税金納付の方法は現金払いが主流であったが、2017年1月より国税など一部税金がクレジットカードで納められるようになった。これに伴い今まで現金を払うだけの税金納付が、クレジットカードのポイントを貯めたり来店せず納付手続きができたりするようになった。

しかし金額などから支払い方法を選ばないと、負担額が増える恐れもある。

コンビニや金融機関からのクレジットカード税金支払いは不可

クレジットカード,税金,ポイント
(画像=PIXTA)

クレジットカードで税金が支払えるようにはなったが、公共料金のようにコンビニや金融機関などでクレジットカード決済ができるようになったわけではない。

国税の場合には「国税クレジットカードお支払いサービス」というネット上のサイトを経由して支払いの手続きを行う必要がある。「国税クレジットカードお支払いサービス」では、納付する税金の情報やクレジットカード情報を入力し実際に決済までの手続きを行う。クレジットカードで国税の納付を行うなら、ネットでの手続きが必要なのだ。

また、地方税などに関してはそれぞれの地方自治体などによっても納税の方法が異なるが、一般的には「Yahoo!公金支払い」などのサイトを経由し支払い手続きを行う。地方税に関しては、事前に住民票のある地方自治体の公式サイトなどで支払い方法を確認しておくことをおすすめする。

いきなりコンビニや金融機関に来店し、クレジットカードでの決算はできないので注意しよう。

クレジットカード払いの手続きは毎回自動引き落としではない

ここまで説明した通り、国税や地方税の中でクレジットカード支払いが可能なものに関しては、ネット上での手続きが必要だ。

しかし一度ネット上で支払い手続きを行なったからといって、翌月(または翌年)以降も自動的にクレジットカード決済が行われることは基本的にない。

クレジットカードでの納税は、支払いを行うたびにネット支払い手続きを毎回行う必要がある。 「一度手続きを行なったから、次回以降は自動引き落としになるだろう。」と考える人もいるが、納税遅延の原因になってしまうのでしっかり把握しておこう。

ただし、地方税の支払いができる「Yahoo!公金払い」の中には継続的な支払いができる税目も存在する。自分がクレジットカード決済を行いたい地方税が継続支払い可能かどうかは、事前にチェックしておくとよいだろう。

注意点1 手数料が発生する

今まで現金で税金の支払いを行なっていた人が、クレジットカード決済に切り替える理由の1つにクレジットカードのポイント還元がある。

現在多くのクレジットカードには、0.5%〜1%以上のポイント還元サービスがあり、クレジットカード決済を行うことで実質ポイント割引が受けられるようになっているのだ。

たとえば1万円分の税金をポイント還元率1%のクレジットカードで支払えば、100円分のポイントが還元される。

しかしクレジットカードでの税金支払いには手数料が発生するため、手数料を考慮しないとポイント付与があっても逆に多く支払う危険性がある。

国税の場合は納付税率に応じて以下のように手数料が必要になる。

・税額1円〜10,000円……手数料82円
・税額10,001円〜20,000円……手数料164円
・税額20,001円〜30,000円 ……手数料246円
・税金30,001円〜40,000円……手数料328円
・税金40,001円〜50,000円……手数料410円
・以降1万円を超えるごとに手数料に82円が加算される

たとえば、基本ポイント還元率が1%である楽天カードを利用して10001円の税金支払いを行なった場合、100円分のポイントが付与されることになる。

これに対して手数料は164円かかってしまうため、「ポイント分100円ー手数料164円=マイナス164円」となり64円分現金払いより多めに支払わなくてはならない。

また中には、クレジットカードのポイント還元サービス自体はあるが、税金支払いの場合にはポイント還元がないクレジットカードも存在する。 クレジットカード納税を行う場合には、利用するクレジットカードが税金支払いでポイント還元をしているのか、またその還元率、さらに税金支払いの手数料は事前に調べておこう。

注意点2 領収書が発行されない

クレジットカードで税金を納めた場合、領収書は発行されない。また一度クレジットカード決済で納めた税金に関しては取り消すことができないので、一度クレジットカード決済をすると領収書を発行することが不可能になる。

そのため領収書が必要になるものを納税する場合には、必ず現金に納付書を添えて金融機関や税務署などの窓口にて支払わなければならない。

また、クレジットカードで決済を行なっても納税したという事実がすぐに反映されるわけではない。国税では、クレジットカード支払い時から納税証明書が発行できるようになるまでに3週間程度の時間を有する場合もある。「領収書がなくても納税証明書があれば大丈夫」と考えている人でも、すぐに証明書が必要な場合には現金で納税したほうがよいだろう。

使えるブランドを念の為確認する

ここまで税金をクレジットカード支払いするための大きな注意点について説明してきたが、小さな注意点についてもいくつか説明しておこう。

まずは税金を支払えるクレジットカードの国際ブランドの種類の注意点についてだ。国際ブランドとは、クレジットカードの決済を行うためのブランドのことで、クレジットカードに記載されている「VISA」や「Master Card」などのことを指す。

たとえば国税支払いに利用できるクレジットカードの国際ブランドは以下の6種類である。

・VISA
・MasterCard
・JCB
・American Express
・Diners Club Card
・TS CUBIC CARD

日本国内でクレジットカードを利用している人の多くがVISA、MasterCard、JCBのいずれかの国際ブランドを利用しているのではないだろうか。基本的にクレジットカードの決済ブランドが原因で支払いができないということはほとんどないだろう。

もしもこれ以外の国際ブランドのクレジットカードを利用している人がいれば、支払いができないので上で紹介したいずれかのクレジットカードを用意しておこう。

国税と地方税の支払い方の違い

そもそも国税と地方税では、クレジットカード支払い手続きを行うサイトが違う。国税の場合は「国税クレジットカードお支払いサービス」を利用し、地方税の場合には「Yahoo!公金支払い」を利用するので間違えないように注意しよう。

【参考リンク】
国税クレジットカードお支払いサービス
Yahoo!公金支払い

「国税クレジットカードお支払いサービス」利用の手順は以下の通りである。

1 公式サイトから「利用にあたっての注意事項」を読んだ上で、注意事項に同意する
2 納付情報として利用者の氏名や住所、電話番号、さらに納付税目を入力する
3 決済を行うクレジットカードの情報を入力する
4 納付情報やクレジットカード情報の確認画面にて入力情報の最終確認を行う
5 納付手続き完了

「Yahoo!公金支払い」を利用する際には、支払いを行う地方自治体によって若干手順が異なる可能性もあるが、基本的には以下の手順で手続きを行う。

1 利用者のYahoo!IDでログイン
2 支払う税目を選択する(表記されていない税目に関しては支払いできない)
3 支払う都道府県(または市区町村)を選ぶ
4 納付番号または確認番号を入力
5 個人情報やクレジットカード情報を入力する
6 入力した納付情報の最終確認を行う
7 納付手続き完了

国税、地方税いずれの納付に関しても、手続き自体はそれほど難しいことはなく一度手順を覚えてしまえば簡単な操作で納税ができる。手続きを行う前には、納税を行う税目の納税用紙やクレジットカードを手元に準備してから手続きを行うと入力がスムーズである。

クレジットカード税金支払いは注意点もあるがメリットも豊富

注意点ばかりをあげてきたので、税金のクレジットカード決済にはメリットが全くないような印象を受けるかもしれないが、もちろんメリットも豊富に存在する。

たとえば、税金の支払い方法はクレジットカード以外であれば現金で支払うしかないのだが、支払いのためには税務署や金融機関、コンビニまで来店する必要がある。納税金額分の現金を持ち歩く必要があり、金額が大きくなればなるほど紛失や盗難などのリスクは高くなる。

それに比べてクレジットカードでの支払いは、パソコンやスマホなどから情報を入力するだけで決済を行える。自宅からでも決済が完了できるという点では、現金を持ち歩くリスクや手間を軽減できるのだ。

また、税金の支払いがクレジットカードの利用明細に一覧で表示されるため、支払いの管理が楽になるというメリットもある。

現金で支払った場合、領収書や納税証明書がそれぞれの税目によって発行されるためその分の管理が大変になる。最近ではクレジットカードの利用明細自体がネット上で確認できるクレジットカードもあり、納税に関する書類の管理を軽減できる可能性も高い。

さらに最大のメリットとなるのは、やはりクレジットカードによるポイント還元サービスである。 支払い金額が高額になればなるほど、還元ポイントも高くなるので手数料と比較しながらしっかり利用したい。

このように、クレジットカードでの税金の支払いにはメリットも存在する。自分がどのような「税目」を「いくら」「どのクレジットカードで支払うのか」をまずは把握した上で、効率的に納税できる支払い方法を選択することが大切だ。(ZUU online編集部)