「女性専用車両」の復活導入案をめぐり、英国で政治的論争が巻き起こっている。

女性議員を中心とする反論派は、「性犯罪行為を行う側を厳しく取り締まらない限り、問題の解決にはならない」とし、専用の空間に女性を“隔離する”女性専用車両は「性犯罪を当たり前の行為だと容認する」と断固拒否の構えだ。

英国は女性専用車両の導入が早過ぎた?30年前に廃止に

性差別,女性専用車両,政治
(写真=Thinkstock/Getty Images)

英国では女性専用車両をかなり早い時期に導入していた。英国初の地下鉄を開設したメトロポリタン鉄道によって1874年に導入されたが利用者が少なく、1977年に英国鉄道が廃止を決定した(ハフィントン・ポスト 英国版より)。

しかし地下鉄利用者の増加やコスト削減に伴う警備員の減少から、「地下鉄利用が危険でストレスの多い環境へと悪化している」と、TSSA(輸送・旅行産業労働組合) の書記長、マニュエル・コーツ氏は懸念を示している。

BBCが7月に実施した調査では、16年から17年にかけて列車内での性犯罪の被害者は1448人。12年と比較すると2倍以上に増えている。

こうした犯罪の増加を背景に2015年、ジェレミー・コービン労働党党首が、性犯罪対策の一案として「女性専用車両の復活を検討すべき」と言及。それが議論に火をつけることとなった。

「女性専用車両」をめぐる男女の見解の差、労働党内で意見が衝突