ZUU online magazine2019年9月号(7月20日発売)からお届けします。

ZUU online magazine
『ZUU online magazine』2019年9月号(7月20日)発売
金融庁の報告書による、いわゆる「老後2000万円問題」が波紋を広げています。老後の生活については誰しもが直面する問題だけに他人事ではいられないはず。潤沢な資産があるなら心配はいりませんが、そうでないなら自助努力で老後のお金を確保する必要があります。そこで注目したのが「積立投資」。毎月少額で投資することで時間が味方となり、効率的な資産運用が可能となります。また、「iDeCo」や「つみたてNISA」を活用すれば、一般の投資とは比べものにならないくらいの恩恵があります。年金の仕組み、タイプ別シミュレーション、積立投資のテクニックや投資先についてお金のプロたちが指南します。 また、別冊付録では、27分で256万円を稼ぎ出すなど、“鬼デイトレ”で荒稼ぎをする人気FXトレーダー及川圭哉さんのガチ技をご紹介します。※画像をクリックするとAmazonへ飛びます
ZUU online magazine
(画像=ZUU online magazine)

金融審議会「市場ワーキング・グループ」が提出した報告書が、「老後2000万円問題」として、国会でも議論される騒動となった。試算前提や平均値設定など、疑問を呈す人は少なくないだろう。長期投資の考え方は間違いないと主張する、ワーキング・グループのメンバーの一人、中野晴啓さんを直撃した。

中野晴啓
中野晴啓 Haruhiro Nakano
セゾン投信 代表取締役社長
1963年、東京都生まれ。1987年、明治大学卒業後、クレディセゾンに入社。金融会社での資金運用業務を経て、2006年にセゾン投信を設立。著書に『預金バカ』(講談社)、『つみたてNISAはこの8本から選びなさい』(ダイヤモンド社)など多数。