人生は一度きり。それなら好きな仕事でお金を稼いで、何不自由なく幸せな人生を送りたい。そう考える人は多いはず。しかし、方法がわからなかったり、失敗への不安があったりして、何となく二の足を踏んでしまっていないだろうか? そんな疑問にこたえるべく、迷える人々を「幸せなお金持ち」に導くコンサルティングの第一人者であり、ベストセラー『ユダヤ人大富豪の教え』をはじめ、累計700万部超の著者でもある本田健さんに3回にわたって幸せなお金持ちになるために必要な要素を、ご自身の体験を交えて語っていただいた。

お金を稼げる力はあっても「不幸な人」にならないために、「幸せなお金持ち」がどういう人で、どのようなマインドをもっているのかを知ることが大事。第1回では、幸せなお金持ちの仕事に対する考え方やお金との付き合い方について聞いた。(取材・押田裕太 ZUU online編集部)

本田健氏
本田 健(ほんだ けん)
作家。神戸生まれ。経営コンサルタントを経て、29歳で育児セミリタイヤ生活に入る。「お金と幸せ」をテーマに講演会を全国で開催。無料インターネットラジオ「本田健の人生相談~Dear Ken~」は3800万ダウンロードを記録。著書は『ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣』『大富豪からの手紙』など130冊以上、累計発行部数は700万部を突破。2019年6月にはSimon & Schuster社より初の英語での書き下ろし著書『Happy Money』を出版、世界25ヵ国以上の国で順次発売予定。本田健公式HP

目次

  1. 「幸せなお金持ち」と「不幸せなお金持ち」は、何が違うのか?
  2. 自分がやりたいことの見つけ方
  3. 「自分がやりたいことかどうか」は、全力で3ヶ月やればわかる
  4. お金との健康的な付き合い方「お金は使ったら入ってくる」
  5. 日本一の個人投資家・故竹田和平氏から教わったこと
  6. 幸せなお金持ちは、相手も自分も幸せになるお金の使い方をする
  7. コスパが高いのは「自分の好きなことをやって、そこそこの小金持ちになること」

「幸せなお金持ち」と「不幸せなお金持ち」は、何が違うのか?

本田健氏
(画像=ZUU online)

──本田さんの著書を読むと「幸せなお金持ち」ということがキーワードとして挙げられると思います。まずは、「幸せな」という定義についてお考えを聞かせてください。

ある意味、私のキャリアのスタートは8歳〜9歳。税理士の父をアシスタントするような形で、顧問先の社長さんにお茶出しからスタートしました。その経験から感じたことは、世の中には「お金持ちの人」と「お金持ちではない人」がいるということでした。たとえば、お金持ちの人はピカピカの車に運転手がいて、そうでない人はバスを乗り継いで来ているとか。手土産の感じからも、お金持ちかそうでないかというのを子どもながらに見分けていたのだと思います。

そして20代前半、お金持ちの方とビジネスをするようになって、お金持ちにも「すごく幸せな人」と「幸せそうではない人」がいることに気がつきました。幸せなお金持ちの人はずっとニコニコしています。反対に同じお金持ちでも、常に不機嫌そうに怒鳴っていて、あまり幸せそうではない人もいて、その違いが何なのかずっと気になっていました。

ある時、そのことを幸せなお金持ちの人に聞いてみると、次のように言われました。

「幸せなお金持ちは自分の好きなことをやってお金持ちになったから幸せで、不幸なお金持ちというのは、自分の楽しくないこと、嫌いなことをやってお金持ちになったから不幸なんだ」

それからずっとお金持ちを観察するようになりました。自分の好きなこと、たとえば10店舗のラーメン屋を経営して、お客さんの喜ぶ姿をニコニコしながら見ているオーナーもいれば、本当はやりたくないアパレルの経営者として、原価率や売上の数値が悪いことに常にイライラしていたり、あるいはスタッフの人に怒鳴り散らしたりする人がいます。

そういった人たちを、5年、10年という時間軸で見ていると、うまくいかなくなる人は、やはり後者でした。不幸な人は時流に乗ってお金持ちになることもありますが、永続は難しいということです。

その後も、いろんな人たちと付き合うようになりましたが、やはり幸せなお金持ちと不幸なお金持ちがいて、自分の好きなことをやって生きている人と、そうではない人の違いを目の当たりにしました。そして同じお金持ちになる道があるなら、好きなことをやってお金持ちになるほうが楽しそうだと思ったのが、この道に入るキッカケです。

自分がやりたいことの見つけ方

──幸せなお金持ちになるには、自分の人生にフォーカスすることが大事なんですね。しかし、自分のやりたいことがわからないという人も世の中には結構いますよね。自分のやりたいことは、どうしたら見つかるのでしょうか?

人はそれぞれ好きなものが全然違います。日常的に人と会うのが好きな人と嫌いな人、パソコンで仕事するのが好きな人と嫌いな人、街が好きな人と自然が好きな人、日本が好きな人と海外が好きな人など、いろんなタイプの人がいます。

自分のやりたいことを見つけるためには、普段から自分が何にテンションが高くなるのかを見つめるようにアドバイスをしています。たとえば、プレゼンをやっているときはテンションが上がるけど、経理処理の時間はテンションが大きく下がってしまうという人が周りにいませんか? もちろん逆もあると思います。もし自分でわからない場合は、友人に聞けばきっと教えてくれるはずです。

「自分がやりたいことかどうか」は、全力で3ヶ月やればわかる

──「自分が何をやりたいのかを知る」ということがファーストステップですね。一方、決断したあとは、「(本当にやりたいことかどうかまだわかっていない)目の前のことに全力を尽くす」とことも大事ですよね。そのバランスのとり方、どのように判断をして、次のステップに進めばいいでしょうか。