お金に振り回されないためにはどうすればよいのか。有名著者によるお金指南。今回は「たまに使うものより、毎日使うものにかける」「キャンセル代を払おう」「話ながら買おう」「商品力・価格力より、人間力で買おう」「「安いほう」より、「お手ごろなほう」と言おう」「おごる時は、「次回は、ごちそうになります」と言おう」の6つの方法をご紹介します。

(本記事は、中谷彰宏氏の著書『品のある稼ぎ方・使い方 ~人に愛される人が、お金にも愛される。』、ぱる出版、2017年11月1日刊)の中から一部を抜粋・編集しています)

【関連記事 『品のある稼ぎ方・使い方』より】
(1) お金を使って信用を作るコツ
(2) 円やドル、金(きん)よりも「自分の通貨」を増やそう
(3) おごる時は「次回は、ごちそうになります」と言おう
(4) お詫びに行く時に持っていくべきは菓子折りではない
(5) 品がある人は「ウィン・ウィン」とは言わない

品のある稼ぎ方・使い方
(画像=Webサイトより、クリックするとAmazonに飛びます)

たまに使うものより、毎日使うものにかける

最近、自分が何に贅沢をしたか、思い浮かべてください。

それは毎日使うモノですか。

たまに使うモノですか。

品のないお金の使い方は、めったに使わないモノにお金をかけることです。

品のあるお金の使い方は、毎日使うものにお金をかけることです。

小山薫堂さんは、漆塗りのお箸を使っているそうです。

お箸は毎日使うものです。

さすが小山薫堂さんは品があります。

宝石や貴金属ではなく、毎日使うお箸に贅沢をしているのです。

品のない人は、もっと高額で、めったに使わないモノにお金をかけます。

たとえば、豪華な別荘を買っても、行くのは年1回です。

ほぼ掃除にしに行くだけです。

そんなものにお金をかけるよりは、毎日使うお箸にお金をかけるほうが、よほど品があるのです。

小山薫堂さんは、漆のお箸をメンテに出しています。

「お箸にメンテなんかあるんですか」と、みんなビックリします。

包丁も、研ぎに出すと生き返ります。

品のない人は、包丁が切れなくなったら、捨てて新しい包丁を買います。

品のある人は、研いで使い続けます。

私の実家の包丁は、長年研いで使っているので、どんどん小さくなっています。

これが品のある使い方なのです。

年に1回しか行かない別荘にお金をかけるよりは、ホテル代にお金をかけるほうが、品のある使い方です。

ほとんど乗る機会のない高級車を持つよりは、タクシー代やレンタカー代にかけたほうが、品のある使い方です。

めったに使わない応接間にお金をかけるよりは、家族が一番過ごす時間が長いリビング・ダイニングにお金をかけるのが、品のある使い方なのです。

キャンセル代を払おう

ネット社会でレストランが一番困っているのは、キャンセル率が上がったことです。

データ上では、キャンセル率は0.6%です。

一見たいしたことはないようですが、お店からすると100分の100です。

食材はムダになるし、その分の席は売れなくなります。

キャンセルが多いのは、20人予約という切れのいい数字の時です。

しかも、キャンセルの連絡もないのです。

そんなことが平気でできるのは、ネット予約で、お店の人と直接話していないからです。

ネット予約のなかった時代は、「すみません、今日は行けなくなりました」と、一々キャンセルの電話をしていました。

ネットで簡単に予約できるようになると、簡単にキャンセルするようになります。

とりあえず何軒か予約しておいて、そのうちのどれか1つに行けばいいと、イージーに考えてしまうのです。

キャンセル保険を扱う会社まで生まれています。

一度キャンセルしたところには行かなくなります。

その人の行動半径は、どんどん狭まっていきます。

今はキャンセルする人のブラックリストもでき上がっています。

キャンセル代を踏み倒すことで、「損をするのを防げた」と思っていても、自分の中で自己肯定感はどんどん下がっていきます。

そのマイナスを考えたら、キャンセル代を払ったほうが、はるかに心穏やかに生きていけます。

キャンセル代を払うのは痛いですが、それを払うことで、自分の時間管理と健康管理ができるのです。

ある新入社員歓迎会で、部のメンバー15人で予約をしました。

当日、その新入社員が「今日は体調が悪いので休みます」と言って、休んだのです。

この新人は、キャンセルに対して、なんら抵抗感がありません。

15人分の予約に穴をあけたら、お店にも申しわけないので、親睦会はしました。

たとえば、2人でごはんを食べに行く約束をしました。

相手が仕事で都合が悪くなった時は、キャンセルではなく、誰かかわりに行ける人を見つけて行きます。

究極は、1人でも行ったほうがいいのです。

キャンセルをしない人は、お店からの信頼が圧倒的に強くなります。

キャンセルを一度もしたことのない人と、キャンセルばかりしている人とに、くっきり分かれるのです。

それは、その人の人間関係につながります。

品は、その人自身にあるのではなく、人間と人間の間にあるものなのです。

話ながら買おう

お金の稼ぎ方に品のある人は、長く稼げるようになります。

品のない人は、一時的に稼げても、長く稼げるようになりません。

品は、その人の付加価値です。

世の中の商品は、付加価値のあるモノとないモノとに二極化しています。

付加価値のあるモノとないモノとでは、売り方がまったく違います。

付加価値のないモノは、安いことが唯一の価値なので、ただお店に並べておけばいいのです。

究極は、ネット上で、お店の人とやりとりがまったくなしでも買えます。

ネット通販は安いのです。店舗を構えないし、人を雇わないので、その分のコストを抑えることができるからです。

一方で、お店を構えて、人が説明をしながら売っていると、値段は高くなります。

その時は、その人の説明を買っているので、付加価値の高い商品になるのです。

若い時はお金がないので、たいていの人は安いモノを買います。

これで一生を終わる人が多いのです。

お金が手に入ると、人が説明してくれるお店に行くようになります。

Yシャツも通販で売っています。

お店でも、手に取ってレジへ持って行くだけのところもあります。

いつもそういうところで買っている人は、オーダーメイドでシャツをつくる時に、つい同じ買い方をしてしまうのです。

商品力・価格力より、人間力で買おう

付加価値の高い商品を買う時は、会話が必要です。

できるだけ人と話さない買い物に慣れてしまった人は、会話を楽しめないのです。

フルオーダーのスーツをつくるお店を「ビスポーク」と言います。

ビスポークは、「会話する」という意味です。

モノを買う時に、会話してお金を使う人と会話なしでお金を使う人とに、くっきり分かれます。

自分が売る側にまわる時も、会話なしで売る人と会話をしながら売る人とに分かれます。

これからAIの時代になっていくと、会話なしで商品を売る人はAIに負けてしまいます。

AIに勝てるのは、「生の会話」です。

モノの売り買いでは、会話を楽しめる人と楽しめない人とに分かれるのです。

「品がある」のは、丁寧な物の言い方をすることではありません。

売り手になっても、買い手になっても、そこで会話を楽しめることが、その人の品を生み出します。

「価格力がある」というのは、値段が安いということです。そこに品がないと、ひたすら安いモノの勝ちになります。

品のある人は、値段が高くても買います。しかも、値段や機能で買う人と、「あの人から買う」という人とに分かれるのです。

「安いほう」より、「お手ごろなほう」と言おう

お金に関することは、一歩間違うと、人に恥をかかせます。

お客様に商品を勧める時に「こちらのほうがお安くなっています」と言うと、お客様は「貧乏な人に見られた」ということになってしまいます。

「お安くなっています」は、「お手ごろな価格になっています」とか「お求めやすい価格になっています」と言いかえたほうがいいのです。

それよりもっと上が、「これはお値打ち品です」という言い方です。

「安い」というのは、値段のわりに価値があることです。

「高い」というのは、値段のわりに価値がないことです。

「安い」は、単に金額的に安いという意味ではなく、「十分価値がある」という表現をしたほうがいいのです。

購入する相手に、お金のことで恥をかかせないのが、品のある売り方です。

お金とどう関わるかではありません。

お金を通して、人とどう関わるかで、品が生まれるのです。

その人に品があるかないかが如実にわかるのは、お金が絡む時です。

お茶会では、品があるかどうかの差は、あまりつきません。

支払いが絡む時に、初めてその人の素の品が出てきます。

恥をかかないために、品のあるお金の使い方について勉強しておくことが大切なのです。

おごる時は、「次回は、ごちそうになります」と言おう

お金でむずかしいのは、おごられる時よりも、おごる時です。

自分がおごると、相手にとっては負担になります。

レジの前で、「ここは私が」「いや、ここは私が」と言って、勘定書の引っぱり合いが起こるのは、そのためです。

レシートの奪い合いは品がないのです。

お金の品のある人は、おごられ方も、おごり方も上手です。

おごられる時は、気持ちよくおごってもらって、その人に感謝します。

頭の中では、「この埋め合わせは、あそこでしよう」という作戦が浮かんでいます。

相手にも「おごってあげてよかった」と思ってもらえます。

品のあるおごり方は、相手に負担を感じさせないのです。

品のある人は、「ここは私が払います」と言われたら、「じゃ、ここはごちそうになりまして、次回は私が払います」という形にできるのです。

たとえば、京都でごちそうになった時は、「そのかわり東京ではごちそうさせてもらいます」と言えば、バランスがとれます。

必ずしも1回ごとに交代でおごる必要はないのです。

ワリカンも品のない行為です。

品のある人は、相手に負担を感じさせないおごり方・おごられ方ができるのです。

中谷 彰宏(なかたに・あきひろ)
1959年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。博報堂に入社し、8年間のCMプランナーを経て、91年に独立し、株式会社中谷彰宏事務所を設立。人生論、ビジネスから恋愛エッセイ、小説まで、多くのロングセラー、ベストセラーを世に送り出す。「中谷塾」を主宰し、全国でワークショップ、講演活動を行う。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)