夏の株式市場には「夏の閑散相場」もしくは「夏枯れ相場」といったアノマリーと呼ばれる株価の動きの傾向がある。いわゆる夏場の株価はこう着状態に陥るというものだ。

そこから「閑散に売りなし」という格言も生まれるなど夏場は投資家にとっては取引しにくい相場になると証券業界では考えられている。そのような夏場のなかでも市場が最も閑散とするのがお盆だと言われている。

お盆期間は証券会社の営業員やディーラーなども閑散のなかでも仕事をする必要があるが、取引するにしてもどことなく熱気がない状態になりがちだ。過去3年のお盆時期の相場状況を確認すると同時に今夏のリスクを確認しておきたい。

過去の盆時期の株価の動きを振り返り

夏相場,閑散相場,夏枯れ
(写真=PIXTA)

ここで過去3期の8月2週目の日経平均株価の動きを確認しておこう。

2014年8月:始値15474.65、終値14788.37(686.28円下落)
2015年8月:始値20618.31、終値20519.45(98.86円下落)
2016年8月:始値16462.29、終値16919.92(457.63円上昇)

株価だけをみると膠着どころか結構動いているという印象だ。しかし、実際に相場に対峙するとビックリするほど相場の動きが静まっていることが感じられる。

特に2015年にはお盆の週の後、チャイナショックが生じたことは記憶に新しい。チャイナショック後には株価も2万円から1万6000円付近まで調整を強いられるなど投資家にとってはきつい夏相場であった。

なお、お盆週とその後の夏場が過ぎると株価は10月に向けて大きく動く場合が多い。これはアノマリーの一種であるが、8月から10月までの安い場面で仕込み、12月の年末に売ると高パフォーマンスが出るという話も一部ある。

相場は高値圏にあり、地政学的なリスクは大きい

一方、現在日経平均株価は高値圏で膠着している状態だと見て良い。昨年からのトランプ相場により株価も上昇して一時は2万円を回復したものの、その後は安倍政権の不調やトランプ相場の行き詰まり感によって円高と同時に株価も上値が重い展開となっている。

そこへきて、今回の北朝鮮問題が大きく再燃しているところが市場の心配事となっている。

発端は8月9日に北朝鮮が中距離弾道ミサイルの「火星12」をグアム周辺に向けて発射する作戦を慎重に検討していると伝えたところから始まった。トランプ政権への牽制の意味合いもこもっていると捉えられているが、先日にはミサイルの経路に日本の中国地方、四国地方が含まれていることが伝えられ、リスクが本格的になってきているのだ。

改めて考えてみると、今年の2月から話題にのぼることが多かった北朝鮮問題もここまで具体化されたのは初めてのことなので、株式市場的には今夏の最大のリスクととって良い。

リアルタイムな話で恐縮だが、祝日(山の日)後の日経平均株価先物の終値も前日比に対して、マイナス360円と大幅な下げで終了している。実際にミサイルが放たれた場合には、下落の幅はこの比ではないと予想されるが、市場が相当警戒感を持っていることがわかる。

このように、本来お盆の時期は夏枯れで膠着する傾向は有っても、その他のリスクが生じる場合には全く関係がなくなるので、連休前には投資家の持ち高調整(ポジション調整)も多かったようだ。

賢い投資家に多いポジション調整とは

先行きが見通せない場合や比較的長めの休み期間に入る時には、一部の投資家によって「ポジション調整の売り」が行われる場合がある。

これは、あえて下落のリスクを負ってまで株を保有する期間でないと投資家が判断した場合、手持ちの株式を売却して現金化することを指す。そして、休み期間が無事通過したなら再び株を買い戻してポジションを元に戻すのだ。

一般に閑散期は上値が買われにくいので株価が上がる可能性は低いと考える投資家が多く、ポジション調整の売りは起きやすい現象と言える。当然の事ながら、無理をしてでも株を持つ理由などどこにもないのである。

無理に取引する必要はなし

特に欲しい株がないのであれば、お盆時期に無理に取引する必要はない。よほどの好材料が生じない限りは相場が大きく上昇することはないので、今は様子見姿勢を保つのが賢明と言えそうだ。

逆にお盆時期とその前後で何かしら大きな下落がある場合には、押し目買いの好機と見ることもできるので、無理のない量で株を購入してみても良いだろう。

ただし今回の北朝鮮問題に絡む地政学的が本格的に開始された場合には、2年前のチャイナショック同様、夏場の大きな売り崩しへと発展することが十分考えられる。数ヶ月以上の中期的な株価調整を強いられる場合もあるので、その点は注意しておきたいところだ。

谷山歩(たにやま あゆみ)
早稲田大学法学部を卒業後、証券会社にてディーリング業務に従事。Yahoo!ファイナンスにてコラムニストとしても活動。日経BP社の「日本の億万投資家名鑑」などでも掲載されるなど個人投資家としても活動中。個人ブログ「インカムライフ.com」。著書に「超優待投資・草食編」がある

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)