(写真=Thinkstock/Getty Images)
(写真=Thinkstock/Getty Images)

目次

  1. 常にお金の将来価値を意識する
  2. 1000円札の価値は1000円ではない
  3. 将来価値と現在価値とは?
  4. ローンは本当に損なのか?
  5. お金の価値を知れば使い方も変わる

常にお金の将来価値を意識する

成功者の多くは資産運用を行っているが、資産運用においてはお金の現在価値と将来価値を意識することが必須だ。投資家なら当たり前の考え方なのだが、普段の消費行動から意識できているだろうか。

もちろんお金の価値を見直して節約する、といった意味合いでも重要かもしれないが、それ以上に投資で成功するためには必要不可欠な考え方なので、ぜひ思考回路を習慣化しておきたい。普段から意識的に現在価値と将来価値を比較する思考を身に付けておけば、投資でも合理的な判断ができるだろう。

1000円札の価値は1000円ではない

昨日の昼食代としてあなたが使った1000円の価値は本当に1000円なのだろうか。答えは否である。1000円札の価値は1000円とは限らない。1000円が1万円の価値を持つこともある。そのように考えると、実は今日あなたが昼食代として支払ったのは1万円だったという解釈もできるということになる。ではなぜ、1000円が1万円の価値を持ちえると考えることができるのだろうか。

ファイナンス理論で学ぶ重要な考え方に「将来価値」と「現在価値」というものがある。私たちは日常生活でお金を紙幣や硬貨に記されている金額でしか意識していないが、ファイナンス理論ではこれに「時間」という軸を加える。時間軸を加えることで、お金は様々な価値を持つようになり、1000円も1万円の価値を持つことが可能になるのだ。

普段私たちが意識していない時間とお金の関係を知れば、これからのお金の使い方が変わるかもしれない。では、将来価値と現在価値とは一体何だろうか。

将来価値と現在価値とは?