アルバイトで貯めた65万円をわずか7年半で25億円に膨らませた個人投資家片山晃氏の手法を紹介する。

これから株式投資をはじめたいが、どうしたらうまくいくか。すでに株式投資をはじめているものの、何かいい方法はないか。株式投資に「勝つ」ことを意識すればするほど、「絶対的」「普遍的」な投資手法を追い求めるものである。しかし、著名な投資家の投資手法をみると、それは千差万別。逆にいえば、あなたが株式投資で「勝つ」ためには、あなたにとって最適な投資方法を確立することがキーとなる。

(本記事は、片山晃氏・小松原周の共書『勝つ投資 負けない投資』=株式会社クロスメディア・パブリッシング/インプレス、2015年5月21日刊=の中から一部を抜粋・編集しています)

【関連記事 『勝つ投資 負けない投資』】
・(1) アルバイトで貯めた65万円を7年半で25億円にした片山晃氏の手法
・(2) 片山晃氏が説く「買い方」「売り方」「見分け方」
・(3) 「不敗の投資家」小松原周氏の銘柄の選び方

勝つ投資 負けない投資
(画像=Webサイトより ※クリックするとAmazonに飛びます)

右も左もわからなかったデイトレ時代

僕のことを上手いトレーダーだと思って下さっている方もいらっしゃるようですが、実は全くそんなことはありません。断言しますが、僕はトレーダーとしては良くて二流、下手をすれば三流です。そんな腕でも勝てることもあるので、チャンスには積極果敢にトレードをしていますが、それだけに絞ってやっていけるとは到底思っていません。

しかし、株を始めた当初は何もわからないままにデイトレードをやっていました。2005年といえばライブドアショックが起こる1年前で、オンライントレードブームも佳境に入ってきた頃。猫も杓子も株の特集を組んでいて、カリスマデイトレーダーが誌面を賑わしていた時代です。そんな時に株を始めたら、自然とそうしたスタイルに流れてしまうのは当然の成り行きでした。

デイトレはその名のとおり、その日のうちに取引を終える短期のトレードで、オーバーナイト(持ち越し)のリスクを取らずに済むこと、成果が目に見える形で確認できることがメリットといえます。

ただその分、一度のトレードで取れる値幅が小さく、コツコツと儲けを積み上げるようなやり方になること、そもそも日中ザラ場(取引時間)に張り付いていなければならないということがデメリットになります。しかし、僕が始めた2005年前後や今のアベノミクス相場のような相場の好調時には、「大きく儲けにくい」というデメリットが一時的に覆い隠されることになります。

それはなぜかというと、後から後から新規参入者がやって来て、相場自体に新しいマネーが入ってくるからです。こうした状況のことを、「パイが大きくなる」と良くいいますね。この状態では、未熟だけどお金は持っている人たち、すなわち上手い人から見た「カモ」が次々に現れるので、上級者は先行した優位性を武器にどんどん勝っていくことができます。

ですが、新規流入が止まって安定期に入ると、今あるパイの取り合いになるのでそれまでほど楽に勝つことはできなくなります。そして相場の下落時には資金流出によってパイが小さくなっていくので、上手い人でも勝てなくなる冬の時代がやってくることになるのです。

日本の新興市場に長い冬をもたらしたライブドアショックが起きたのは2006年の1月でしたが、日経平均株価自体は2007年の夏まで上昇が続きました。前回の相場では、そこまでがパイが大きくなっていた状態といえます。

この時までは、僕の資産も順調に増えていました。

2006年末に仕事を辞めて専業投資家になった時は資産が200万円でしたが、2007年の10月には1,000万円の節目を突破していました。わずか1年足らずで5倍ですから驚異的なパフォーマンスといっていいでしょう。

でも、この時の僕はまだ確固たる投資手法を持っておらず、チャートの見方もろくにわかっていないレベルでした。なんとなく上がりそうだから買って、なんとなく下がりそうだから売る。パイが広がっている時期には、本当にそんなトレードでも資産が増えてしまうことがあるのです。

そして、現実にこれだけ資産が増えているのだから自分はトレードの才能があるに違いないと錯覚してしまうわけです。

デイトレーダーとしての限界

日経平均が天井をつけたのは2007年の夏で、リーマン・ショックが起こるまでにはまだ1年以上の時間がありました。株価は下降線を辿っていたとはいえ、売買代金の水準は依然として高く、市場には多くのチャンスがあるように見えました。

ところがその期間、僕の資産は全く増えていかなかったのです。2007年10月に1,000万円を突破した資産は、一時的に1,300万円まで増加したものの、2008年8月には再び1,000万円を割り込むところまで戻っていました。流石に1年間やって資産が横ばいなのはまずい……そういう焦りと危機感が募っていた頃に、ある出来事が起こります。

それは、ネットで知り合った投資家たちとのオフ会(ネット上の各コミュニティの主催者またはメンバー有志により企画立案・開催されるオフラインの会。)の会話での出来事でした。

当時の人気銘柄のひとつにネットエイジ(現社名ユナイテッド)という株があって、個人投資家の注目度が高く頻繁に値動きを見せていました。そのため僕もよく参戦したのですが、いつも負け、しかも大損といえるレベルでの大敗を繰り返していたのです。

だから、僕はオフ会の参加者に何気なく「ネットエイジってほんと難しいですよね」と言ったのですが、なんとその人はネットエイジで負けたことがなく、むしろ得意にしている銘柄だと言うのです。自分がどうやっても勝てないと思っていた値動きを簡単だと言い切る人を目の前にして、僕は頭が混乱しました。家に帰ってからも、ずっとそのことを考えていました。そしてある結論に至りました。

僕はデイトレーダーとしては一流にはなれない―……。

よくよく考えてみると、ネットエイジに限らず、上手い個人投資家がよく手がけていた銘柄ではことごとく負けた記憶しかありませんでした。誰でも勝てるパイの拡大期が終わった後、気がつくといつの間にか僕がカモになっていたのです。

そのことに気づいた途端、手持ちの1,000万円という資産がとてつもなく心細い数字に見えてきて、「このままではいけない、何とかして勝てるようにならなければ」との思いを強くし始めた頃に、リーマン・ショックは起こりました。

割安株投資に活路を見出す

日経平均があっという間に半分になり、まるで焼け野原のようになった株式市場を見て、僕は自分の人生の行く末を初めて案じました。なんだかんだいっても景気はいいし、株でダメなら普通に働けばいいと楽観的に考えていたところがあったのですが、突然やって来た大不況によって真面目に働いていた多くの人が職を失った光景を見て、もう自分には株以外の道はないのだと覚悟を決めました。

そうはいっても、勝つための方策がまるで見つかりません。リーマン・ショック前でも勝てなかったのに、こんなことが起きた後に勝てるはずもない。スキャルピングという秒単位の超短期トレードを繰り返して糊口をしのぎながら、この後市場がどうなっていくのかということを毎日考えました。

明らかだったのは、以前のような売買代金が戻ってくるには相当の時間がかかるだろうということでした。トレーダーにとっては流動性の多寡が死活問題になりますが、市場が死んだようになってしまった今、新しい資金が入ってくる見込みはほとんどありません。それが少なくとも数年は続くだろうという前提で、僕は今後の戦い方を練りました。

そうして行き着いたのが、割安株への長期投資です。思えば単純なことだったのですが、1年前にはあれほど高かった株が信じられないような安さになっていました。

「もしかすると、この中に今買っておけば儲かる株があるかもしれない」。もともと企業業績には関心があり、会社四季報や日経新聞を読んでいた僕は、より一層この部分に力を入れることにしました。

今でもやっているすべての適時開示情報(上場企業によって提供される、四半期決算や業績予想などの重要な会社情報のことをさす。)に目を通すという習慣は、この頃から始まったような気がします。こうして、今やっている小型成長株への長期投資につながる、新たな投資手法への取り組みがスタートしたのです。

どんなやり方が向いているかは人それぞれ

投資には様々なやり方があり、どれを選ぶべきかは一概に論じることができません。ですから、これから本書を通じて触れる具体的なやり方や考え方については、「たまたま片山晃という人間が上手く行ったやり方」であるということを忘れずに受け止めるようにしてもらいたいと思います。

投資はその人の性格が物凄く出ます。また、育ってきた環境や今の家庭の状況などのバックグラウンドによって、リスクに対する考え方も大きく異なります。なので、自分にはどんなやり方が向いているかというのは自身で見つけるしかありません。

ではどのようにして自分に合ったやり方を見つければ良いのかということですが、特に難しいことはありません。いろいろなやり方に実際に触れてみて、それを実践している先駆者のブログや書籍から考え方を学び、しっくり来るまで試してみるのです。僕もこれが多分自分のやり方なのだろうなと自覚できるようになるまで5年はかかりました。

良くないのは、大きく儲けたいとかラクして稼ぎたいという発想からやり方を決めることです。著名トレーダーにBNFさん(推定資産300 億円超ともいわれる個人投資家。「ジェイコム男」として一時期メディアなどにも登場していた。)という、30代にして数百億円もの資産を稼ぎだした生きる伝説となっている方がいますが、僕は彼のやり方を決して真似しようとは思いません。やっても自分にできるわけがないことを、これまでの経験でよく知っているからです。僕もその全貌を知っているわけではないですが、彼は本当にトレードに関して天賦の才を持っているように思います。

逆に、僕のように企業業績をつぶさに見ていくような作業はどうしても好きになれないけれども、BNFさんのように独特の感覚で値動きを捉えるトレードの方が性に合っているという人ももちろんいると思います。そこは、それぞれが考えることでしょう。

ただ、一般に株を始める時に参考にするであろう書店の株コーナーやマネー誌に出てくるやり方は、どうしてもその時々の売れ筋に沿ったものになるため、内容が画一的になりがちで、本当に自分に合ったやり方に辿りつけていないという人もいるのではないかと思います。ですから、そこはネットなどを使って能動的に、世の中にはどんなタイプの投資家が存在するのかをよく研究してみることをお勧めします。

かけられる時間と情熱によって取れる手法が決まる

僕の現在の主な投資手法は、小型の成長株がその頭角を現し始める初動を捉えて集中的に投資をするというものです。これをやるには、普通の人があまり見ていないような小さな株を常にウォッチしながら、世の中の次のトレンドはなんだろうかということを考え続ける必要があります。小型の株は特定の製品やサービスに特化していることが多いだけに、そこに時代の風が吹けば業績や評価が一変する可能性を秘めているからです。

時代の風とは、たとえば震災後のエネルギー関連やLEDなどの省エネであり、コンピューターの世界ではクラウドやIoT(Internet of Thingsの略。あらゆるモノがインターネットにつながっていく技術のトレンドのこと。)であり、最近であれば自動車の自動運転システムやマイナンバー(社会保障・税など行政に利用するため、国が個人や法人に固定された番号を付与する仕組み。)などです。より大きな視点で捉えるならば、21世紀に始まったインターネット革命は今なお吹き続けている時代の風といえるかもしれません。そうした大なり小なりの世の中の変化を予測し、銘柄という形に落としこんで先取りするのが成長株投資の基本です。

これをやるにはいくら時間があっても足りません。学校の宿題のように、今日はここからここまでやればいいというものがなく、その気になれば365日24時間ずっと取り組むこと、考えることがあり続けます。なので、このやり方は世の中の行く末や企業の盛衰について考えることがそもそも好きで、そうしたことに多くの時間を費やすことを厭わない人にしかできない可能性があります。

どのようにしたらそんな人間になれるのかは僕にもわかりません。僕の会社に今年入った新入社員は、新卒で入った会社から入社前に与えられた教材に、コーポレートファイナンスについて学ぶものがあり、そこから企業価値などについて関心を持つようになって株を始めたそうです。今では朝から晩まで会社四季報を読んでいても飽きない株オタクぶりを見せていて、その意味では外部から与えようと思ってもできないとてつもない素質を持っているといえます。

一方で、東大の株サークルでプロのアナリストがやるような堅くて緻密な企業価値評価の練習を大型株相手にやっていた学生の子が、いつの間にか値動きの激しい人気の新興株に積極的に投資して大きなリターンを上げていたという事例もあります。

このように、当初の興味関心から変遷していくパターンもあり得るということでしょう。

それはともかく、もし僕と同じようなやり方をするのであれば、それなりの時間と情熱を注ぐことを覚悟しなければならないと思います。それも、数年かけて収穫期に入るぐらいの時間感覚が必要です。

では、僕が数年に及ぶ苦行のような体験をしてきたのかというと、そんなことは全くありません。僕は単に、元から関心のあった企業業績に関する研究や分析を、投資で勝つためにより深く行っただけであって、その作業自体はずっと楽しんでやって来ました。先ほどの四季報を読み続けている新入社員にしてもそうですが、それが「向いている」ということなのだと思います。

時間も情熱もかけられない人が取るべき手法とは

そういう地道な作業は向いていない、かといって値動きを読んでトレードで勝つほどのセンスもなさそうだという人はどうすればいいのでしょうか。

答えは明瞭で、投資で大きく儲けることは諦めた方がいいです。自分に合ったやり方が見つかっていないのに、儲けたいという願望ありきで投資を続けてしまうと、儲けるどころか損を重ねるばかりで大変危険です。

冷酷かもしれませんが、投資に向いていない性格の人というのは現実に存在すると思います。ただ、そういう人はスポーツやアートの分野に向いているかもしれないし、起業やビジネスで才覚を発揮するかもしれません。たまたま投資に向いていなかったというだけで、他の分野に目を向ければいいことです。

それでもどうにかして投資で勝ちたいという人には、次の3つの選択肢が考えられます。

1 あまり適性がないことを自覚して、無理のないリターンを上げる手法を磨く
2 信頼できるプロフェッショナルを見つけ、自分のかわりに運用してもらう
3 投資で勝つために自分自身を殺し、勝てる性格に少しでも近づける

1は、大勝ちはできないが手堅くて汎用性の高い手法を取り揃え、それを効果的に使い分けていくというものです。自分でやっていないのであまり適当なことはいえないのですが、企業の純資産価値に着目したバリュー投資や、配当利回りを基準とした銘柄選択、普段はキャッシュを厚く持っておいて相場が大きく下げた時にだけ出動するやり方など、方法はいろいろあると思います。

2は、端的にいえば投資信託を買うやり方です。これについては多くの専門書が出ているので、敢えてここで解説はしません。

3は、一番きついやり方です。なぜ多くの人が投資で負けてしまうのかというと、頭では正しいと理解していることをそのとおりに実行することがとても難しいからです。値動きが弱くとても上る見込みがなさそうなのに、損を確定させたくないからと含み損のまま塩漬けにしてしまうのがその典型です。理屈としてわかっていることと、それを実践できることには大きな違いがあり、これを埋めるのは容易ではないのです。

ところが、トレードに向いている人はそこにためらいがありません。下がると思えば売る。損切りした株でも、また上がると思えば躊躇なく売値より高いところで買う。普通の人が「心理的」にやりにくいようなことを「合理的」に処理していけるのが、トレード適性の高い人です。

反対に、長期投資においては短期的には弱々しく見える値動きでも、自分が考える将来価値との差にギャップがあると思えばむしろ買い増していく勇気も必要になります。これは、弱ければ売って、強ければ買えばいいという合理的な考え方ができるトレード派の人とは相容れない感覚でしょう。

自分に向いていないと思っても、目指すリターンを上げるためにはその手法が必要なのだとなれば、自分自身を変革していく努力が必要になります。長期間投資をやっていれば必ずどこかで壁にぶつかるので、専業投資家になるならこの覚悟は必要不可欠といえるかもしれません。

諦めずに続けることが何よりも大事

これまでお伝えしてきたように、自分にとって最適なやり方を見つけ出すだけでも数年の時間を要する場合があります。さらにそこから、その手法を磨き上げて芽を出すまでにまた長い時間がかかるので、途中で投げ出してしまいたくなることもあるかもしれません。

それでも、少しでもこの世界に興味関心を抱いて入ってきたのなら、諦めずに投資は続けて下さい。なにせ、人生はとても長いのです。おそらく僕達が生きている間ぐらいは、株式市場がこの世界から消えて無くなることはないと思います。

その間に、いろいろなことが起きるでしょう。僕が株をやって来たこの10年の間だけでも、オンライントレードブームがあり、ライブドアショックがあり、サブプライム問題とリーマン・ショックがあり、東日本大震災が起きて、欧州債務危機に揺れたと思ったら、アベノミクスと金融緩和でもう見られないと思っていた日経平均2万円を目にすることになったのです。

さらに10年時計の針を巻き戻せばITバブル(1990年代後半から米国を中心として起こったIT 企業株を中心としたバブル。日本では2000年前後に株価が上昇。)があり、その10年前にはバブル崩壊がありました。この間、たった30年ほどの出来事です。僕はまだ32歳ですから、これと同じかそれ以上の時間、これからも株式市場を見ていくことになると思います。それを考えれば、いつどこにどんな機会が待っているか、あるいは投資と向き合わざるを得なくなる必要性に迫られるかわかりません。

そうであれば、出会いは早い方がいいし、一度始めたものは細々とでも続けて蓄積していった方がいいと思うのです。それに、投資で身につけた知識や考え方が仕事などで思わぬ形で役立つこともあるかもしれません。

少なくとも、今日この時に株式投資に関心を持ち、何かの縁でこの文章を読んで下さっている時点で、まだこの世界に出会っていない人よりも何歩も先んじている。そのことは自信を持っていえると僕は思います。

片山晃(かたやま・あきら)
ペンネーム:五月(ごがつ)。シリウスパートナーズCEO。専門学校中退後の4年間をネットゲーム廃人として過ごした後、22歳で株式投資に出 会い、投資活動を開始。2005年5月からの7年半で、65万円の投資額を12億円 まで増やした。2013年には運用会社レオス・キャピタルワークスに転じて機関投資家 業務に従事。2014年、ベンチャー投資を行うシリウスパートナーズを設立して再独立。 複数の上場企業に大株主として名を連ね、本格的な長期投資を実践している。現在の運用 総額は25億円。