新1万円札の肖像となることが決定した、日本の起業家の先駆け・渋沢栄一の思考を、彼の玄孫(やしゃご)でありコモンズ投信会長の渋澤健さんにインタビューしている。

約500もの会社設立に携わった渋沢栄一は怒りを抱いていたといい、コモンズ投信を創業した渋澤健氏自身も創業時には日本社会への怒りがあったそうだ。起業家を駆り立てる怒りの正体とは?(取材・山本信幸/写真・森口新太郎)

渋澤健さん
1983年テキサス大学卒業、日本国際交流センター入社後、1987年UCLA大学MBA経営大学院卒業。ファースト・ボストン証券で外国債券を担当。JPモルガン銀行、JPモルガン証券、ゴールドマン・サックス証券を経て、1996年ムーア・キャピタル・マネジメント入社。2001年シブサワ・アンド・カンパニー、2007年に現在のコモンズ投信を創業。社会貢献活動にも積極的に関わっており、2016年にアフリカで起業する若手日本人を支援する「アフリカ起業支援コンソーシアム」を創設、事務局を務める。

渋沢栄一が追求した「私利」と「公益」

渋沢栄一の資本家思考#2
(写真=森口新太郎、ZUU online編集部)

――渋沢栄一は「公益」を追求したといわれています。私利私欲では動かなかったということでしょうか。