インドの専門家の9割以上が「常に転職の機会に興味を示している」ほか、最大の転職理由は「より高額な報酬」であることなどが、Linkedinの調査で分かった。

人材獲得競争が繰り広げられる中、優秀な人材を確保・維持したい企業にとっては、強力な流出防止策が必須となりそうだ。

「興味を満たすチャンス」が転職意欲を煽る

転職,人材,リクルート
(写真=Thinkstock/Getty Images)

調査結果について報じたエコノミック・タイムズ紙によると、調査は2017年4月、インドの専門家539人を対象に行われた。ここでいう専門家(プロフェッショナル)とは、多様な分野で活躍している専門知識と実務能力を兼ね備えた労働者を意味する。

インターネットを含む様々なチャンネルと通して、常に新たなチャンスを求めている専門家は91%。そのうち46%が「リクルーターから連絡があると嬉しい」と答えている。

45%が「より高額な報酬」を転職理由に挙げており、37%が「面接中に報酬を教えて欲しい」と考えている。次いで40%が「より高度な技術とやり甲斐のレベル」、32%が「より大きな成長のチャンス」を重視している。

総体的には55%が、「専門家としてだけではなく、個人的な興味を満たすチャンスの追求」に転職意欲をそそられている。

インドの専門家が長期継続勤務する3大理由

理想の転職先として「憧れの企業」を挙げたのは45%。63%がSNSを利用して、求人の機会をチェックしている。

面接に備えて49%が「面接を受ける企業のサイトをチェックする」、47%が「検索エンジンを利用する」、35%が「専門家のネットワークを利用して、企業や従業員、役職に関する情報を仕入れる」といった辺りは、どこの国も似たような傾向だろうか。

54%は「実際の職場で面接を受けたい」、51%が「実際の従業員と会話を交わして、職場環境を体感したい」と望んでいる。また45%が「面接中に企業のトップチームと会話を交わす機会が、ポジティブな経験につながる」と確信しているなど、面接の時点から職場の空気を感じとることに積極的だ。

同じ企業で長く勤務を続ける3大理由は、「スキルアップの機会が得れる(62%)」「仕事と私生活のバランスがとれる(42%)」「将来の展望(37%)」。

経済成長が期待されるインドで優秀な人材を確保・維持するにあたり、企業は相当な努力を強いられるだろう。「逸材の宝庫」といわれるインドは、国際トップレベルで活躍する著名ビジネスパーソンを多数輩出している。

Googleのサンダー・ピチャイCEOやMicrosoftのサティア・ナデラCEOといったIT分野から、12年までシティーグループのCEOを務めたヴィクラム・パンディット氏など金融分野まで、数え上げるときりがない。また活気溢れるスタートアップが次々と生まれている現状も、「インドの底力」を感じさせる。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)

【オススメ記事 PR】
「従業員からの支持率が高いCEOランキング」
世界の15歳調査、お金のリテラシーが一番あるのは「中国」
トップ企業は時給7000円超 「上場企業の時給ランキング2017」
「長く快適に働ける」企業トップ20 1位の企業「転職は厳しい」の声も
お金を稼ぐには地理を学べ 代ゼミの名物地理講師が説く「経済を地理から学ぶべき」理由