本記事は、伊藤亮太氏の著書『株取引の要点 買いのタイミングはココだ』(技術評論社)の中から一部を抜粋・編集しています。

クエスチョンマーク,疑問
(画像=YY apartment/stock.adobe.com)

チャートパターン通りに動かないときの対処法

POINT > 買うときは待ち、損切りは手早く行う

ダマシは頻繁に発生する

ここまで代表的なチャートパターンを解説しましたが、中には「ダマシ」と呼ばれる、売買のサインと反対の値動きをすることがあります。

たとえば、ネックラインをブレイクしてダブルボトムが完成するはずだったのに、株価が下落する、または思うように上がらないというケースです。

こうしたダマシは頻繁に発生します。

ダマシへの対処法は、大きく3つあります。

1つ目が、時間をおいて行動すること。チャートパターンが現れても一度静観し、ダマシであるか見極めます。実際にダマシだとしても、値動きが停滞してから上昇トレンドに入る可能性もあります。買いのタイミングが少し遅れることになりますが、トレンドが大きければ十分利益を狙えます。

2つ目が、早く損切りすること。「ネックラインより200円安い価格まで下がったら損切りしよう」「多少損をする覚悟で、底値まで待ってみよう」などと損切りするポイントを定め、そのルール通りに売買を実行することが大切です。1回の取引で上限・下限を決めておくと、損失額を最小限に抑えられるうえ、精神的にもよい取引が期待できます。

3つ目が、あらかじめダマシの可能性を想定すること。実際にダマシに合うと精神的なショックが大きく、判断を惑わせます。買いを入れる時点でダマシの可能性を想定しておくと、損切りの判断も早くなり、収益が目減りせずにすむ可能性が高まります。

株取引の要点 買いのタイミングはココだ
(画像=株取引の要点 買いのタイミングはココだ)
ブレイク
株価が高値を突き抜けて値上がりする、または安値を突き抜けて値下がりすること
利益確定
保有している株式などが値上がりし、利益が出ている状態で売却することで、確実に収益を上げること。「利食い」ともいう

【Column】
チャートパターンがいびつで買いを判断しづらいときの対処法

チャートパターンは、いつでも綺麗な形で現れるとは限りません。いびつな形で現れることもあるため、買いを判断しづらいこともあります。

その際、下記のポイント(1)(2)をもとに判断してください。

ポイント(1)は、ネックラインがしっかり形成されていることです。下図のOK例では、高値を結んだ綺麗なネックラインができており、多くの投資家は崩れにくいチャートパターンと判断できます。一方NG例では、高値がまばらでネックラインを引けません。売買の基準がわかりづらく、多くの投資家は売買を控えてしまいます。ポイント(2)は出来高です。通常、買いサイン(株価がネックラインを上抜けた前後)では出来高が増えます。

このように、チャートパターンの形に迷ったら、ネックラインが綺麗に引けるか、出来高が増えているかを確認し、ダマシなどを避けましょう。

株取引の要点 買いのタイミングはココだ
(画像=株取引の要点 買いのタイミングはココだ)
=株取引の要点 買いのタイミングはココだ
伊藤 亮太
1982年生まれ。岐阜県大垣市出身。2006年に慶應義塾大学大学院商学研究科経営学・会計学専攻を修了。在学中にCFPを取得する。その後、証券会社にて営業、経営企画、社長秘書、投資銀行業務に携わる。2007年11月に「スキラージャパン株式会社」を設立。2019年には金や株式などさまざまな資産運用を普及させる一般社団法人資産運用総合研究所を設立。現在、個人の資産設計を中心としたマネー・ライフプランの提案・策定・サポート等を行う傍ら、資産運用に関連するセミナー講師や講演を多数行う。著書に『図解 金融入門 基本と常識』(西東社)、監修に『ゼロからはじめる! お金のしくみ見るだけノート』(宝島社)など。

※画像をクリックするとAmazonに飛びます
『株取引の要点 買いのタイミングはココだ』
  1. ガーン! 買った翌日に値下がり……でも心配しないベテラン投資家の考え方
  2. 株価下落は買いサイン? 買いのタイミングはココだ!
  3. 乱れた株チャートを見極める! 判断しづらいときの対処法とは
  4. 株を買う人はこれだけを知っておこう! 決算資料の基礎知識
  5. 株を買うなら夏がお得? 投資経験者は知っている「アノマリー」とは
ZUU online library
(※画像をクリックするとZUU online libraryに飛びます)