特集「財務諸表」の読み方 特集「保険」 広告特集「M&A/事業承継」 特集「本を読む。」 DC特集
欧米
Written by アラン琴子 29記事

米国では低迷

マック、中国の店舗数を2倍にーー2020年まで

マクドナルドが2022年までに、中国で店舗数を現在の2倍に増やす。4500軒を目標としており、同社にとっては米国に次ぐ世界2位の市場、日本を超えるハンバーガー大国への成長を期待している。

本国での売上低迷が中国市場拡大を狙う理由だと報じられている。同様の動きがファストフード産業のライバル間で見られるが、ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)やピザハットを傘下に置く老舗ヤム・ブランズなどは、近年苦戦を強いられている。

中国の小規模な都市を中心に店舗を増やす計画

マクドナルド,中国,ファストフード
(写真=Thinkstock/GettyImages)

ABCニュースの報道によると、現在マクドナルドは中国で2500店舗を運営している。新店舗は石家荘市や汕頭市など、小さめの都市を中心に展開する。また75%の店舗で宅配サービスを予定している。

同社は2017年に入り、中国国有のコングロマリットCITICリミテッド(中国中心)などに、中国本土および香港事業の企業支配権を売却した(ブルームバーグより )。

世界中に3万7000店舗、米国には1万4000店舗を有するマクドナルドだが、本国では売上が落ち込んでいる。対照的に中国や日本、英国、一部の南米地域では好調で、16年第4四半期の国際売上は2.7%増を記録した 。

需要の高い地域での事業を拡大する戦略で、巻き返しを図る。

中国ファストフード市場シェア1位のヤム・ブランズを追い抜けるか?

中国で急激に増加した中間所得層をターゲットに絞っている企業は、ほかにも多数ある。
同じく米国の人気コーヒーチェーン、スターバックスは、2021年までに中国での店舗を2300軒から5000軒に増やす計画に着手している。

同社の既存店売上高は、17年から世界的にアナリストの予想を下回っている(CNBCより )。低調を機に中国市場拡大への圧力が高まり、中国東部のベンチャー事業の未保有株を13億ドルで取得するなど、精力的に方向転換を図っている。

一方中国進出から30年が経過したヤム・ブランズは、現在苦戦を強いられている。中国ブランドとの激戦に敗れ、7500店舗を分離せざるを得ない状況に追い込まれた(BBCより )。

スターバックス同様、マクドナルドの中国市場拡大が、どこまで持続するか現時点では予想がつかない。

15年の中国ファストフード市場シェアはヤム・ブランズが圧倒的な強さを誇り、マクドナルドに2倍の差をつけている(ユーロ・モニター調査 )。ヤム・ブランズが失速した今、マクドナルドにチャンスが訪れるかは、中国の消費者に力強くアピール出来る戦略次第といったところだろうか。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)

【編集部のオススメ記事】
「個人の財務諸表」の考え方!プロから学ぶ改善術とは?(PR)
「メルカリ上場」と日経が報道、時価総額1000億円超のユニコーン企業
スキンケアが武器に!?ビジネスにおいての5つのメリット(PR)
100万円で79万円儲かる?「究極の」資産運用術とは
株初心者はどこで口座開設してる?ネット証券ランキング(PR)

マック、中国の店舗数を2倍にーー2020年まで
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 人気海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」製作費は1話1000...
NEXT ディズニー、Netflixとの契約終了 独自のストリーミングサー...