世界的デザイナー、トム・フォードの7年ぶりの監督作『ノクターナル・アニマルズ』が11月より全国公開される。第73回ヴェネツィア国際映画祭で審査員グランプリを受賞した注目作だ。

トム・フォードの名はグッチと切っても切り離せない。フォードが2004年にグッチのクリエイティブディレクターを退任してからすでに10年以上が経つが、トム・フォードといえばグッチという印象を持つ方は多いだろう。このテキサス出身のアメリカ人デザイナーと、あまりにイタリア的なラグジュアリーブランド、グッチの歴史を振り返ってみよう(文中敬称略)。

スキャンダルまみれの名門ブランド

ブランド,ファッション,グッチ,TOM FORD
ヴェネツィア国際での新作プレミア上映に出席したトム・フォード(写真=Andrea Raffin/Shutterstock.com)

フェンディやプラダなどイタリアブランドの多くがそうであるように、グッチも一家総出で経営を行うファミリー企業としてスタートを切った。

創業者グッチオ・グッチは息子たちにブランドの未来を託し、末永く一族のみで経営を続けていくことを願った。跡継ぎたちは品質への情熱と優れた美的感覚を持ち、早期にアメリカ進出を果たすなど新しいものへの確かな嗅覚を持つ一方で、ブランドを支えるマネジメントを意識する者はいなかった。

バンブーバッグ、ホースビットモカシン、フローラプリントなど、時代のアイコンと賞賛される製品を次々と生み出しつつも、経営は常に不安定だった。やがて会社経営の主導権や株式をめぐり、骨肉の争いが起きる。

1990年代前半のグッチはファミリーのメンバーそれぞれが好き勝手に商品を売り出すという有様で、世界各地にフランチャイズ店が乱立し、コピー商品が氾濫していた。ブランド自体は人気でも、未熟なマネジメント体制の下で資金繰りが悪化し、優れた人材は次々とグッチを離れていった。

ファミリーによる脱税や詐欺疑惑がグッチの名をおとしめ、莫大な財産をめぐる身内同士の泥沼の訴訟合戦が繰り広げられた。1995年には創業者の孫マウリツィオが元妻の差し向けた殺し屋により殺害されるという前代未聞の不祥事を引き起こす(ちなみに2017年現在、このスキャンダラスな殺人事件の映画化プロジェクトが始動しているという。監督には香港映画界の巨匠ウォン・カーウァイの名が挙がっている)。

迷走するブランドを舵取りできる者はファミリーの中にはいなかった。グッチの株式はアラブ系の投資会社インヴェストコープの手に渡り、創業家のメンバーはすべてグッチから姿を消した。以後、グッチは経営のプロに任されることになる。

グッチの救世主

1990年からグッチに携わっていたトム・フォードは94年にクリエイティブディレクターに抜擢された。CEOに就任したドメニコ・デ・ソーレとフォードのツートップ体制のもと、グッチは復活へ向けて羽ばたき始める。

フォードは製品デザインをはじめ、店舗の内装、店頭ディスプレイ、従業員の制服、ショッピングバッグに至るまであらゆるデザインを担い、新生グッチの誕生を世界中に知らしめた。

1999年から翌年にかけてベルナール・アルノー率いる世界有数のコングロマリットLVMH(モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン)が敵対的買収を仕掛けるが、グッチは激しい攻防の末これを退ける。以降、サンローラン、セルジオ・ロッシ、バレンシアガ、ボッテガ・ヴェネタなどを傘下に収め、グッチはグローバルブランドとしての地位を確立した。

フォードはグッチのファッションラインに力を入れ、コンサバ志向のマダム向けバッグブランドとみられていたグッチに刺激的でモードな香りを吹き込んだ。ファッションへの感度が高い顧客層を開拓し、グッチを若々しくセクシーな魅力に満ちたブランドとして生まれ変わらせたのである。

それはまさにトム・フォード自身のイメージだった。フォードは自らが広告塔としての役割を果たすことにより、グッチ=トム・フォードのイメージを世界中に浸透させた。フォードがグッチと共にあった10年間で、94年に2億3000万ドルだった売り上げは2003年には約30億ドルへと、実に13倍もの飛躍を遂げたのである。

フォードからクリエイティブディレクターの地位を引き継いだフリーダ・ジャンニーニはブランドのレガシーをうまく生かし、安定路線に乗せることに成功した。インターブランド社による2016年のベストグローバルブランドランキングでグッチは53位につけている。

自らのブランド「トム・フォード」と映画製作会社の立ち上げへ

グッチを退いたのち、フォードは自らの名を冠したブランド「TOM FORD」を立
ち上げた。エスティローダーと提携したビューティラインやアイウェア、メンズ、ウィメンズウェアラインとコレクションの幅を広げ、ニューヨークをはじめミラノ、東京などへ世界的な展開を続けている。

TOM FORDの立ち上げと時を同じくして、映画製作会社フェイド・トゥ・ブラックを設立。満を持して映画監督への道へ歩み出す。若い頃は俳優を志していたフォードは映画界と何かと縁が深い。『007』シリーズでは、2008年の『慰めの報酬』以降3作に渡って、ジェームズ・ボンドの着用するスーツを担当している。

2009年には初監督作『シングルマン』を発表。自身と同じくゲイの男性を主人公に、愛と死を静謐な筆致で描いたこの処女作は高い評価を受けた。作品はフォードの鋭い美意識の結晶であり、どのシーンを切り取っても絵画のように美しい。

ファッションブランドと映画の関わりは深く、名門メゾンが衣装協力した作品やシャネルやイヴ・サンローランなどカリスマ創業者の人生を映画化した作品などは枚挙に暇がない。だが、ファッションデザイナーが自ら監督を務め映画を製作するのはきわめてめずらしい。

ファッション界と映画界の双方で成功を収めた数少ない例としてはソフィア・コッポラの名が挙げられる。『ゴッドファーザー』シリーズで知られる巨匠フランシス・フォード・コッポラを父に持つコッポラには生まれながらにして映画界への足がかりがあったが、フォードは自らのセンスと力量のみで道を切り開いた。

監督2作目の発表により、トム・フォードにとって監督業は単なる余技ではないことがいっそう明らかとなった。総合芸術である映画は彼の世界を余すことなく表現するフィールドとして実にふさわしい。デザイナー、そして映画監督としてのトム・フォードの快進撃から今後も目が離せない。(ZUU online編集部)

【参考文献】
『グッチの戦略: 名門を3度よみがえらせた驚異のブランドイノベーション』(長沢伸也、小山太郎ほか著、東洋経済新報社、2014年)
『グッチ家の崩壊』(アンジェロ・ペルゴリーニ、マウリッツィオ・トルトレッラ、光進社、1998年)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)