多忙なスケジュールの合間をぬって、バカンスや趣味を楽しむ余裕はどこから生まれるのか―。

世界中を飛び回っている大企業家ほど時間の管理に長けている。

ビル・ゲイツ氏、ウォーレン・バフェット氏、ティム・クック氏らなど5人の大富豪の時間の管理術を通じて、お金以上に大事な「時間資本」と上手く付き合う方法を学びとろう。

(1)ビル・ゲイツ――徹底したスケジュール管理で無駄を省く

時間,大富豪,スケジュール
(画像=Getty Images)

Microsoft会長の座を引退後も主にビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団の活動で多忙なイメージの強いゲイツ氏だが、ワークライフ・バランスを重要視しており、自宅にいる時はかならず家族で食卓につき、料理まで作る余裕があるという。

こうした時間の余裕は、「いっさい時間を無駄にしない」洗練されたタイムマネジメント・スキルから生まれるものだ。

ゲイツ氏は過密なスケジュールを最短で5分単位にまで細分化し、仕事中は仕事のみに専念する。仕事中にSNSや私用のメールをチェックしてしまうなど「たった数分」の脱線が、長期間で換算すると驚くような時間のロスにつながる。例えば10分間仕事から脱線したとして、1週間で70分、1カ月で300分、1年間で60時間無駄にしている。

また自分が目を通すべき重要なメールを部下により分けさせるなど、様々なタスクで優先順位を決めている。

ゲイツ氏のタイムマネジメント術で最も興味深いのは、こうして濃縮させた時間を分散させるのではなく、ひとつの物事に集中して費やしている点だろう。多忙な企業家は複数のプロジェクトを同時進行させるのが一般的だが、ゲイツ氏はビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団とMicrosoft関連の仕事をきっちり分けているという。

ゲイツ氏は日常的なタスクをこなすだけではなく、「長期的に時間を投資する」ことの大切さも説いている。何か目標を立てたとして1年や2年先の結果に焦る代わりに、5年、10年後にどうなっているのかに目を向ける。このあたりはウォーレン・バフェット氏が提案する長期的投資術と共通する。(Medium2018年12月7日付記事 )。

(2)ウォーレン・バフェット――1週間の最優先予定は3つだけ?スケジュールを簡潔化

「スケジュールを極力簡潔化する」というバフェット氏のタイムマネジメント・スキルは、ゲイツ氏と対象的だ。ブルームバーグのテレビ番組に出演した際 (2017年1月31日公開)に披露したスケジュール帳には、1週間の予定が3つしか書き込まれていなかった。

これはけっして1週間に3つしかタスクをこなしていないというわけではなく、そのほかの仕事は臨機応変に優先順位をつけて対応しているということだ。また時間や経費の浪費につながる「会議や会談で時間をつぶさない」。

一緒に出演したゲイツ氏は、「自分の時間の使い方は自分で決めること」をバフェット氏から学んだが、予定を細かく振り分ける習性はぬけないと認めた。ただし「より効率的に、何を優先するべきか」を判断できるようになったと語っている。

(3)ティム・クック、(4)リチャード・ブランソン、(5)マーク・キューバン――「会議で時間を無駄にしない」

AppleのCEOであるクック氏が毎朝3時45分に起きるというのは有名な話だ。「ちょっとゆっくり目に起きた時でも午前4時半」 という。早起きしたクック氏はメールに目を通し、ジムでひと汗かいてからスタバでくつろぎ、そこから職場へ向かう。

毎日700~800通のメールがクック氏宛てに送られてくるというが、ゲイツ氏同様、クック氏も一部のメールにだけ目を通す。ただし本人いわく「ワーカホリックなのでついつい全文を読んでしまう」そうだ。

そんなクック氏が徹底して気をつけている点はバフェット氏と同じく、「余計な会議や会談はしない」こと。故スティーブ・ジョブズ氏やマーク・キューバン氏、リチャード・ブランソン氏も反会議派で、キューバン氏に至っては「相手が小切手をきると確信していない限り、絶対に会議はするな」 とアドバイスしている。

会議をしたからといって、ビジネスの話がまとまる保証もさらに利益が生まれる保証もない。1時間の会議に時給30ドルの人間が10人集まれば、それだけで300ドルの出費だ。合計10時間分の労働が浪費されることはいうまでもない。

会議を開く代わりに、クック氏は従業員や関係者に小まめにメールで連絡する、ブランソン氏は「10分間の朝礼」 を開くという。極端な例では社内の廊下を歩きながら、あるいは移動中に会議を行ってもよい。無駄を省いて要点だけに集中することで効率化が図れ、会議中の居眠りも避けられる。

時間に関する2人の著名人の名言を紹介 「時間を節約するのではなく、投資する」

著名経営学者ピーター・ドラッカー氏は生前、「上手く時間を管理できるようになるまでは、ほかのことは何も管理できない(goodreads.comより )」と発言していた。

『効率的な人の7つの習慣』などを著書にもつベストセラー作家スティーブン・コーヴィー 氏は時間との上手な付き合い方について、「答えは時間の節約ではなく、投資することで見つかる」 と発言している。時間は限りある資源であり、現金同様、上手く管理する必要がある。

この点に関しては、欲しいものを好きなだけ買える経済的余裕がある大富豪も同じということだ。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)