことになる。また90%を超える学生が機会さえあれば起業したいとしている。

起業者たちの73.16%は在学中、成績上位30%のランクに入っている。また76.20%は学生幹部の経歴があり、65.70%には仕事の経験がある。そして21.42%は共産党員だった。このように創業者たちは、みな活動的で素質が高いエリートたちだ。

彼らは標準的な就職を拒絶し、人生により大きな自由を求めた。これは大学生起業者たちの変わらぬ心情である。

またこれまで90后たちの多くは、500強企業など有名大企業への就職を希望していた。こうした大企業に入った有能な人たちからも、起業を選ぶ人たちが増えている。例えば北京大学を卒業したS君は、高給の金融機関を辞職し、友人とともに中古車金融のサイトを立ち上げた。当初の収入は大きく減少した。しかし彼は「創業者の呼吸する空気はまったく違う」と納得している。またこうした気迫をもつ90后たちの背後には、60年代、70年代生まれの父母による物心両面の支援がある。

90%以上は失敗、しかし起業せよ

インターネットは、大学生の起業に巨大な契機を与えている。“インターネット+”の特質は、相互のつながりと伝統業種の改革力だ。これらは当代の大学生の成長とともにあった。

教育部(文部科学省に相当)国家発展改革委員会(経済産業省に相当)などの主催により現在、「第三回インターネット+大学生創新創業大会」が全国各地で進行中だ。昨年の第二回では2110の学校から参加者があり、アイデアは11万、参加人数は50万人に及んだ。

大学生の創業を発展させるには、国家や地方政府のサポートが不可欠だ。実際に各地で競うように、創業ローンの貸与や利子補給等が行われている。しかし注意しなければならないのは、起業の90%以上は失敗するという現実だ。夢だけでなく、困難を乗り越え、挑戦を続ける心が重要と呼び掛けている。

ともあれ全体としては挑戦を推奨する積極的な文面になっている。さらに中国は、個人メンタルの強さ、金融手法の多彩さから、再チャレンジの効く社会でもある。日本も創業融資や補助金、クラウドファンディングの充実を通じて、より一層の起業を促すべきだろう。(高野悠介、中国貿易コンサルタント)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)