earth-238368_640

ジョンソンエンドジョンソン(以下、 J &J )はアメリカに本社を置く外資系製薬会社です。世界第2位にランクインされ扱い商品は主に赤ちゃん用の衛生用品や一般医薬品を取り扱っている。誰でも1度はその名前を聞いた事があり、日本でも知名度は高く全国に支店が存在しております。


人材育成と分社分権化経営

J&Jは、1886年、米国で創業され消費者向け製品、医療機器・診断薬、医薬品の3つの事業分野を通じて、業績を伸ばしてきた会社ですが、日本国内では救急絆創膏「バンドエイド」など、消費者向け製品の会社というイメージがありますが、実際には、医家向けの医療機器・診断薬、医薬品の分野が売り上げの約8割を占めている会社です。驚くことは、74期連続で成長を続けており、何よりも特徴的なのは、「分社分権化経営」という特徴的な経営スタイルです。分権化のメリットは、1.ローカル市場のニーズに合った独自の事業展開が可能、2.事業環境に即した迅速な意思決定とそれに伴う素早い行動、3.優秀な人材の早い段階での発見、育成、と言われております。

それと経営の根幹となる「クレド」(理念)に基づく採用や手厚い人材育成制度などが注目される会社ですから、人材の採用戦略にも力をいれた特徴があります。これに先程の「分社分権化経営」がかみ合い、マネジメントしやすいサイズに構成した上で権限を与えた後に、それぞれのマーケットで独自の戦略でビジネスを展開していく経営スタイルはユニークなやり方として注目されてもおります。


J&Jの日本の歩み

J &J は日本において1961年に事業活動をスタートさせており、医療機器・診断薬・医薬品などを次々に販売しながら、ビジネスの拡大を図ってきました。各事業体がそれぞれの分野に専門特化する型で行われ、ブランド力を武器にして、数多くの製品でトップクラスのシェアを獲得しております。その結果、世界的にも日本においてもビジネスの拡大を遂げ飛躍的な成長と言って良い成果を上げているのが現実です。

何しろ日本は世界第二位という医療分野に取っては魅力あるマーケットです。世界の医療市場は、2001年から2010年まで毎年平均8.7%で成長しており、2010年の市場規模は約520兆円(医療機器約20兆円、医薬品約70兆円、医療サービス約430兆円)となっております。

これに伴って J &J における日本での売り上げも非常に高くなっており、日本市場に合わせた日本発の製品開発も進んでいるため、世界第二位の日本のマーケットの位置付けが今後益々高まることは確かです。J&Jはこのような世界に向けた発信はさらに広がっていくことは容易に想像がつきます。