同国ではすでにリチウム電池のリサイクルへの投資を増額した江西省ガンフォンリチウムや格林美股聴・ぢ有限公司(GEM)の株価が上がっており、本格的なリサイクル産業参入の可能性が高まっている。

2025年までに700万台出荷が目標

リチウム電池,再利用,リサイクル
(写真=Thinkstock/Getty Images)

環境汚染が深刻な中国では、政府が2013年からEVやプラグイン・ハイブリッド(PHEV)に代表される新エネルギー自動車の購入に、取得税免除など寛大な施策を打ちだしている。
年々減少傾向にあった補助金を1台につき最高1.5万ドル にまで増やした2016年には、売上が50万台を突破(前年比53%増/ロイターより )。世界の総EV売上の4割相当を独占するという記録を打ちだし、世界最大のEV市場へと成長を遂げた(国際エネルギー機関データ)。

さらには2020年までに200万台に増やし、2025年までには総販売台数の5分の1に値する700万台の出荷を目指している。

それに伴いリチウム電池の生産量も増加。2017年1~8月までの期間で67億個(前年同期比51%増)に伸びた。

高コストなリチウム電池再利用 政府が補助金をだすべき?