日常の生活の隅々にまでIT企業によるネットワークが張りめぐらされた今、ITを制する者が世界を支配することは公然の事実となっている。覇権をめぐり野心あふれる起業家たちが日々熾烈な争いを繰り広げるIT業界はドラマの舞台として実に魅力的だ。IT業界やベンチャー企業をテーマとする海外の映画・ドラマ作品を紹介する。

まとめ,映画,スタートアップ,Amazon
(画像=PIXTA)

明日の覇者を夢見る起業家たちは、夢を形にするには何をしなければならないのか、私たちに身をもって教えてくれる。スタートアップに興味のあるビジネスパーソンは大いに触発されるだろう(本文敬称略)。

Facebook誕生の裏に隠された人間ドラマ 『ソーシャル・ネットワーク』(映画)

世界を席巻するFANGの一角としてFacebookの存在感は増すばかりだ。本作はもともと学生向けの交流サイトだったFacebookの誕生秘話を描く。

2003年、ハーバード大学の学生マーク・ザッカーバーグはガールフレンドにフラれた腹いせに、女子学生のルックスの格付けサイトを立ち上げる。サイトは爆発的な人気を博し、ザッカーバーグは敏腕プログラマとして学内の有名人となる。

そんな彼に、学生同士の交流サイトの制作依頼が舞い込む。ザッカーバーグはこれをヒントにソーシャルネットワーキングサイト「Facebook」を思いつくが—

ひらめいたビジネスプランを形にするためには、いくつもの障害を乗り越えていかなければならない。資金集めなどハード面だけでなく、人間関係での葛藤もその一つだ。アイディアは誰のものか? ビジネスパートナーでもある親友と意見が対立したら? ザッカーバーグだけでなく、ベンチャーを興す者すべてが通る道だ。スタートアップ大国アメリカでの起業の進め方は日本のビジネスパーソンにも参考になるだろう。

日本公開年:2011 監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク

カリスマ起業家の栄光と転落『スティーブ・ジョブズ』(映画)

カリスマ創業者が世を去って早6年。今なおアップルは“ジョブズ亡き後の”という枕詞をつけて語られる。 本作はアップル創業から屈辱の追放を経て、再びアップルに帰還するまでを描く。主人公を演じるのは、若き日のジョブズによく似た風貌を持つアシュトン・カッチャーだ。

溢れるほどのアイディアと才覚を持てあまし、東洋思想に傾倒していた若き日のジョブズ。自宅のガレージから始まったアップルは1997年に発表したAppleIIにより華々しい成功を収める。一躍時代の寵児となったジョブズは革新的な製品を次々と世に送り出し、カリスマの名を欲しいままにする。一方、冷酷な独裁者として君臨する彼に耐えきれなくなった仲間たちは一人また一人と離れていき、ついにジョブズは自らが生み出したアップルを追われることになる。

ジョブズの情熱的で破天荒な生き方は、後に続く者の人生を変えるほどの魅力がある。カリスマの人生の一端に触れた者は鼓舞されずにはいられないだろう。

日本公開年:2013 監督:ジョシュア・マイケル・スターン 出演:アシュトン・カッチャー、ダーモット・マローニー、ジョシュ・ギャッド

伝説のプレゼンを直前に控えたジョブズに迫る『スティーブ・ジョブズ』(映画)

ジョブズによる新製品発表は単なるプレゼンの枠を超え、人々に驚きと興奮をもたらす福音として常に話題の的だった。本作はウォルター・アイザックソンによるジョブズ本人公認の評伝をもとにした異色の伝記映画だ。ジョブズの生涯を時系列に追うという一般的なアプローチはとらず、1984年のMacintosh、88年のNext Cube、98年のiMacという歴史的な3つのアップル製品の発表会直前のジョブズのみに焦点を絞る。

ジョブズの人生、アップルの命運、そして世界のIT潮流を変えた製品を世に送り出す直前の40分間、いったい何が起こっていたのか。ムダをそぎ落としたミニマムな3部構成の本作品はジョブズ本人も気に入るかもしれない。

ジョブズの起業家としてのカリスマ性が強烈に輝くほど、人としての不器用さがくっきりと浮き彫りにされる。苦悩と孤独は、新しい何かを生み出す者の宿命なのかもしれない。

日本公開年:2016 監督:ダニー・ボイル 出演:マイケル・ファスベンダー、ケイト・ウィンスレット、セス・ローゲン

ジョブズ本人が語る貴重なドキュメンタリー『スティーブ・ジョブズ1995〜失われたインタビュー』(映画)

天才的な起業家にして未来を描くビジョナリーだったジョブズは日々何を思い、どんな人生を歩んできたのか。それを知るには、ジョブズ本人の口から直接聞くのが最も確実なのは間違いない。

本作はジョブズ本人へのインタビューをまとめた70分間の映像作品だ。1995年にパーソナルコンピュータに関するテレビ番組用におこなわれたインタビュー映像は、一部が使われたのみで長く所在が不明になっていた。奇跡的に発見された映像を修復し、映像作品として公開されたのが本作だ。インタビュー当時、ジョブズはアップルから離れてNeXTの運営に携わっていた。自らの生い立ちやアップルの展望、パーソナルコンピュータの未来についてジョブズは何を語ったのか。

IoTの時代を迎えコンピュータと人類が切っても切れない関係になった今、改めて聞くジョブズの言葉は多くの示唆をもたらしてくれるだろう。

日本公開年:2013 監督:ポール・セン 出演:スティーブ・ジョブズ

ジョブズvsゲイツ!コンピュータ帝国の覇権をめぐる天才同士の対決『バトル・オブ・シリコンバレー』(映画)

天才肌で強烈な個性を放つジョブズに対し、ビル・ゲイツは寡黙で勤勉な秀才タイプと見られがちだ。フィクション・ノンフィクション含めジョブズを描いた映像や書籍は枚挙にいとまがないが、ゲイツが登場する作品は極めて少ない。

本作はジョブズとゲイツという正反対の個性を持つ二人の起業家を主人公に、コンピュータの創生期を描く。コンピュータの覇権をめぐり火花を散らす二人のバトルは見応えがある。世界を制するのはどちらか? 物語はジョブズがアップルに復帰するところで終わる。

本作の原題は“PIRATES OF SILICON VALLEY”。「海軍に入るより海賊になったほうがいい」というジョブズの有名な言葉を想起させる。既存のルールに縛られず世界を変えたいと思う者は必見の作品だ。

公開年:1999 監督:マーティン・バーク 出演:ノア・ワイリー、アンソニー・マイケル・ホール

Google全面協力のIT系お仕事コメディ『インターンシップ』(映画)

デジタル化の流れから取り残された二人のアナログな中年男。こんな二人がIT業界を牽引する先進企業に入社したら、いったいどうなる? 

中年セールスマンのニックとビリーは時計の販売会社の営業コンビだが、スマートフォンの普及により時計の販売は鳴かず飛ばず。ついに会社は倒産してしまう。失業した二人は、よりによって世界トップレベルのIT企業Googleのインターンシップに応募する。二人の目当てはGoogleの手厚い福利厚生だ。IT音痴のおじさんたちは、並み居るエリート学生たちを押しのけてGoogleに入社することができるのか? 

Googleの全面協力により、Google本社での撮影が実現。フィクションとはいえGoogleの社風や雰囲気がよく伝わってくる。人気シリーズ『ナイトミュージアム』の監督が贈る、観れば元気が出ること請け合いの痛快なお仕事系コメディだ。

公開年:2013 監督:ショーン・レヴィ 出演:ヴィンス・ヴォーン、オーウェン・ウィルソン

スタートアップ企業はいかに始まり、いかに終わるか『e-dreams』(映画)

伝説のITベンチャー“Kozmo.com”をご存じだろうか。本作はその誕生から終焉を描くドキュメンタリー作品だ。起業に興味のあるビジネスパーソンは学べることも多いだろう。

1998年、20代の投資銀行員のジョゼフ・パークとYong Kangは「注文した商品を30分で届けるオンラインのコンビニエンスストア」という画期的なアイディアを思いつく。夢に賭けた二人は勤務先企業を退職し、ウェブサイト“Kozmo.com”を立ち上げる。わずか10人の従業員で始まったKozmo.comは、翌年には従業員数3000人の一大企業へ急成長を遂げる。アマゾンやスターバックスなどからも一目置かれる存在となり前途洋々かと思えたKozmo.comだったが、2000年4月のある出来事をきっかけに運命が暗転する—

1998年の創業から2001年の事業停止まで、怒濤の3年間を駆け抜けたKozmo.comの足跡を伝える貴重なドキュメンタリーだ。彼らはどこで道を誤ったのか? 巨大企業に成長したアマゾンの台頭により流通をめぐる状況がめまぐるしく変化している今、改めて見直してみたい作品だ。

公開年:2001 監督:Wonsuk Chin 出演:Joseph Park、Yong Kang

ポストFacebook? シリコンバレーを舞台とするベンチャー青春ドラマ『betas/ベータス』(ドラマ)

ITベンチャーの聖地シリコンバレーでは、野心と才能あふれる若者たちが日々切磋琢磨している。自らが生み出したテクノロジーで世界を変える—シリコンバレーでは誰もが抱く野望だ。本作はフィクションながら、シリコンバレーでの成功を夢見る若者たちの姿がリアルに描かれている。

大学時代からの友人同士トレイとナッシュは、ユーザーに新たな出会いの場を提供するアプリ“BRB”の成功を目指し奮闘している。飽和状態にあるSNSの世界で、彼らが放つアプリは人々の心を捉えることができるのか?

「ベータス」というタイトルからは、ソフトウェアが正式にリリースされる前のβ版が思い起こされる。まだ何者でもない、半人前の若き起業家たちが恋に友情にケンカにビジネスにとエネルギーを燃やす姿には共感必至だ。

公開年:2013〜14 監督:マイケル・レーマン 出演:ジョー・ディニコル、キャラン・ソニ

オタクなプログラマは生き馬の目を抜くシリコンバレーで勝ち抜けるか『シリコンバレー』(ドラマ)

優れたアイディアが一つでもあれば、誰でも世界の覇者になりうるのがシリコンバレーの掟だ。明日のジョブズ、ザッカーバーグを夢見て、自らの才覚だけを武器に戦いを挑む者たちが聖地シリコンバレーに引き寄せられてくる。

本作の主人公リチャードは大手IT企業で働くプログラマ。ITギーク、つまり“オタク”のリチャードはひょんなことから革新的なプログラムを開発する。その技術はIT企業なら喉から手が出るほど欲しがるものだった。莫大な金額を提示して権利譲渡を迫る起業家たちに対し、リチャードは自分のスタートアップ企業を立ち上げることを決意する。

シリコンバレーの企業文化を忠実に再現し、IT関係者たちが思わず苦笑してしまうような“スタートアップあるある”の小ネタが満載なところも本作の人気の理由だ。IT業界で働く人やIT企業に興味のある人は必見。

公開年:2014〜 監督:マイク・ジャッジ 出演:トーマス・ミドルディッジ、ジョシュ・ブレナー

【番外編】仮想通貨をめぐる犯罪サスペンス『スタートアップ』(ドラマ)

ビットコインに投資家たちの熱い視線が注がれる今、仮想通貨は最もホットなキーワードだといえるだろう。本作では仮想通貨“ジェンコイン”をめぐり、一獲千金をもくろむ起業家と犯罪者、FBI捜査官がスリリングな駆け引きを繰り広げる。起業ストーリー×犯罪サスペンスという異色のドラマだ。

天才的な女性プログラマのイジーは画期的な仮想通貨ジェンコインを考案し、独力で完成させる。イジーは出資を求めて銀行に赴くが、思うような結果が得られない。ジェンコインに個人的に強く惹きつけられた銀行員のニックは、たまたま手に入れた出所不明の大金をジェンコインにつぎ込むことを決意する。実はその金はマフィアの資金だった。金を追ってやってきたギャングのロナルドとニック、そしてイジーはジェンコインのために不本意ながらも手を組むことになる。そこへ謎のFBI捜査官フィルが絡み、物語は思わぬ方向へ動き出す。

ドラマ『SHERLOCK(シャーロック)』でブレイクしたマーティン・フリーマンが悪徳捜査官を演じていることも話題になっている。

公開年:2016〜 製作総指揮:ベン・ケタイ 出演:アダム・ブロディ、マーティン・フリーマン(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)