Group of executives discussing business activity graphs on tablet screen
(写真=Thinkstock/Getty Images)

アクセンチュアがまとめたFinTech投資に関する最新調査結果によると、アジア太平洋地域におけるFinTech投資額は2015年1月から9月の9カ月間で約35億ドル。2014年の約8.8億ドルから4倍以上に急増している。

これは 「Fintech Investment in Asia-Pacific set to at least quadruple in 2015」なる調査で、 日本におけるフィンテック投資は、2015年1月から9月の9カ月間で約4400万ドルに達している。銀行がスタートアップ企業と提携すべき分野は、レンディングとペイメントで、さらに次のフロンティアはブロックチェーン、サイバー・セキュリティーとしている。


中国では新規参入業者の活躍目立つ

今年のアジア圏最大のFinTech投資の割合は、本来は銀行の独走分野だったペイメント(40%)とレンディング(24%)だ。2015年は従来の型にはまらないアリババ・ホールディングスなどの企業が、インドのモバイル・ペイメント会社、Paytomに投資するなど、中国内外で変化をもたらしている。

特に中国では、新規参入業者が新たなペイメントやレンディング・プラットフォームを提供することにより、従来の金融機関からマーケットシェア を 獲得している。例えばピング・インシュアランス・グループ・ベンチャー・ルファックス(Lufax)は、P2Pなどを含む新しいプラットフォームの開発を継続に向け、資金調達に成功している。

そのほか北京ウィーキャッシュ・ワンダーテクノロジーは、6億人のモバイル・インターネット・ユーザーの情報を利用することで、広範囲なクレジット審査の結果を15分で通知することが可能という、中国の消費者信用情報を分析するアプリを拡大するために資金を調達した。

アク センチュアのジョン・アラウェイ氏は、「世界中の銀行がFinTechの可能性の恩恵を受け始めた今、アジア圏での投資額が急伸するのは不思議ではない。 トレードやインボイスといった分野で、B2Bペイメントを市場拡大できるチャンスがまだ残されている」と見込んでいる。