ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは27日、チケット代を9年連続で値上げすることを発表した。2018年1月31日から値上げする。

内閣府が発表した12月21日付の「月例経済報告等に関する関係閣僚会議資料」によると、景気が緩やかな回復基調を継続する中、個人消費も持ち直しの傾向を続けているという。

そこかしこに「値上げ」の声が聞かれる中、2018年1月から3月にかけての値上げが決まっているサービスや商品、製品を整理しよう。

1月からの小麦粉等の値上げは天丼の「てんや」にも影響

値上げ,てんや
(画像=PIXTA ※画像はイメージです)

日清フーズは2018年1月4日出荷分から、家庭用小麦粉を1~3%、家庭用ミックス粉も2~4%値上げすると発表した。2017年10月から原料となる輸入小麦の政府売り渡し価格が引き上げられたことや、人件費や包装費の上昇が原因となっているのだという。

また、日本製粉 <2001> が1月4日出荷分から家庭用小麦粉を約1~4%、ミックス粉も約2~3%値上げするほか、昭和産業 <2004> も同様に値上げの発表をしている。

こうした値上げは小麦粉を大量に消費する天丼の「てんや」 <ロイヤルHD 8179> を直撃し、結果として1月11日からは一部メニューが値上げされることになった。例えば500円だった看板メニューの「天丼」は、40円値上げして540円となる。

2月には燃油サーチャージが値上げ

日本航空 <9201> と全日空 <9202> は、2018年2月から3月31日までに購入される国際航空券に適用する燃油特別付加運賃、いわゆる燃油サーチャージを改定すると発表している。

この燃油特別付加運賃は燃油価格の変動に応じて2カ月ごとに見直されているのだが、日本からの出発の場合、欧州やハワイを除く北米、中東、オセアニアへの路線では、1月31日購入分までの7000円が1万500円へ、ハワイやインド、インドネシアへの路線では4000円が6000円へ、また、タイやシンガポール、マレーシア、ミャンマー、カンボジアへの路線では3000円が4500円へなど、それぞれ1.5倍にまで上昇することになる。

ハウステンボスの入場料も値上げ

長崎県佐世保市にあるハウステンボスは、2018年3月1日から入場料金を100円値上げすると発表した。最たる売れ筋は、約50あるアトラクション施設をまる1日利用できるという「1DAYパスポート」なのだが、この料金も現行の大人6900円から7000円に値上げされる。このほかの種類のチケットについても、小人料金やシニア料金などを含めたすべての料金が100円値上げされるという。

アサヒビールも10年ぶりの値上げ

アサヒビールは2018年3月の出荷分から、業務用を中心にビール系飲料の価格を10%程度値上げすると発表した。競合他社の追随も予想されており、飲食店のビールなどの価格への影響も必至と思われる。

ビール系市場は、ビール離れを背景に1994年をピークとして縮小傾向をたどっており、今回アサヒが値上げを決めた瓶商品の市場は、2008年と対比して2008年には約40%減少しているという。こうした中、外食産業にとっては「痛し痒しの値上げ」と言うことになるのだろう。

「ゆうパック」の基本運賃も3月から値上げ

日本郵便の発表によると、宅配便「ゆうパック」の基本運賃が2018年3月1日から平均12%値上げされることになる。「ゆうパック」の値上げ幅は、沖縄を除いて110から230円で、荷物のサイズが大きくなるほど値上げ幅が大きくなっている。これまで10個以上の荷物を出した場合に適用されていた割引が廃止されるほか、重さ25~30キログラムの荷物には、基本運賃に加えて500円が新たに加算される。

一方でこの値上げに合わせ、荷物を受け取りやすくする対策も取り入れられる。これまでは夕方の配達希望時間が午後6時から8時までと8時から9時までの2つに区切られていたが、新たに午後7時から9時を指定することができるようにする。

さらに最初に配達する場所を自宅に限らず、郵便局で受け取ったり、勤務先へ無料で転送したりするサービスも開始するという。(ZUU online 編集部)