本記事は、川上徹也氏の著書『面倒なお願いでも、気持ちよく相手に届く伝え方は? 人を動かす伝え方50の法則』(アスコム)の中から一部を抜粋・編集しています。

コミュニケーション,会話
(画像=pathdoc/stock.adobe.com)

【覚えておいてほしいことを伝えるとき】
あえて「忘れて」と言う

「忘れてほしくない」ことは、「忘れないで」と言いたくなります。

しかし、逆の伝え方をしたほうが効果があることを、ダエメン大学の心理学者リチャード・カンバロらが行った記憶に関する実験が証明しました。

カンバロらは大学生に60語の単語を記憶させ、半数の学生には「絶対忘れてはいけない」とプレッシャーを与えました。一方、残りの半数の学生には「忘れてくれていい」と気楽な態度で臨むよう声がけをしました。

さて、どちらのグループの学生がいい成績だったでしょうか?

結果は意外なことに、「忘れていい」と声をかけられた学生たちのほうが、4%以上成績がよかったことがわかりました。つまり、本当に覚えておいてほしいことは、「忘れてもいいよ」と言ったほうが記憶にとどめてもらえる可能性があるのです。

もう1つ別の研究もご紹介しましょう。

ブラウン大学のエドワーズ博士らは、架空の「強盗殺人の裁判記録」を作成し、それを大学生に読ませ「もしあなたが裁判官ならどんな判決を下くだすか?」と問いかける実験を行いました。

その文章は犯行の残虐性にも触れていて、感情的にならざるを得ない内容でした。博士らはこれを、約半数の学生には何も伝えずそのまま読ませ、残りの学生には「文章の感情的な部分は無視してください」と伝えました。

するとやはりこちらも不思議な結果が出ました。無視するよう念を押された後者のグループのほうが、何も言われなかったグループより大幅に厳しい判決を下したのです。つまり、「感情的な部分は無視してください」と言われたことで、むしろ「感情的な部分に引きずられた」わけです。

これらの2つの研究からわかるのは、人は「忘れてください」「無視してもらっていいです」「これはどうでもいい余談です」などの言葉を枕詞にしたほうが、記憶に残ったり、その言葉に影響されやすいということです。

これは「忘ぼう却きゃく逆説効果」と言われるものです。人間の心理って不思議ですね。

そういえば学生時代、授業の内容よりも、先生が話す余談のほうが記憶に残っていたりしませんか? 人間ってそういうところ、ありますよね。

本当に覚えておいてほしいことは、話したあとに「この話は忘れて」と念を押してみるのはいかがでしょうか。

まとめ

「忘れていいよ」と言われるほど、人は忘れられなくなる

面倒なお願いでも、気持ちよく相手に届く伝え方は? 人を動かす伝え方50の法則
川上徹也
湘南ストーリーブランディング研究所 代表/コピーライター
大学時代、霊長類学や社会心理学の研究に没頭。世界中の論文との出会いを求めて図書館に通いつめ、狭いアパートの部屋を学術論文のコピーでいっぱいにして暮らす。
「人の心を動かす」仕事に興味を持って、広告代理店に入社。大阪支社で暗黒の営業局時代を経て、29歳で転局しCMプランナーに。しかしそこでも芽が出ず、会社を辞め何のあてもなく上京。フリーランスという名のフリーターをしながら通った広告学校の講師から、コピーライターとしての才能を見いだされ、TCC新人賞を受賞。その後、フジサンケイグループ広告大賞制作者賞、広告電通賞、ACC賞などを多数受賞する。
現在は、ブランドの魅力を物語にして伝える「ストーリーブランディング」という手法を確立し、企業や団体のマーケティング・アドバイザーとして活動。ジャンルの垣根を超えて、様々なものの魅力を伝え続けている。
『物を売るバカ』『1行バカ売れ』 (角川新書)、『ザ・殺し文句』(新潮新書)など著書多数。海外へも広く翻訳されている。

※画像をクリックするとAmazonに飛びます
『面倒なお願いでも、気持ちよく相手に届く伝え方は? 人を動かす伝え方50の法則』
  1. 本当に覚えておいてほしいことは「忘れてください」と言うといい理由
  2. 予算獲得を成功させたいなら、付け加えるべき「たった一言」
  3. 業界5位のシュリッツビールを、わずか数ヶ月でトップした「視点の変え方」
  4. 「数字は嘘をつかない。しかし嘘つきは数字を使う」驚くべき数字の効果
ZUU online library
(※画像をクリックするとZUU online libraryに飛びます)