「お金が沢山あれば何でもできるから、怖いものなし」と庶民は勘違いしがちだ。しかし、お金持ちにも怖いものはある。

USNewsのファイナンスライター、トム・サイティング氏や投資ファンド企業の調査などからわかった「お金持ちが恐れている9つのこと」を紹介しよう。庶民と共通するものから縁遠いものまで様々だ。

老後の経済的な心配

お金持ち,不安,老後
(画像= Roman Samborsky/Shutterstock.com)

周囲の目には「一生使い切れないほどのお金を持っている」ように見えても、当の本人は老後にお金が尽きてしまう心配をしている。米投資ファンドPersonal Capital とビジネス・インテリジェンスORC International が共同で実施した調査では、資産50万ドル以上を所有しているお金持ち1000人のうち、51%が「退職後の経済的な安定が心配」と答えた。

Lincoln Financial Groupによる2014年の調査でも、資産100万ドル以上のお金持ちの48%が同様の回答をしている。どれほど沢山のお金を持っていても、老後は心配ということだ。

ポートフォリオを上手に構成しているか

Personal Capitalの調査では、46%が「税金対策を考慮してポートフォリオを構成していないのではないか」、42%が「私のポートフォリオ構成では、市場が低迷した際に持ちこたえられないのではないか」と回答。お金持ちがいかに資産運用に熱心かが伝わってくる。

お金持ちは家賃や住宅ローン、教育費などの心配をしなくて良い代わりに、お金をしっかりと管理することに時間と労力を費やす。資産が多ければ多いほど、資産運用に対する意識が高まる。資産を最も効率的に増やすために専門家に資産運用を委ねる、あるいはアドバイスを求めるお金持ちも多い。

しかし専門家を雇えば雇ったで、「本当に最大限の利益を生むために努力してくれているのか?」 という猜疑心が芽生えるようだ。

現在の富を失う

何らかの事情でこれまでの裕福な生活を失うことは、お金持ちにとって耐えがたい恐怖である。Personal Capitalの調査では38%が「お金がなくなることが怖い」と答えた。

健康への懸念

お金に糸目をつけず、一流の治療を受ける経済的余裕があるお金持ちでも、自分の健康状態を心配している。Lincoln Financial Groupの調査では、ミリオネアの54%が「退職後の健康状態」への懸念を示している。

特に医療費が高額な国では、「経済的な余裕があるかないか」が寿命に影響するという調査報告がある。

子どもが浪費に走る

お金持ちの子どもが親のお金を散財するのは珍しいケースではない。巨額の富を継承できるため、野心のない子どもに育つ可能性もある。

特に、自ら一代で財産を築いたセルフメイド・ミリオネアやビリオネアは、仕事にはお金で買えない自信や自己価値、達成感があることを認識している。子どもがそうした重要な体験をせずに、親の富に依存してしまう懸念はなおさら強いだろう。

仕事の責任

会社員がリストラの恐怖におびえるように、お金持ちにも仕事上の心配が絶えない。会社が不祥事を起こせばCEOでも解雇されるし、役職に就いていれば社運を左右する重要な決断の責任感がのしかかる。設立者であれば、会社が破たんすれば何百人、何千人もの従業員とその家族が路頭に迷うことになる。責任重大だ。

お金持ち同士の見栄の張り合い

競走社会で暮らしているのは、お金持ちも庶民も同じだ。どこの大学出身か、どこに住んでいるか、どんな車に乗っているか、どこに休暇に行ったか、すべてが人生のステータスを表している。

サイティング氏いわく、お金持ちは庶民より競争心が激しい傾向がある。周囲のお金持ちや、ウォーレン・バフェット氏やビル・ゲイツ氏といったビリオネアに負けないように見栄を張れば張るほど、気苦労が増える。しかし「お金持ちは苦悩するのが好き」と、サイティング氏は皮肉を言っている。

人間不信

アジアの情報サイト「Next Shark」のライター、セバスチャン・ディロン氏がこれまでに会ったお金持ちの共通の懸念は、「人間不信」だった。

お金を沢山持っていると、周囲の人が自分の人柄に魅了されて寄ってくるのか、あるいは自分の持っているお金に寄ってくるのか、分からなくなるそうだ。結婚相手であろうと家族であろうと、そうした猜疑心は消えにくい。

楽しい会話を楽しみたいだけなのに、相手は投資や借金を申し込む機会をうかがっている−−そんな状況では、人に不信感を抱くようになっても不思議ではない。

自分の幸福

「本当の幸せはお金で買えない」ことは、お金持ちも知っている。お金の魅力に抵抗できる人間は少ないだろう。幸福のレベルがお金がない時に比べて変化していないことを発見するためだけに、多くの人はそれを追求しようとする。

宝くじで大金を得たにも関わらず、破産や家族離散を経験した話は珍しくない。「お金が幸福どころか、悲しみだけをもたらす結果にならないか」という、庶民にはない心配の種をお金持ちは抱えている。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)