人間は産まれてから30年も経つと、人によっては髪の毛の量や位置などが多少気になりはじめてくる。男性でも女性でも髪に関する話題は「老い」に直結するため、神経質になりがちだ。しかし、何気ない毛髪の変化に気づいてはいるものの、心のどこかで「自分はまだ大丈夫」だと思っている人もきっといることだろう。

しかし、何もせずに「気づいていないフリ」を続けてしまうと、症状はさらに悪化してしまうこともあるかもしれない。そうならないために、頭髪に優しい製品・サービスを扱っている企業を一通り知っておくと良いだろう。

誰もが知る定番系から意外な企業まで、さまざまな側面から見た髪に優しい「毛活企業」を紹介したい。

「隠す」側面からみると

髪,毛活企業
(写真=PIXTA)

髪が寂しくなってきたら、その箇所を隠してみるという選択肢がある。隠すという行為は女性受けが滅法悪いようだが、寂しい部分を気にして消極的な性格になっているよりも、堂々と隠してしまった方が人生をより楽しめるようになるはずだ。

(1)アートネイチャー <7823>

かつらの製造・販売を中心とした事業を行う。2018年3月期の通期純利益予想は37.8%の減益となっている。四半期業績では女性向けの売上が業績に貢献。女性用かつらで業績復活を目指したいところ。

「生やす」側面からみると

寂しくなった部分に髪を再び生やすという選択肢もある。ただし、難しさや経済面では隠すよりもさらに負担は大きくなる。無くなったものが復活するのであるから、見事再生した暁には自信を取り戻せること必至である。

(2)資生堂 <4911>

資生堂は主に化粧品を扱う企業であり、中国向けの製品販売でここ数年は業績を伸ばしている。その資生堂が医療機関と共同で毛髪再生医療の研究に力を入れているようだ。脱毛部位の再活性化へと導く一連の研究の成果が実れば、同社は薄毛男性たちの希望の光となるかもしれない。

(3)ファイザー

AGA治療薬プロペシアなどを取り扱う世界的な製薬企業。同製品は外資系企業の製品であるが、日本国内でも取り扱いがあり、専門の医療機関にて処方をしてもらうことが可能だ。ジェネリック医薬品もすでに登場している。

守る「ダメージ・ストレスを与えない」側面から見ると

髪にとって大敵なのは、頭皮にダメージやストレスを与えることだ。髪の毛を少しでも守るためには、髪や頭皮に与える熱や頭の血流を考慮して生活することが大事である。最近ではストレスや不規則な生活習慣による薄毛の進行を気にする女性が増えているようだが、企業も女性向けの製品を開発している。

(4)ヤーマン <6630>

女性用美容機器、痩身器具を扱う企業。オンリーミネラルなどの化粧品なども人気。同社は女性用のスカルプドライヤーを販売している。温風による熱を抑えて頭皮を守る効果がある。毎日使用するものなので、髪へのダメージが減らせることは必至である。

(5)極楽湯 <2340>

髪を守るために血流のアップを狙って温泉に通うという方法もある。様々な種類の温泉やマッサージなどを同時に経験することで、リラックス効果によるストレス減少も期待できそうだ。同社は入浴料が無料となる施設利用券を優待として提供している。

「体の内側から」考えると

体の中を健康にすることで髪の毛の減りは少なくなると言われている。そのためには運動をしたり、食生活を根本から見直したりすることが重要だ。特に食事は「肉や油っぽい製品」ではなく「まごはやさしい(豆、ゴマ、わかめ、野菜、魚、椎茸、いも)食品」を増やすことで、体内から健康になり髪への悪影響を減らせることだろう。

(6)プレナス <9945>

「やよい軒」などで和食中心の定食を扱う企業。特に髪への健康面を考えるのであれば、和食中心の食生活を心がけたい。

(7)RIZAP グループ <2928>

(8)セントラルスポーツ <4801>

食生活と同時に見直したいのが運動不足だ。有酸素運動で健康的なダイエットと同時に体の血流を良くすることもできるので、髪と身体へダブルで良い影響を与えることだろう。RIZAPグループのような少々ハードなトレーニングをしてくれる企業から、セントラルスポーツのような初心者向けの運動ジムを提供する企業が存在している。

髪を考えることは体の健康を考えることにも

ここでは髪の毛に良い影響を与えそうなサービスを提供している企業をまとめてみた。結局は「髪の健康=自分の身体の健康」という側面も強く、髪の健康を考えることが生活習慣病を防ぐことにもつながりそうだ。髪の毛と同時に自分の身体の健康を守る準備も少しずつ始めてみてはいかがだろうか。

谷山歩(たにやま あゆみ)
早稲田大学法学部を卒業後、証券会社にてディーリング業務に従事。Yahoo!ファイナンスにてコラムニストとしても活動。日経BP社の「日本の億万投資家名鑑」などでも掲載されるなど個人投資家としても活動中。個人ブログ「 インカムライフ.com 」。著書に「 超優待投資・草食編 」がある

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)